【 Toshio Doko: 土光敏夫 】 質素倹約を旨とし現場で働く従業員と同じ生活水準で世界レベルの企業を創り上げた経営者の名言

[`buzzurl` not found]
Pocket

Toshio Doko

 

スポンサーリンク

土光敏夫

土光 敏夫は昭和時代の日本のエンジニア、実業家。第4代経済団体連合会会長。位階勲等は従二位勲一等(勲一等旭日桐花大綬章・勲一等旭日大綬章・勲一等瑞宝章)。岡山県名誉県民。次男の土光哲夫は東芝タンガロイの元役員。

古巣再建の早朝出勤

昭和25年、54歳の土光に大変な仕事が回ってきた。経営難に苦しむかつての古巣の再建である。石川島造船から石川島重工に改名したものの、敗戦後の経済難から風前のともしびと化していたのだ。

どのようにして会社を立て直すか……土光は悩んだ。社長に決まって初めての出勤日、痛烈な先制パンチを食らわせた。早起きして午前8時前に会社に出社した。

工場の門には守衛が立っているが、まさか社長が早く出社してくるとは思っていない。 就任したばかりなので社長の顔を知らない守衛は、「あなたはだれですか」と質問した。

すると、偉ぶった様子もなく、「今度、社長になりました土光と申す者でございます」と言ってきたので、守衛は目を丸くさせて驚いた。そのエピソードを知った役員は、己の姿勢を反省し、社長に負けじと早朝に出勤し、何倍も仕事をするようになった。

上司の精勤に心打たれた社員たちも、呼応するように一生懸命働き、社内の雰囲気は一変した。次に、社内報を作り、自ら書いた会社再建の具体的構想の原稿を掲載した。新年の初出勤の日、例によって会社に一番乗りをした土光は、社員1人1人に社内報を配りだしたのだ。

年頭から先陣を切って動きだす社長の姿勢に、社員は皆びっくりした。そして全員が社長の年頭の挨拶を熟読し、期待にこたえようと一致団結して働いた。

傾きかけた石川島重工は上げ潮の波に乗り、一気に世界レベルの企業に躍り出たのである。

清貧を貫いた経営者

● 60点主義で即決せよ。決断はタイムリーになせ。決めるべきときに決めぬのは”度”しがたい失敗だ

● 完璧を追っている間に時機を失する。時機を失すれば、たとえ100点案でも50点の結果になってしまう。仮に60点案でも時機を失せず自信をもって行動すれば、80点の結果を生みだすかもしれない。「運」というものは、そんなときに向いてくるものである。

● 自分は聞いていない。誰かがやってくれるだろう。組織のエネルギーを燃焼させるために、まずこの二つの言葉を追放しよう。

● 仕事に困難や失敗はつきものだ。そのようなときに、困難に敢然と挑戦し、失敗に屈せず、再起させるものが執念である。できないのは能力の限界だからではない。執念が欠如しているのだ 。

● 上司がその椅子にしがみついていたら部下は育たない。自分はいつでも転出できるように後継者を育てよ。

● 物事を成就させる力は何か、その力の中にはむろん能力があろう。だが能力は必要な条件であっても十分な条件ではない。十分な条件とは、その能力に、起動力、粘着力、浸透力、持続力などを与える力である。そのような諸力を私は執念と呼びたい。

● 根性が差をつける。根性とは仕事への欲の強度と持続力だと言える。人よりも強い欲、長続きする欲で、途中でへこたれず、最後の勝利を勝ち取ろうではないか。

● 「人はその長所のみとらば可なり。短所を知るを要せず」この荻生徂徠(おぎゅう・そらい)の言葉は誠に感銘深い。完全な人は存在しない。どんな人にも長所短所が必ずある。そこに人生の妙味があるはずである。ところが、人が人を見る場合、とかく長所は見たがらず、短所を見たがる。飲み屋でのサラリーマンの会話を聞いていると、そのことがよくわかる。職場でも短所をあげつらう減点主義が横行している。こんなマイナス評価は、人の心を腐食するばかりだ。短所を知るを要せず。

● 賃金は不満を減らすことはできても満足をふやすことはできない。満足をふやすことのできるのは仕事そのものだといわねばならぬ。どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。

● 組織は目に見えない幻であって、実体として存在するのは人だけである。人は組織より先にいるのである。良い組織とは人々の働きがチームワークになっていることだ。それがうまくいくかどうかは、各人の心構えや行動に左右される。

● 私は思考の大切さを否定するものではない。しかし行動となって現れないような思考は、ビジネスにとって無用であり、ときには有害でさえあると思う。行動を伴わない思考は、腐敗を生むからである。思考と行動は、むしろ両方が相互作用を積み重ねながら成熟してゆくとみるべきではないか。一つの思考を行動に移し、その行動を吟味しながら次の思考を生み出す。そんなスパイラルの中から行きたいアイデアが生まれてくる。

● いったい人が人を教育することは可能であろうか。上司が部下に能力を植え付けることはできるのか。もしイエスと答える人がいればそれは錯覚しているのだ。それはチャンスを与えてるに過ぎない。そのチャンスを活用するかどうかは本人の自主性を待つしかないのだ。

● 僕らは毎日がいき詰りだよ。いき詰らないほうが、かえっておかしいとさえ思う。毎日少しずつでも前に進んでいれば、必ずいき詰る。(中略)壁がないなんていうのは、問題意識がない証拠だよ。だから毎日壁にぶつかれとそういうんだ。

● 大きな事業でも小さな仕事でも、一つの失敗がそれだけで命取りになることがある。その失敗にくじけ、しっぽを巻いてしまうからだ。一回限りの失敗は、実はまだ失敗とは限らぬ。肝心なことは、ところんまで失敗の原因を見極め、同じ失敗を二度と繰り返さないことだ。そうすると失敗は成功の母となる。

● 人はいつも不足ぎみにしておけ。そうでなければ人は育たぬ。「人を不足気味にするのは、人材開発のための絶好の畑である。有能な人が、仕事の負担が大きく重いことに苦情を申し立てることはまずない。」

● 私はナポレオンのような人物は、あまり好まない。権力をもってロシアを征服したいとか、アルプスを越えてイタリアを征服したいといった野望を持つのは嫌いです。僕は覇権を好まないんだ。社長といえども、命令するなんてことはできないはずだ。ただ、社長としてはあらゆる計画を必ず実行する責任がある。業績の見通しと、配当を決めたからには、すべて社長の責任となる。決めたことに対しては、責任上私はシビアにならざるを得ない。

● 杉は密植されるから隣の杉たちと切磋琢磨しながら上へと伸びる。余分の枝葉はつけない。太りすぎないように年輪をきっちりと刻む。まっすぐに高くそびえる。天を目指す。この杉という字の代わりに、人間という字を入れて欲しい。

● 問題とは、けっして日々解決を迫られている目前の問題をさすのではない。真に我々が取り組むべき問題とは、現状にとらわれずに「あくあるべき姿」の中に見出す不足部分をさすのである。問題意識を持つことは、このギャップを意識することを言う。問題はかくあるべき姿を求めて、日々真剣に自己の任務を掘り下げ追求し続ける意欲のある人の目にのみ、その真の姿を現す。問題とは、発見され創造されるものなのだ。

● 必要以上の正確は、時間と経費のロスである。

● リスクの大きさと利益の大きさは比例するものだ。リスクが小さければ、誰もがその機会を追及するから、利益も小さい。逆にリスクが大きければ、得られる利益は大きい。利益とは、リスクに対する対価だと言わねばならぬ。

● ルールをルールとして重んずるためには生きたルール、守るに値するルールでなければならぬ。ルールが環境の変化によって正当性を失ってきたら、ためらうことなく改めなければならぬ。

スポンサーリンク

【土光敏夫/財政再建】

弊衣粗食の日常生活

華やかな経歴とは裏腹に土光の私生活は「清貧」そのものであった。5000万円近い年収のうち、1ヵ月の生活費に使われるのは10万円程度でしかない。収入の大半は人材養成のためになげうった。

朝食は自家製ヨーグルトと庭で自ら栽培した野菜、昼はソバかカレーライス、夜はイワシの丸干しに味噌汁。
宴会にも出席せず、7時には帰宅し、家の中でも仕事、勉強にいそしんだ。

1日の平均睡眠時間は4時間から5時間で、毎朝4時か5時に起床して、朝早くから夜遅くまで無駄な時間を過ごす時がなかった。「怒号」、「カミナリおやじ」とあだ名されるほど厳しい人間だったが、単なる精神論一本槍ではなく、その裏には徹底した熟慮があった。

どうすれば会社をよくすることができるか、頭がしびれるほど考え、構想を練った。いざ動くとなったら、猛きこと火のごとし、だれの追随も許さぬ強い信念で難局を打開していった。

だからこそ、厳格な土光に多くの人が従っていったのだ。

【関連リンク】

土光敏夫の名言 格言
古今名言散
土光敏夫語録集(経営編)全8件
土光敏夫 成功へのヒント
土光敏夫の名言 土光敏夫名言BOT

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい