【選択が導く人生戦略】 あなたにとっての「マイ・ゴール」と心”EQ”のあり方「神話と寓話」が教える重要性

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

【 目的/目標 】

目的とは、あることを成し遂げたいとして、それを目指すための目当てのことである。目標ともいうが、目的はもっぱら抽象的なのに対し、目標は抽象的なものでも具体的な物体でも、両方に使われる。目的とは個人的目的と社会の目的の二種類に分けられ、個人的目的は個人のエゴイズムで、等価交換を媒介にして経済生活や私法生活を生み出し、また、社会の目的は共同体を維持することであり、そのためには等価交換とともに強制が必要であり、これが国家およびを生み出すと考えた。

スポンサーリンク

完結版マイ・ゴール 成功の秘訣は“選択”そのものにあった!

【My Goal:成功の秘訣それは選択】 各内容まとめ

【MY GOAL 成功の秘訣】 あなたを成功へと導くマイ・ゴールとは
【成功するための自己認識】自分をよく知るための10のアイデア
【成功者の哲学】コンラッド・ヒルトン (Conrad Hilton) 成功の十カ条
【Dream・Aspire・Goal:夢・志・目標】名言と引用

EQ”心の知能指数”とリーダーシップ

【リーダーシップと意思決定】 各内容まとめ

【リーダーシップと意思決定】 戦略的意思決定を行うための「EQとリーダーシップ」のポイント
【Teamwork:チームワーク】名言と引用
【Leaders and managers:リーダーと管理職】名言と引用 (1)
【Leaders and managers:リーダーと管理職】名言と引用 (2)
【Leaders and managers:リーダーと管理職】名言と引用 (3)
【Leaders and managers:リーダーと管理職】名言と引用 (4)

【 心の知能指数 】

心の知能指数(EQ)は、心の知能 (EI) を測定する指標である。自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指す。比較的新しい概念のため、定義はいまだはっきりとしていない。研究者によっては EI をIQと同様の認識能力と考えており、ある研究者は判明した能力と個性の組み合わせと考えており、さらに別の研究者は計測可能な技能と考えている。このように様々な異なる見方があるため、結果的に EI に関するいくつもの研究領域が生まれてきた。

人間関係の名言と深い言葉―意義ある人生のために

【関連記事:人脈力・リレーションシップ・ミニマリストライフ・文章術・マネジメント・集団思考】

【Human relationship:人間関係】名言と引用【1】
【Human relationship:人間関係】名言と引用【2】
【ミニマリスト・ライフ】人生をシンプルに変えよう : 意思決定を導く快適習慣術:情報取捨選択・シンプル整理法
【ミニマリスト・ライフ】人生をシンプルに変えよう : 意思決定を導く快適習慣術:シンプルにできる”お金”管理法
【読書ポイント】 誰も教えてくれない人を動かす文章術 : 書くことで劇的に自分を変える技術 
【集団思考の影響力】 心でっかちな日本人 / 木を見る西洋人森を見る東洋人 / 集団思考という錯覚 をめぐって
【読書ポイント】抜擢される人の人脈力:早回しで成長する人のセオリー

【 コミュニケーションと人間関係 

ことばを用いた共感についてであるが、日常的に行われている平凡なことであるが、考察すると奇妙なものなのである。小説を読んでいるときの人間の心のうごきを分析してみると、読者は作品のなかの登場人物の「身になって」物語を追う。これは平凡な現象である。よくよく分析すると、この物語とは何かというと、紙の上に点々と黒くしみついているインクのシミのあつまりにすぎない。

人間はそれを文字という名で呼ぶが、物質的に言えば、ただの紙とインクを見つめているだけなのである。つまり人間というのは、実在的世界の速記法として、記号の世界を泳ぐ能力を持っているのである。人間は記号によってうごき、人間と人間は記号を用いて互いに共感しあうことができる。この共感の過程がコミュニケーションだと言えよう。共感がつみかさねられてゆけばゆくほど、人間関係は深くなってゆく。

人間関係はコミュニケーションの累積だと言ってさしつかえないのであり、お互いに記号を交換しあうことなしに成立する人間関係というのは、ほとんど想定できない。何度も往復する手紙・メール、繰り返されるデート、おしゃべり、会議など、友人関係・恋愛関係であれ、師弟関係であれ、取引関係であれ、人間関係というのは記号、言葉の交換を通じて成立しており、「ことばをかける」ということは人間関係の基本的な条件である。

神話と寓話が教える重要性

 

ヒーローズ・ジャーニー】 第一幕:出立・離別_ 1.日常の世界:オーディナリー・ワールド 2.冒険への誘い:コール・トゥ・アドベンチャー 3.冒険への拒絶:リフューザル・オブ・ザ・コール 4.賢者との出会い:ミーティング・ウィズ・ザ・メンター 5.第一関門突破:クロッシング・ザ・ファースト・シュレスホールド 第二幕:試練・通過儀礼_ 6.試練・仲間・敵対者:テスト・アライズ・エナミーズ 7.最も危険な場所への接近:アプローチ・トゥ・ジ・インモウスト・ケイヴ 8.最大の試練:オーディール 9.報酬:リウォード 第三幕:帰還_10.帰路:ザ・ロード・バック  11.復活:リシュアラクション 12.宝を持っての帰還:リターン・ウィズ・ジ・エリクサー

神話の法則―ライターズ・ジャーニー

【神話と寓話】 各種収集記事まとめ

【神話の力】 THE POWER OF MYTH

【プロパガンダ:神話と寓話】

【プロパガンダ:神話と寓話】 メディア・バイアスにおける”類似科学”と”フードファディズム”に陥らない5つの処方箋

【 神話:心理学的考察 】

カール・グスタフ・ユングを筆頭に、世界の神話には背景に心理学的なものがあるという考えを置いた理解も進んだ。すべての人間は生まれながらの心理的な力(psychological force)を無意識に共有する(集合的無意識)と主張し、これを「元型」(archetypes)と名づけた。異文化間の神話に見られる類似性から、このような普遍的な原型が存在することを明らかにできると考え、この元型が表現された一つの形態が神話だと論じた。

ジョーゼフ・キャンベル(en)は、人間心理を洞察した中で、人の生き方に応用できるものを神話から得られると主張した。例えば、キャンベルが主張するところによると神話第一の機能は「神秘な存在に対する畏敬の念を想起させ支持させる」ことにあり、さらに「各個人に自己の精神を現実的に秩序づけるよう導く」ことに役立つと言及した。

心が豊かになる物語

【神話と寓話】 各種収集記事まとめ

【神話と寓話】 漁師ティコとウォール・ストリートのアナリスト
【神話と寓話】 売春宿の門番
【神話と寓話】 頑張る木こり
【神話と寓話】 人間にはどれだけの土地が必要か?
【神話と寓話】 ハイテク・ヘッドフォンの実験
【神話と寓話】 石のスープ
【神話と寓話】 ダレル・ロイヤルの手紙
【神話と寓話】 ムカデのダンス

寓話 】 寓話は、神話と同様にとても古い文献に発見されている。比喩によって人間の生活に馴染みの深いできごとを見せ、それによって諭す事を意図した物語。 名指しされる事のない、つまりは名無しの登場者は、動物、静物、自然現象など様々だが、必ず擬人化されている。 主人公が、もしくは主人公と敵対者が、ある結果をひき起こしたり、 ある出来事に遭遇する始末を表現する本筋は、なぞなぞと同様な文学的構造を持ち、 面白く、不可解な印象を与えることによって読者の興味をひき、解釈の方向を道徳的な訓話に向ける特性を持つ。 民話によく見られる様に、物語りの語り末には、寓意的な解釈を付け加えることが習慣的に行なわれてきた。

スポンサーリンク