【Human relationship:人間関係】名言と引用【2】

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

スポンサーリンク

● 人に好かれたいのなら、自分の身体には絶えず気を配った方がいい。身体の調子が悪いと、自分では気づかないうちに、言葉が荒っぽくなってしまったり、険しい顔になってしまったり、相手の冗談をつまらないと感じてしまうものである。もっと明るく振舞わなきゃと思っても、身体が言うことを聞いてくれないからだ。内藤誼人

● 山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。アンデルセン

● 友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。岡本太郎

● 人に認められようと期待しなければ、自然と尊敬され、認められるようになるものよ。グロリア・スタイネム

● 問題を深く見ていると、それはどんどん小さくなっていきます。観察することにあなたのエネルギーを向ければ向けるほど、問題は小さくなります。そして突然消えてしまいます。そしてあなたは、大笑いするでしょう。バグワン・シュリ・ラジニーシ

● 他人の行動が不満でも、他人ではなく私が変わるべきだ。ジェリー・ミンチントン

● 自分自身が大したことがない人間なら、周囲にはろくでもない人ばかりが集まってくる。同じ性格の人が引き合うからだ。ダメな上司のところには、ダメな部下ばかり集まってくる。人当たりのいい経営者のところには、やはり人当たりのいい人材が集まる。人に恵まれないと嘆くのなら、まずは自分自身を変える努力をすればいい。あなたが魅力的になっていけば、どんどん魅力的な人が集まってくる。内藤誼人

● 貧困が戸口から家の中へ忍び込んでくると、すぐさま、偽りの友情は窓から飛び出していく。ミュラー

● 人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。ロバート・フロスト

● 人生の悲劇は、人は変わらないということである。アガサ・クリスティー

● 人間関係の冷たさや熱さから身を遠ざけることを学びました。アインシュタイン

● 他人に苛立ちを感じた時は、自分について知るいい機会。ユング

● 人の落ち度は、許すより忘れてしまえ。中村天風

● 人間関係というのは、私たちが考えている以上に、脆弱な基盤から成り立っている。強固に見える信頼関係だって、見せかけの強さで成り立っている。たとえ、相手が「俺とおまえは本当の友達だよね」などと言ってきても、それを鵜呑みにせず、せっせと相手に尽くそうとしたほうが、上手くいくことが多い。一度でも、信頼を失わないようにするために、あれこれと気を配る必要があるのだ。内藤誼人

● 人生は学校であり、厄介な人は教師である。マーク・I・ローゼン

● あらゆる人間関係に役だつ提案「いい聞き手になること」R・カールソン

● 議論に勝つの空しい勝利だ――相手の好意は絶対にかち得ない。フランクリン

● 自分のドジなところを披露すると、それだけ人として近寄りやすい雰囲気を出すことができる。自分をネタにしたユーモアには、気さくなイメージを出す働きがある。エリート臭い人や、気取った人、人を遠ざけてしまうようなタイプは、自分のバカさをおおっぴらにすれば、どんどん好かれるようになる。人は少しくらいドジなところがあった方が、人間らしさを感じさせて好かれる。内藤誼人

● 議論などは、よほど重大なときでないかぎりしてはならぬ。坂本竜馬

● 人と人との関係は、つき合っている人間が多ければ多いほど薄れていくもの。かりに百人の友達がいたって、百人の友達とつき合おうとすれば、毎日会っても百日かかることになってしまいます。友達がたくさんいるということは、当然ひとりひとりの人間と深いつき合いはできなくなってしまうのです。秋元康

● わたしはいつもわたしの敵の価値に注意を向けてきた。ゲーテ

● 人たらしになりたいなら、些細な点ほど敏感になることをお勧めする。つまらない冗談にもちゃんと笑ってあげるとか、名前を呼ばれたらすぐに返事をするとか、そういう些細なことに注意を怠らないようにしよう。それだけであなたの評判はぐっと良くなるはずだ。内藤誼人

● もし人の悪口を言うならば、自分に返ってくることを予期せよ。プラウタス

● あなたの才能ではなく、あなたの態度が、あなたの高度を決めるのだ。ジグ・ジグラー

● 誠意や真心から出たことばや行動は、それ自体が尊く、相手の心を打つものです。松下幸之助

● 物事をスッパリと白か黒かで分けてしまうような話し方は、よくない。断定的な口調、決めつけるような発言をすると、聞かされる相手は、ムッとすることが心理学のデータからわかっているからである。ほかにいくらかは考える余地があるようなあいまいさを残しておくのがポイントだ。断定的な話し方は鼻につく。内藤誼人

● セトモノとセトモノとぶつかりっこするとすぐこわれちゃう どっちかがやわらかければだいじょうぶ やわらかいこころを持ちましょう。相田みつを

● 百人のうち九十九人に誉めらるるは、善き者にあらず。武田信玄

● あまり他人の同情を求めると、軽蔑という景品がついてくる。バーナード・ショウ

● 劣悪になると、他人の不幸せを喜ぶこと以外に興味をもたなくなる。ゲーテ

● 私たちがどんどん近寄っていくべきなのは、最近良いことがあったばかりの、ムードがいい相手である。ただでさえ相手は気分がよくなっているので、話しかけてくるあなたのことも好意的に評価してくれるだろう。内藤誼人

● 丸い卵も切り様で四角、物も言い様で角が立つ。

● 去る者は追わず、来る者は拒まず。

● 恨みを抱くな。大したことでなければ、堂々と自分のほうから謝ろう。頑固を誇るのは小人の常である。にっこり握手して自分の過ちを認め、いっさいを水に流して出直そうと申し出てこそ、大人物である。デール・カーネギー

● 相手を説得するときの三つの忠告:諸橋轍次

1.絶対に私利私欲がないことを自分の心に問いただせ。
2.礼を尽くして話しているか、上司の気持ちを慮(おもんばか)っているか省みよ。
3.自分が話していることが正しいと思っていても、いったんは引け。

● 相手をインスパイアするための2つのステップ:魚谷雅彦

卒業間近になったとき、非常に印象的な言葉を教わりました。相手をインスパイアするために有効なコミュニケーションの方法、第一は、まず相手の言葉を聞くこと。第二は、自分自身が情熱的に生きていることだと。自分に情熱がなかったら、相手がインスパイアされることなんてあり得ないのだと教わりました。

● 誰もが正直者になったら、必ず誰かを傷つけることになる。心に思ったことを包み隠さず正直に話したら、家庭は崩壊するし、社会は成り立たなくなる。それほどまでにウソは必要なものだ。ついてもいいウソと悪いウソがあって、大人になれば誰もが自然と使い分けるようになる。押井守

● 会話上手になる8つのポイント:内藤誼人

  1. 相手を自分と比較するな。相手のことだけを考えろ。
  2. 相手の心を読もうとしすぎるな。
  3. 次の話題のリハーサルをするな。いま進行している会話に集中しろ。
  4. カッコいいアドバイスをしてやろうと思うな。
  5. 会話の最中には余計なことを考えるな。
  6. 自分が正しいと思うな。
  7. 疲れているときは人と会うな。
  8. 時間的に余裕がないなら人に会うな。

● 自分の弱みは隠すべきではない。むしろ、それを武器とすることを考えると良い。弱みをさらけ出すと、相手はあなたに親近感を覚えるばかりか、守ってあげたい対象と見なすようになる。強がっている人間は、あまりかわいくない。少しくらいおどおどしていて、扱いやすい人間であるかのように振舞うことは、賢い戦略なのである。内藤誼人

● 愛嬌のある人は、えてして人から悪意のないからかい、冷やかしなどを受けるものである。心を許してもらっている証拠だ。どうすればからかわれる存在になれるかというと「からかわれても感情的にならない」「神経質にならない」「からかわれたら、相手のこともからかう」「どこかドジなところがあることをアピールしておく」などの戦術が有効だろう。内藤誼人

● たとえつまらない話をしていても、大げさに、声を出して笑い転げていると、自然と相手も楽しくなってくるものである。他の人たちの笑い声を聞くと、つられて自分も笑ってしまう。他人を楽しませるためにはまず自分から積極的に笑うことである。そうすれば相手もつられて笑ってしまう。内藤誼人

● 身体の不調くらいなら、放っておいても自然治癒されることがあるが、人間関係が自然治癒されることは、ほとんどない。放っておけばおくほど、かえって溝は深まるばかりだ。人と喧嘩になったり、しっくりこないときには、自分から少し折れてみよう。ほんの少し歩み寄るだけでいい。内藤誼人

● 自分からはまったく話しかけないのに、人に好かれるということはありえない。黙って座っていれば、自然と相手が近寄ってくるということは、あまり期待できないのだ。そういう幸運な人が絶対にいないというわけではないが、かなりまれだ。内藤誼人

● 約束とパイの外皮は、簡単に破れるものだ。スウィフト

● ひとつの嘘をつく者は、自分がどんな重荷を背負い込んだのか滅多に気が付かない。つまり、ひとつの嘘をつき通すために別の嘘を20個考えなければならないということを。スウィフト

● あなたの友人への忠告は密かに行い、称賛は公に大々的に行え。プブリウス・シルス

● 否定しようとすることを、物静かに拒否することが親切だ。プブリウス・シルス

● 我々は、自分に興味を抱く人間に対して興味を抱く。プブリウス・シルス

● 自分の順境のときに他者を助けた者は、自分が逆境に陥ったとき他者に助けられる。プブリウス・シルス

● 誰も恐れない者は、誰からも怖がられている者に劣らず強い。シラー

● 人間は、金を貸すことを断ることによって友人を失わず、金を貸すことによってたやすく友人を失う。ショーペンハウエルの名言・格言|金を貸すと友人を失う

● 謙遜は平凡な能力を持つ人間の場合には、単なる誠実である。偉大な才能のある人間の場合には、偽善である。ショーペンハウエル

● 誰かが嘘をついていると疑うなら、彼らを信じたふりをするといい。すると彼らは大胆になり、もっとひどい嘘をついて正体を暴露する。ショーペンハウエル

● 友達関係は全部が全部ためになる必要はない。ただ、「とりあえず楽しい」というのと「本当に楽しい」というのは、何百キロも何千キロも離れているくらいに、意味が違うことなんです。富野由悠季

● 長電話をする必要があるなら、それは電話で済むような話ではないはずで、なんで「会う」というアクションを起こさないんだろう。会う必要がないようなことを電話でしゃべっているということは、ひどくあいまいな人間関係でしかないんじゃないだろうか、携帯電話で済む程度の人間関係をそんなに尊重する必要があるのかという気がするのです。富野由悠季

● 自分が行動するときは規則に従い、他人を評価するときは情状酌量しなさい。ジョセフ・ジューベル

● 欠点を見せない人間は、愚者か偽善者である。欠点の中には美点に結びついているもので、美点を告げ知らせるものであり、改めない方がよい欠点があるものである。ジョセフ・ジューベル

● 僕は基本的に何かを押し付けることはしないんだよね。僕は人間に与えられた才能というのは想像力だと思う。その想像力っていうのは、ひとつの世界を描き上げるイマジネーションであり、クリエーションであり、これは唯一、僕ら人間が持っていて他の動物が持っていない才能だと思う。自分が作り上げた物語やステージを通して、君はどう思う?君はどう感じる?と投げかけているけど、それをどう受け止めるかは、その人自身。GACKT

● 次の二つは知性にとって恥である。語るべき時に黙り、黙るべき時に語ってはいけない。サーディ

● 好意から出た偽りは、不和をかもしだす真実よりも良い。サーディ

● 人々が他者へ忠告を求めるのは、十中八九、お世辞を言ってもらいたいと期待しているためである。ジョン・チャートン・コリンズ

● すべての人々について良く言う人間を信頼するな。ジョン・チャートン・コリンズ

● 我々は好んで他人が完全であることを求めるが、自分自身の欠点を正そうとはしない。トマス・ア・ケンピス

● 私は人を愛するが、それは利己心からの自覚があって愛するのだ。つまり、人を愛することが気持ちよく、自分を幸福にするからだ。マックス・シュティルナー

● 友情の重要な仕事は、友人の夢を手助けしてやることにある。アルトゥル・シュニッツラー

● 相手を泣かせようと思うときは、まず自分から泣いてかからなければならない。だが笑わせようとするときは、自分は真面目ぶって構えていなければならない。ジャコモ・カサノヴァ

● 女性が同じ顔、同じ性質、同じ性格をしていたのなら、男は決して不貞を働かぬだけでなく、恋をすることもないだろう。ジャコモ・カサノヴァ

● 恋愛は激しいほど休憩を欲している。恋愛にも日曜日がなければならない。それがかろうじて永続させる方法であり、つまり忘却の逆用である。亀井勝一郎

● いくら丁寧な言葉を使っても、マニュアル通りの対応では慇懃無礼の印象を与えるだけだろう。お客様に不愉快な思いをさせれば、企業のイメージも傷つく。心のこもった温かみのある対応が不可欠である。町田勝彦

● ざっくばらんに語りかけ、あえて隙を見せ、緊張感を与えない対話の方法は抵抗勢力相手にも有効だ。行動を起こせば抵抗にあう。これは組織では当たり前だが、そのような抵抗勢力も味方につけるためには、コミュニケーションをとる以外に方法はない。本音をぶつけ合う以外に方法はない。町田勝彦

● 人への親切、世話は、慰みとしてしたい。義務としては、したくない。菊池寛

● 他人の考えを見抜きながら、自分の本心を人に知られずにいられることは、知性が優れている証拠です。マドレーヌ・ド・サブレ

● きちんと意見を相手に伝えるコミュニケーション能力というのは、企業でも個人でも非常に大事だと思います。社長になってから外国のお客さんに接することが多くなりました。私の英語は本当にひどいのですが、とにかくブロークンでもいいから自分で英語を話して一対一でコミュニケーションをとるように心がけています。宗雪雅幸

● お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。ゲーテ

● 愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。ゲーテ

● これがよい、これが悪いと、だれが定めることができるだろう。お互いに誰も賢くもあり愚かでもある。それは耳輪には端がないようなものだ。こういうわけで、相手がいきどおっていたら、むしろ自分に間違いがあるのではないかと恐れなさい。自分ではこれだと思っても、みんなの意見に従って行動しなさい。聖徳太子

● 心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、他の人が自分と異なったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。聖徳太子

● 愛される最も簡単な方法は、自分から愛することだ。顧客、スタッフ、取引先と恋に落ち、彼らに対する仕事、理解、尊敬、感謝を通して彼らの生活をより良いものにしようと心から願うことが必要だ。ジェイ・エイブラハム

● 21世紀のビジネス環境における成功のカギは、人と創造的に協働する能力を持つことだとわかった。どんな個人も、すべてを知ることはできないし、パズルのすべてのピースを持ち合わせることもできない。ジェイ・エイブラハム

● 誰の言葉にも耳をかたむけろ。誰のためにも口を開くな。シェイクスピア

● 頭の悪い人は、場の空気が読めない。相手の心を推測できない。だから、自分勝手な振る舞いばかりをやって煙たがられるのである。その点、どうすれば相手に喜んでもらえるのかということを、本気で考えているような頭のいい人間は、どんな人からも受け入れてもらえる。内藤誼人

● 間違って伝わった自分に対するイメージによって人々から愛されるよりも、自分の真実の姿によって憎悪された方が気持ちがいい。ジッド

● 人間が他人を理解する秘訣は一つしかない。彼らを判断する場合にせっかちにしないことだ。シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ

● 楽しみにも喜びにも、隠しておかなければならないものがある。それらは程度を超すと、他人を怒らせ、醜い行いと呼ばれ、復讐を受けることになる。シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ

● 沈黙は口論よりも雄弁である。トーマス・カーライル

● 私たちは、相手から恩を受けすぎたり、逆に損をするのは嫌なのであって、対等の関係の相手を最も好ましいと評価する。内藤誼人

● 争いの場合、怒りを感ずるやいなや、我々は真理のためではなく怒りのために争う。トーマス・カーライル

● 人は、人間を着ているものを通して洞察せねばならない。そして、その人が着ているものを無視することを学ばなければならない。トーマス・カーライル

● 大いに賢き者は、他人に自らを大いに愚かだと見せる。大カトー

スポンサーリンク