【賢者の活用術:法則のトリセツ】 もう困らない仕事とビジネスで知っておくべき 10 の法則

[`buzzurl` not found]
Pocket

2548788585210

 

時間を効率的に使い仕事とビジネスに役立つ法則一覧

とくに面白かった、仕事の法則とビジネスの法則のポイントを取り上げてみたい。さらに詳しい内容を知りたい方は【知っているようで知らない 法則のトリセツ】を参照されたし。

スポンサーリンク

①  やる気に関する法則

  • やる気が次第に下がるには「ハネムーン効果」の為。業績の悪い組織は「ハロー効果」でますますやる気減退。
  • 仕事を先延ばしすると「エメットの法則」で処理に2倍の労力がかかる。
  •  「コミットメントと一貫性」「マニャーナの法則」で仕事をリスト化、余計なストレスを減らし、「ピークエンドの法則」で自分にご褒美を与えよう。

②  限られた時間を有効活用する法則

  • 「ホフスタッタ―の法則」通り、仕事は自分が思う以上に時間がかかる。
  • 「パレートの法則」に則り、勤務時間の20%で重要事項を処理せよ。
  • 「時間マトリックス」を利用して時間を分類、「時間のアセットアロケーション」により、長期的に自己啓発する。

③  集中力を高めてミスを防ぐ法則

  • 集中力アップには「初頭効果」「終末効果」「報酬効果」を活用しよう。
  • 「ヤーキーズ・ドットソンの法則」により適度な緊張感が集中を高める。
  • 「フロー状態」「ZONE」でピークパフォーマンスを実現せよ。

④  プランニングや目標設定の法則

  • 目標を文書化すれば心理的な「予言の自己成就の法則」が働く。
  • プランニングには「SMARTの法則」などのフレームワークを活用。
  • 「to do管理」は「アイビー・リー式」と「メリタ式の箱」で
  • 目標設定→プランニング→実行という流れを守る。

⑤  斬新なアイデアを生み出すための法則

  • アイデアが発生しやすいのは「移動中・お風呂場・寝る前」である。
  • アイデアをメモする際には「マンダラート」や「マインドマップ」を活用せよ。
  • 「アイデアは楽しんで生み出すもの」という自己暗示をかける。

⑥  判断に関する法則

  • 人間の判断は必ずしも合理的ではなく「判断のヒューリスティック」が働く。
  • 判断の不合理さを研究した「プロスペクト理論」が注目を浴びている。
  • 「ソマティック・マーカー仮説」によると、直観も軽んじるべきではない。

ビジネスの法則一覧

①  市場動向を読み取る法則

  • 市場独占の鍵は「ブルー・オーシャン戦略」にあり。過当競争は死を招く。
  • 弱者の経営戦略には「ランチェスターの法則」が有効。ニッチな市場で勝負する。
  • 顧客心理は「AIDMA」「AISAS」で掴め。
  • 新規事業は「サンクコストの過大視」に注意せよ。不採算事業は損切する。

②  顧客の信頼を勝ち取る法則

  • 信用させるテクニック「バーナム効果」「ジョハリの窓」には要注意。
  • 「NLP理論」のミラーリングとペーシングで、顧客との信頼関係を構築せよ。

③  売れる営業マンになるための法則

  • TPOによって服装を変える「ユニフォーム効果」でデキる営業マンになれ。
  • あいさつ回り、御用聞きは「熟知性の法則」から見ても効果的。
  • 「欲求5段階仮説」を応用して、顧客の満足度を上げる。

④  相手の無理難題を上手く処理する法則

  • 顧客のクレームには「フィードバック」「ミラーリング」で怒りを解く。
  • 「フットインザドア」「ドアインザフェイス」「ローボール」など悪質手口に注意せよ。
  • 「承諾誘導理論」の6つのカテゴリーで、騙されないように自己防衛する。

まとめ

この手の法則関連は、正しく理解し使い方を誤らなければ、効率的に目標を達成できるそうなので、私も勉強して至らないところを補強しようと思います。上記の参考書籍に関しては、6割程度持っているが、知らない法則もあり、残りの4割も取り寄せている最中である。あなたも仕事や専門知識などで、至らないところや補強しておくべき分野をもう一度復習をして、仕事に生かして頂きたい。

スポンサーリンク

参照画像 【David E. Kelley’s New Wonder Woman】
参照画像 【9 Reasons Not to Attend Law School】

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい