【Human relationship:人間関係】名言と引用【1】

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

スポンサーリンク

● 会って直に話すのが、悪感情を一掃する最上の方法である。リンカーン

● 私たちは笑える話を聞かせてくれる相手を好む。相手を笑わせるコツは、ホームランを狙わないことだ。大きなネタで、大きな笑いを狙うと、はずしたときのショックが大きい。小さな笑いを取れるだけで十分だ。小さい笑いを大切にするようにし、どんどん口に出してみるべきである。下手な鉄砲も数をこなすようにすると、そのうち一度や二度くらい笑ってもらえなくとも、それほど気にしなくなる。内藤誼人

● 諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。ラッセル

● もし、一方だけが悪いのだったら、喧嘩は長く続くまい。 ロシュフーコー

● 死ぬまで人に恨まれたい方は、人を辛辣に批評してさえいればいいでしょう。その批評が当たっていればいるほど、効果がてきめんです。デール・カーネギー

● 人からよく思われたいなら、話すときに自分のいいところを並べ立てないことだ。パスカル

● 他人にあなたの秘密を守らせようとするなら、まずあなた自身があなたの秘密を守れ。セネカ

● 他人に恩恵を施す者は、隠れて行いなさい。他人に恩恵を受けた者は、それを皆に知らせなさい。セネカ

● 怒りっぽい人と話し合いをするときには、絶対に何かを食べさせた方がいい。そうすれば相手は心理的に打ち解けたムードになってくれるからである。私たちは、お腹がすいていると、無性に怒りっぽくなる。お腹がいっぱいならそれなりに冷静になってくれるだろう。内藤誼人

● 誰も永遠に仮面を被り続けることはできない。偽装はやがて自分の天性へと帰る。セネカ

● 私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。だから、私も同じように人々のために献身しなければならないのだ。アインシュタイン

● 僕には友人と呼べる人はひとりもいない。けれど、仕事仲間ならたくさんいる。友人などほしいとも思わない。仕事仲間がいれば、それで十分だ。世間があまりに美しい虚構の友情を若者たちに押し付けるから、どうしても友人の少ない人間はどこか欠陥人間のような見方をされてしまう。そしてその傾向は、近年ますます強くなっているようだ。損得勘定で動く自分を責めてはいけない。無償の友情とか、そんな幻想に振り回されてはいけない。そうすれば、この世界はもう少し生きやすくなる。押井守

● 笑はれるのを恐れるよりは心にないことを云ふのを恐れなければいけない。武者小路実篤

● 人を批判すると・・・自分の人格がさがる。櫻木健古

● 「こんなことを言ってあげれば、きっと、この人は喜ぶだろうな」という洞察力を身につけることは、対人関係をスムーズにするための秘訣である。こういう洞察力は、知性に他ならない。知性のない人は、人たらしになろうとしても、うまくできない。内藤誼人

● 我々は、行いによって友人をつくるよりも、言葉によって敵をつくることの方が多い。チャートン・コリンズ

● 閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。セオドア・ルーズベルト

● 人の小言を言われたときに腹を立てるな。腹の立ったときには小言を言うな。新島襄

● 人に施したる利益を記憶するなかれ。人より受けたる恩恵は忘れるなかれ。バイロン

● 人をほめれば、その人と対等になれる。ゲーテ

● 私は基本的に性悪説の支持者である。人間の本性は善なのだ、と考える性善説は、なんら益をもたらさないばかりか、有害ですらある。性善説に立っていると、自分が善であるばかりに、相手からも同じような善意を求めたりしてロクなことがない。実際には、性悪説に立って物事を考えた方が、はるかに人間関係は上手くいく。内藤誼人

● 自己を責めることを知っているものは善人で、他人ばかりを責めるものが悪人だ。武者小路実篤

● 不当な非難は、しばしば偽装された賛辞である。デール・カーネギー

● 許すということは、強さの証だ。ガンジー

● 親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。プラトン

● 善行は悪行と同じように、人の憎悪を招くものである。ニッコロ・マキャベリ

● 私たちは、微笑む人を見ると、自分も楽しくなってくる。笑顔は感染効果があるのである。だからこそ、どんなときでも笑顔を絶やさないようにするのがポイントだ。人を気持ちよくさせたいなら、微笑んでいればいい。内藤誼人

● 誰の友にもなろうとする人間は、誰の友人でもない。ヴィルヘルム・ベッファー

● 多くの愚者を友とするより、一人の知者を友とするべきである。デモクリトス

● 自分の健康と幸福のために敵を赦し、忘れてしまおう。デール・カーネギー

● ロンドン・ビジネス・スクールで組織論を教えるC・ハンディ教授によると、人に好かれるコツ、信頼されるコツは「とにかくいろいろなサービスを、何度でも繰り返してあげること」であるという。「これだけのことをしてやったんだから、大丈夫だろう」と思ってはいけない。「これだけのことをしても、まだわからないぞ」と警戒するくらいでちょうどいいのだ。内藤誼人

● 許すはよし、忘れるはなおよし。ロバート・ブラウニング

● 他人をゆるすことは自分をゆるす第一歩。ジャンポルスキー

● 人と会うのが苦手な人の大半は、相手と打ち解けるのに時間がかかるものだが、それは出会いの一瞬に相手に対する親愛の情を示さないからだ。斎藤茂太

● 自分で幸福を感じている人は、それだけで満足し感謝するが、自分が幸福を感じないものは、他人に尊敬されたかったり、他人に報酬を求めたりする傾向になりやすい。武者小路実篤

● 寛大さほど強いものはなく、真の強さほど寛大なものはない。聖サレジオ

● 成功の最大の秘訣は、他人や状況に振り回されない人間になる。シュバイツァー

● 会話の量を増やし、メッセージ量を増やせば増やすほど、それに比例するようにして、あなたは相手に信頼されるようになる。どんなことでもいいから、どんどん会話をしよう。言葉を交わすというのは、心を通じ合わせることに繋がり、会話をすればするほど、相手の心を引きつけることができる。内藤誼人

● 私はキヤノンの課長時代、観察ノートというものをつけていました。「3月3日、今日は朝からA部長の機嫌が悪い重要な会議がある日は、どうもA部長は心に余裕がなくなるようだ」といったように、上司や同僚や部下の様子を観察して、気が付いたことをメモしていたのです。これを続けていると、人間への観察力が高まるとともに、周りを巻き込んで仕事をする際に、どういう接し方をすれば彼らがその気になってくれるか、接し方の急所がつかめます。酒巻久

● 悪口が、ただの嘘偽りなら、あなたを苦しめることはないはず。ジェームズ・アレン

● どういうことばを使うかは、あまり難しく考える必要はない。相手に恥をかかせたり、傷つけたりするようなことを言わなければいいのである。斎藤茂太

● 友人とは、あなたについてすべてのことを知っていて、それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。エルバード・ハーバード

● 世評に本当に無関心であることは、幸福の源泉でもある。ラッセル

● まったく理由がわからないのに、相手にいきなりふて腐れたような態度をとられることがある。そんな場合には、まずは「すみません」と自分の非礼をわびてしまうことである。何が非礼だったのかなどは、考えなくともよい。理由など考えなくともよい。その場では相手の怒りがおさまらなくとも、そのうち水に流してくれる。理由など考えずに、サッと謝れる人というのはとても魅力的である。内藤誼人

● 世の中に無神経ほど強いものはない。勝海舟

● われわれガールスカウトのルール。フェアであること。自分のためでなく自分のチームのために動くこと。そして大切なのはゲームを楽しむことで、結果ではないということ。ジュリエット・ロウ

● 人間としての欲求や希望はだれもが同じ。オプラ・ウィンフリー

● 外灯というのは人のためにつけるんだよなわたしはどれだけ外灯をつけられるだろうか。相田みつを

● 人間がもっているシンボルの中で、言葉ほどうまくできたものはありません。人とのつながりはその上に成り立っています。アイリス・マードック

● 人に奉仕するのは、この地球に住まわせてもらうための家賃。シャーリー・チザム

● 芝居の世界では「一に声、二に振り、三に姿」と言われている。一番大切なのは声だというのだ。身振りや外見も重要だが、それ以上に声が重視されているのである。いい声で話すのは、人を引き付けるポイントだと言えよう。いい声を出すときのヒントは、語尾をはっきりと言うことである。内藤誼人

● 会ってじかに話すのが悪感情を一掃する最上の方法である。リンカーン

● 「自分が他人にしてもらいたいことは、他人にしてやるなかれ。他の人の趣味が自分と同じでないかもしれない。」バーナード・ショー

● 嫉妬や中傷、嫌がらせなどはよくあること必要なのが鈍感力。渡辺淳一

● 犯しやすい間違いは嫌いな人の存在を認めないこと。秋元康

● 笑顔に関して重要なポイントがある。笑顔を作るように努力するだけでなく、なるべく大きな声で笑った方が、2倍も、3倍も効果があるのだ。顔だけで笑いをつくろうとすると、ときとして、冷たいような、作り笑いになってしまうことがある。きちんと声に出して笑うようにすると、あなたが喜んでいることが、相手にも一目瞭然となる。内藤誼人

● 中傷誹謗に対する最善の返答、それは黙々と自己の義務を守ること。ワシントン

● 幸福に暮らすことが最高の復讐である。スペインのことわざ

● 他の人の長所だけを見るのが私の信条である。マハトマ・ガンジー

● 人間関係は、サービス精神で成り立っている。腰を低くするのは金儲けの秘訣であるが、人間関係の秘訣でもあることを忘れないようにしたい。上の立場から何かをしてやろうと思い上がった考えをしているからこそ、どんどん部下の心が離れるのである。内藤誼人

● 心を明るく楽しくしようと思うならば、人びとの長所を思え。アウレリウス

● 相手の長所と向き合えることを自分の長所にしてごらん。斎藤茂太

● 人にはすべて能不能あり。一概に人を棄てあるいは笑うべからず。山岡鉄舟

● 軽率に朋友となるなかれ。すでに朋友たれば軽率に離るるなかれ。ソロン

● メリハリ、強弱をつけるというのも、会話のポイントである。日本語はどうしても平板な話し方になってしまうので、なるべくメリハリをつけて話すようにすると、相手にとても聞きやすい。内藤誼人

● ものの理を説くことは、人をつき飛ばすことに等しい。アラン

● 自己の向上を心がけている者は、喧嘩などする暇がないはずだ。おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、いよいよ喧嘩はできなくなる。リンカーン

● 友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。岡本太郎

● 簡単に悪と決めてかかるのは、傲慢と怠惰のせいである。ラ・ロシュフーコー

● 人を裁くことなかれ。しからば汝らも裁かれざらん。聖書より

● 相手をこんなふうに変えてやろうとか、相手に何か働きかけてやろうとするよりも、自分が変わってやろうという気持ちが、良好な人間関係の秘訣である。相手を変えてやろうとするより、自分が変わってあげた方が、はるかに労力もかからない。内藤誼人

● 人に認められようと期待しなければ、自然と尊敬され、認められるようになるものよ。グロリア・スタイネム

● 罪を憎んで人を憎まず。

● 友人はメロンに似ている。50個も試さなければ、いいのにめぐり合わない。クロード・メルメ

● 人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけ。ガリレオ

● 怒ると、その相手よりも自分を傷つけてしまうものよ。オプラ・ウィンフリー

● 人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ。司馬遼太郎

● 他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。ふりかけるとき自分にも数滴はかかる。ユダヤのことわざ

スポンサーリンク