【 ネットバイラルの原理 】 プラシーボ効果と 低価格の誘惑、逆手に取った誤表示 PR 手法について

[`buzzurl` not found]
Pocket

245788451030

 

医薬品を売る際の 6 つの広告条件

薬の広告には特殊技術を要する。
この特殊技術を手掛ける人にお勧めしたい原則を簡単かつ独断的に挙げてみたい。

  1. 優れた広告は、競合品との「 決定的な差 」を提示している。
  2. 優れた広告は、新製品・診療法・症状のネーミングなどのニュース性がある。
  3. 優れた広告は、患者は自分の不快な症状が現に存在していることを認める真実味を加味する必要がある。
  4. 優れた広告は、権威を漂わせ売手と買手の関係ではなく、コピーには医者と患者の関係が内在している。
  5. 医薬品広告は、製品の価値を褒め称えるものであってはならならい。その病気について説明するものでなくてはならず、患者に、自分の症状について何かを学んだという気にさせなければならない。
  6. 信じやすさにつけ込んではならない。苦しみに耐えている人は、これによって助かると信じたいのだ。信じようとする力は、薬の有効成分の一部 ( プラシーボ効果 ) なのだ。

いちばん特徴的な要素は、プラシーボ効果を働かせるために、効くと信じさせるところに広告が設計されているのが大きな要素です。「これを買えば症状が治る」のが、顧客が購入する目的であり、所謂解決型商品にも応用ができます。

価格におけるプラシーボ効果は、低価格への誘惑に駆られます。高くすることが出来ない商品がほとんどであり、ブランドの品位が落ちないように売るにはどうするかと考えていくとその売り手側の腕が試されます。

スポンサーリンク

低価格に合わせて品質を差し引いてしまう衝動

人は、値引きされたものを見ると、直観的に定価のものより品質が劣っていると判断する。

マーケティング担当者のジレンマとして、品質は悪くないが、正規価格よりも低価格で捌きたい場合、この解決案は最近、”訳あり商品”として理由づけを作り、品質の低下イメージを落とさず販売面に生かされている。プラシーボは良い意味では、マーケティングの一部や患者の治療に一役買っているが、その利用する側の倫理観が問われる。

暗示や一度ついたイメージは、なかなか払拭するのは大変難しいことを示している。
そして私たちは、それを使おうとする人々を注意深く見ていく必要がある。

関連記事 価格の力:なぜ一セントのアスピリンにできないことが五〇セントのアスピリンならできるのか

誤表示という罠がバイラルに繋がる場合もある

ネットでのバイラルを考える場合、マスメディアの広告と混同してはいけない。
いくら企業の美しいサイトでも、ほとんどの場合見にいかない。

私もサイトをいくつか持っているが、いつも楽しく拝見していますと言いながらも、内容をまったく把握していない御仁も散見されたり、とにかくネットユーザーという括りで見ると、自己中心的で欲望に忠実であり、自分本位であるので、過酷な要求を突き付けられる仕事から帰ってきて家でくつろぎながら、美しいサイトを創りましたので ” 我が社のブランド ( 商品 ) を理解してください ” と言っても理解はされないだろう。

私も、ECサイトを運営する企業にいたが、1 円でも安くすることが売る為の秘訣であり、真理であって販売テクニックや手法や技術はその後になる。まず価格で面を押し、次にトクする情報を並べ、最後に心理的にコンプレックスを煽る手順が、勤務していた企業では使われていた。

” ワケあり○○が100円 ” ” 数量限定!! 今すぐ購入すれば○割引○円のタイムセール” など ブランディングなどの 情緒に訴える 方法 は、ネット通販では通用しないのだ。

関連記事 【商いの心理学】 Eコマースでの影響力の効果と威力 おさえておきべき 8 つの概念

【以下引用】 ガジェット通信

イトーヨーカドー価格誤表記で祭り! 2352円を98円で販売!
http://getnews.jp/archives/34319

matsuri1イトーヨーカドーのショップサイトでセット商品の価格を単品価格で表記してしまい、誤表記を発見した 『2ちゃんねる』 ユーザーたちから注文が殺到するという騒動が発生した。 『2ちゃんねる』 では 『イトーヨーカドー祭り』 や 『イトーヨーカドー誤表記祭り、商品配送ww』 というスレッド (掲示板) が作られ、アレもコレもと大量注文されるという事態に発展していったのだ。

たとえば、さばのみそ煮缶詰(190グラム)24缶入りのセットは、98円で販売されていた。本来ならば、2352円ほどで売られているものである。

イトーヨーカドーは太っ腹だった。なんと、誤表記の価格のまま販売して配送したのである! つまり、今回はイトーヨーカドー側のミスということで、単品価格でセット商品を販売したわけである。なんともオトナな対応だろうか。

【以下引用】 ロケットニュース

Amazonでポカリスエット30本セットが103円! インターネット上でお祭り騒ぎ
http://bit.ly/18hlbn3

2523425342534-41611インターネットショッピングサイト 『Amazon.co.jp』 で、清涼飲料水のポカリスエット 30本セットが103円 で販売されており、インターネット上で 「 とりあえず20ケースだけポチッた 」 や 「 とりあえず知り合いに配るわw 」、「 100個注文した 」とお祭り騒ぎになっている。

この商品はポカリスエットの 245ミリリットル缶が 30本(つまり1箱)セットになって販売されているもので、通常価格が3,205円ということを考えると、97%オフの価格で販売されている事になる。また、他のサイズのポカリスエットも考えられない低価格で販売されている。

これらは ” トクする情報 “ だからこそクリックし、皆で広げているのだ。これがネットでのバイラルの原理である。

バイラルの概要: イトーヨーカドー”祭り” 6 つのステップ

  1.  とにかくありえないほど安いので後のことは考えず、注文した達成感を皆で共有したい。
  2.  自分はトクした為、他人にも広げ “祭り” を皆で楽しみたかった。
  3.  イトーヨーカドーが同じ凡ミスを犯したことがあまりにも、可笑しく、皆がその失敗を笑いたかった。
  4.  とんでもない注文をする人物の行為が面白いため、皆がその人物にツッコミを入れたくなった。
  5.  すさまじい量の食料品の写真のインパクトが強烈だった。
  6.  イトーヨーカドーの困った様子を皆が笑いたかった。

これらを総合すると、バイラルが起こった理由は、” トクするから “” 面白かった “ からである。

いかにネットユーザーが自分本位であるか分かるだろう。人は企業のためでなく、自分のためにネットを見てはクリックし、書き込みをするのである。 ここを絶対に見誤ってはならない。

ネット文脈でウケる要素 11 の事項

  1.  話題にしたい部分があるもの、ツッコミどころがあるもの
  2.  身近であるもの、B級感があるもの
  3.  非常に意見が鋭いもの
  4.  TVで一度紹介されているもの、TVで人気があるもの、ヤフートピックスが選ぶもの
  5.  モラルを問うもの
  6.  芸能人関係のもの
  7.  エロ
  8.  美人
  9.  時事性があるもの
  10.  他人の不幸
  11.  自分の人生と関係した政策・法改正など

これらの要素が一つでも入っていない限り、ネットでは読まれないし、拡散もされないという。

まとめ

低価格の誘惑と誤表示への取り組み、製薬会社などが仕掛ける プラシーボ効果 による誇大ぎみの広告は、一度使ってしまうと常習性が高くなりやすい手法だ。

低価格は言うまでも無く、ワケありや1円価格のフロント商材で釣り、エンドで売る動きに惑わされたり、誤表示に限っては、PR費用と割り切りそれを逆手に取る動きもあり予断がない。

製薬会社の手法は昔から変わらず、上記で伝える煽る手法を駆使しており、何がホントにいいのか分からなくってきている。企業が仕掛ける様々な手法は、まさに用量・用法を守り、正しくお使いくださいと言いたくなります。

スポンサーリンク

【参考お役立ち書籍】 簡潔に書かれており 隙間時間 にパパッと読めました。

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい