【 ウィリアム・シェークスピア:William Shakespeare 】 冷徹な人物から生み出される卓越した人間観察眼に関する名言の引用

[`buzzurl` not found]
Pocket

ウィリアム・シェークスピア:William Shakespeare

 

スポンサーリンク

【 ウィリアム・シェイクスピア 

卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。 出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。

● 行動は雄弁である。

● 王様であろうが、農民であろうが、平和な家庭を持つものが一番幸せである。

● ”いま望んでいるものを手にして、何の得があろうか。それは夢、瞬間の出来事、泡のように消えてしまう束の間の喜びでしかない。一週間嘆くとわかっていて、一分間の快楽を買う人がいようか。あるいはおもちゃと引き換えに、永遠の喜びを売る人はいようか。甘さを求めて、ブドウ一粒のために、ブドウの樹を倒してしまう人は、はたしているだろうか?”

● 世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方ひとつだ。

● あとに残るのは、静けさのみ。

● どんなに長い夜でも、やがては明ける。

● 空の容器が一番大きな音を立てる(中身が空っぽの人間ほどよくしゃべる)

● 金は借りてもならず、貸してもならない。 貸せば金を失うし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなる。 ● 誰の言葉にも耳をかたむけろ。誰のためにも口を開くな。

● ああ、人間という奴のつかの間の好意を、神の御恵み以上に追い求める浅はかさよ!人の気まぐれな顔色に希望の礎を見出そうとする者は、マストの上の酔っ払った船乗り同然、揺れ方次第でいつ奈落の水底に転げ落ちるかわかったものではない。

● 愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。

● 逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。

● 臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。

● 嫉妬というやつに御用心なさい!それは人の心を弄び、ばりばりと貪り食う、緑色の眼をした化け物です。

● 「今が最悪の状態」と言える間は、 まだ最悪の状態ではない。

● 神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。

● 虚飾を剥ぎ取られた人間は、お前の様に哀れな、裸の、二本足の獣と変わらぬ。

● 楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。

● 愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿になりなさい。

● 貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。

● 偉人になることを恐れてはいけない。生まれたときから偉大な人もいれば、偉大さを勝ち取った人、また偉大な人間になることを強いられた人もいるのだ。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい