【 Toshio Doko:土光敏夫 】 弊衣粗食の日常生活を貫き経営を立て直した生粋の経営者の名言

[`buzzurl` not found]
Pocket

Toshio Doko:土光敏夫

 

スポンサーリンク

土光敏夫

土光 敏夫は昭和時代の日本のエンジニア、実業家。第4代経済団体連合会会長。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。

古巣再建の早朝出勤

昭和25年、54歳の土光に大変な仕事が回ってきた。経営難に苦しむかつての古巣の再建である。石川島造船から石川島重工に改名したものの、敗戦後の経済難から風前のともしびと化していたのだ。

どのようにして会社を立て直すか……土光は悩んだ。社長に決まって初めての出勤日、痛烈な先制パンチを食らわせた。早起きして午前8時前に会社に出社した。工場の門には守衛が立っているが、まさか社長が早く出社してくるとは思っていない。 就任したばかりなので社長の顔を知らない守衛は、「あなたはだれですか」と質問した。すると、偉ぶった様子もなく、「今度、社長になりました土光と申す者でございます」と言ってきたので、守衛は目を丸くさせて驚いた。そのエピソードを知った役員は、己の姿勢を反省し、社長に負けじと早朝に出勤し、何倍も仕事をするようになった。

上司の精勤に心打たれた社員たちも、呼応するように一生懸命働き、社内の雰囲気は一変した。次に、社内報を作り、自ら書いた会社再建の具体的構想の原稿を掲載した。 新年の初出勤の日、例によって会社に一番乗りをした土光は、社員1人1人に社内報を配りだしたのだ。年頭から先陣を切って動きだす社長の姿勢に、社員は皆びっくりした。そして全員が社長の年頭の挨拶を熟読し、期待にこたえようと一致団結して働いた。

傾きかけた石川島重工は上げ潮の波に乗り、一気に世界レベルの企業に躍り出たのである。

清貧を貫いた経営者

● 人が人に向かってとる態度には、四つの類型がある。 (1)自分にも甘いし、相手にも甘い。 (2)自分には甘いが、相手には厳しい。 (3)自分には厳しいが、相手には甘い。 (4)自分にも厳しいし、相手にも厳しい。 ある心理学者によれば、職場における上司の自己評価は3、4に集中し、部下に上司を評価させると1、2に集中する。ここで言いたいのは、人に向かって厳しさに欠けることがあるのは、自分自身に厳しくなかった証拠だ。管理者が部下をよく管理するためには、まず自らを管理することが必要なのである。

● 相互信頼を本物にするため、まず自分が他から信頼される人になる。信頼される人になるためには、どのような行動基準が求められるのか。この五カ条はわかりきったことかもしれない。しかしわかりきったことが、なかなか行えないのである。 一、相手の立場になって物を考える 一、約束をきちんと守る 一、言うことと行うことを一致させる 一、結果をこまめに連絡する 一、相手のミスを積極的にカバーする

● 常に将来へのビジョンを描いておけ。それが人々に希望を植え付ける。

● 会社に来て自分の仕事をすることが、極上の道楽である。

● どんな人にも必ず一つぐらいは長所がある。上に立つものは、その長所を活用するのだ。長所をどんどん伸ばしていくと、短所はだんだん影をひそめてゆくものだ。このことを忘れてはならない。複数の人による共同作業のとき、もっとも重要なチームワークといわれるものも、各人の長所をうまく組み合わせることに他ならない。一人一人の長所が異質であればあるほど、チームワークの相乗効果は大きい。

● 人は自分の足で歩ける人と他人の助けを借りないと歩けない人という二つのタイプに分かれる。これは人生へ立ち向かう態度の問題だ。人生へ厳しく向かったか、甘えがなかったかによって差が現れる。

● やりがい、働きがいは、やってみてはじめて出てくる。やりもしない、働きもしないで、どうしてそのような喜びが得られるだろうか。生きがいにしてもそうだ。精一杯生きる努力をして、はじめて生きる喜びを知るのだ。

● 今日という日に全力を傾ける。今日一日を有意義に過ごす。これが私の座右の銘である。

● 諸君にはこれから3倍働いてもらう。役員は10倍働け。俺はそれ以上に働く。

● 自分のものさしで自分をはかる。他人に頼らず甘えないための試金石だ。

● 行動となって現れないような思考は無用であり、時に有害でさえある。思考と行動は相互作用を積み重ねながら成熟していくもので、その中から生きたアイデアが生まれてくる。行動は思考の芽を育て伸ばす触媒なのだ。

● 計画は高い目標を掲げ、何が何でもやり抜く強烈な意志の力によって真の人間形成が行われる。艱難汝を玉にす。そして艱難を自らに課し続ける人間のみが、不断の人間的成長を遂げる。

● どんな人にも長所と短所が必ずある。ところがサラリーマンの会話を聞いていると、短所をあげつらう減点主義が横行している。これでは人の心を腐食するばかりで職場の活力も失われてしまう。

● 能力とは自力の高さと幅だと言える。自信を一つ一つ積み上げることが能力を獲得する過程である。だからそれぞれの型の中で執念を持ってそれを押し詰めることが肝心なのだ。

● いつの時代を見ても「今の若い者は、実によくやっている」なんて年寄りがいってきた時代はないはずなんだ。昔から「今の若い者はどうしようもない。世の中は悪くなる一方だ」と、年寄りはぼやいてきたんだ。だからといって、ぼやいてばかりもいられない。年寄りはどんどん荷かけ役をやって、若い人たちに荷物を背負わさねばならない。おしなべて考えれば、世の中は悪くなった面も少しはあるかもしれないが、良くなったほうが多いに決まっている。世の中そういうものだ。

● 僕は毎日が行きづまりだ。毎日少しづつでも前に進んでいれば必ず行き詰まる。行き詰まらない人は座ってじっとしているのである。

● 私が最も重視するのは「早期・重課・鍛錬主義(早いうちに、重い課題を与え、鍛え上げる)」である。どんな人でも若いうちから、能力を上回る程度の仕事を与え、厳しく鍛える。そのような困難に立ち向かい、努力を重ね、苦労を積まねば人は育たぬ。実力と人間は形成されぬ。教育はキレイごとではダメなのである。

● 分かっていてもやらないのは、実は真にわかっていないからだ。やっていても成果が出ないのは、実は正しくやっていないからだ。真の知は行に一致するし、正しい行は果に一致するはずだ。

● 少数精鋭という言葉がある。この言葉には二つの意味がある。一つは「精鋭を少数使う」ということである。そしてもう一つは「少数にすれば皆が精鋭になりうる」ということである。私は後者の意味を重視したい。前者だとすでに出来上がった精鋭を自分の手元に集めるということで、虫がよすぎるというものだ。後者では今自分の手元にいる玉石混交(ぎょくせきこんこう)の人々を、玉にはますます磨きをかけ、石にはトレーニングによって玉に変えていこうということで全員の能力を底上げすることを意図している。

● 一日一日にけじめをつけていこう。今日のことは、今日やってしまおう。これは、忙しいとか暇があるとかの時間の問題ではない。志の問題である。明日にしようという弱い心に鞭を打とう。

● 成功は次の成功への呼び水とせよ。失敗は次の成功への足がかりとせよ。この二つの相反する格言は、アフターケアの大切さを指摘している点で、共通の真理なのである。

● 問題を見つけ問題をつくりだせ。問題がなくなったとき組織は死滅する。

スポンサーリンク

土光敏夫/財政再建

 

弊衣粗食の日常生活

華やかな経歴とは裏腹に土光の私生活は「清貧」そのものであった。5000万円近い年収のうち、1ヵ月の生活費に使われるのは10万円程度でしかない。収入の大半は人材養成のためになげうった。朝食は自家製ヨーグルトと庭で自ら栽培した野菜、昼はソバかカレーライス、夜はイワシの丸干しに味噌汁。宴会にも出席せず、7時には帰宅し、家の中でも仕事、勉強にいそしんだ。

1日の平均睡眠時間は4時間から5時間で、毎朝4時か5時に起床して、朝早くから夜遅くまで無駄な時間を過ごす時がなかった。「怒号」、「カミナリおやじ」とあだ名されるほど厳しい人間だったが、単なる精神論一本槍ではなく、その裏には徹底した熟慮があった。どうすれば会社をよくすることができるか、頭がしびれるほど考え、構想を練った。いざ動くとなったら、猛きこと火のごとし、だれの追随も許さぬ強い信念で難局を打開していった。

だからこそ、厳格な土光に多くの人が従っていったのだ。

【関連リンク】

土光敏夫の名言 格言
古今名言散
土光敏夫語録集(経営編)全8件
土光敏夫 成功へのヒント
土光敏夫の名言 土光敏夫名言BOT

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい