【成功へ導く選択】 人の才能や能力とはなにか、思考や戦略とはなにか

[`buzzurl` not found]
Pocket

21212225565621023020120

 

スポンサーリンク

天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当

【天才を考察する】:各章まとめ

【天才を考察する】 才能を伸ばす為の子育てで押さえておくべき 4 つの指針
【天才を考察する】 いまずぐ始めることができる 一流の人材になるための 7 つの指針

参照記事 【天才

天から与えられたような、人の努力では至らないレベルの才能・その人を指す。「神童も、大人になればただの人」などという警句にみられるように、幼い頃に学業成績に秀でたからといっても、それが大人になっても続くとは限らない。規律と型にはまった知識を身に付けることを要求される学校教育では、学業成績に秀でた秀才と、斬新な着眼力や独創性を発揮する天才とは、相反する傾向がある。アンバランスに偏った才能の持ち主であるため、芸術、スポーツ、学問いずれの分野でも、価値観も非常識であるケースが多い。薬物中毒汚染や金銭感覚の逸脱は有名であるが、道徳的にも法的にも非常識で、故に善悪の価値観すら欠如している者も多く、天才による、周囲からの物笑いとなるような「奇行」は、数多い。

フェルマーの最終定理

【フェルマーの最終定理】:各まとめ

【Fermat’s Last Theorem】 フェルマーの最終定理 ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

参照記事 【 フェルマーの最終定理 】

フェルマーの最終定理とは、3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせが存在しない、という定理のことである。フェルマーが驚くべき証明を得たと書き残したと伝えられ、長らく証明も反例もなされなかったことからフェルマー予想とも称されたが、360年後にアンドリュー・ワイルズによって完全に証明され、ワイルズの定理あるいはフェルマー・ワイルズの定理とも呼ばれるようになった。

知的複眼思考法

【思考法関連記事】:各まとめ

【創造的意思決定】あなたができる最適の選択とは何か:時代に求める ビジネスのあり方
【選択眼と決断志向】 本の目利きと読み方が向上する 5 つの基本的手順
【創造的読書で思考力と戦略眼を磨く】 批判的読書のコツ20のポイント
【自分を磨く方法】 成長の黄金律50か条
【米国の肥満事情を考える】痩せる秘訣は肥る努力を止める事:米国の肥満問題は現在の日本でも当てはまる
【 しあわせの選択 】”あなたはしあわせですか”では、人はすぐに答えることはできない。
【トップの迷走:決断できない人々】 終戦:”なぜ早く決められなかったのか”が少しだけ面白かった
【キャリアショック】 変化の激しい時代への 個人が明日から取るべき 5 つのアクション
【神話と寓話:社畜とカルト】 13番目の客 あなたが組織や学校から追い詰められないように見るべき 3 つの処方箋

参照記事 【 思考 】

考えたり思いを巡らせたりする行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動である。広義には人間が持つ知的作用を総称する言葉、狭義では概念・判断・推理を行うことを指す。論理学分野で研究されてきた思考の定義は定まっておらず、多様な側面を持つ。心理学分野の研究では、思考とは何らかの思想や問題対処法を立ち上げる心の過程や操作を示し、その対象は問題解決、方略、推理、理解、表象(心像、観念、概念など)知識といった現象を取り扱う。

戦略「脳」を鍛える

【戦略「脳」を鍛える】:各まとめ

【戦略脳を鍛える】”実践的思考”を身に付ける為の3つのステップと 左右の脳をバランスよく使う為の問題解決のヒント
【戦略脳を鍛える】”豊かな発想力”を身に付ける為の3つの視点とインサイトを生み出し”戦略を構築”する6つのステップ

参照記事 【 戦略 】

特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学である。戦略の定義は時代・地域・分野によってその意味は異なる。戦略はもともと戦争術から戦術と併せて分化した概念であり、軍事学の専門用語であった。一般的に戦略は戦闘部隊が戦場で優位に立てるようにするための巨視的な策略であり、一連の戦闘における勝利を高次元で最大限に利用する術策である。これに対応して戦術は戦闘において勝利を得るために部隊を運用する術である。 日本では戦後に企業の経営戦略のように使用されたり、経済戦略・外交戦略のように政策と同義語として使用されることも多く、また戦略的という形容詞が多用されることも重なって、その定義は拡散している。

オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論

【オペレーショナル・インテリジェンス】:各まとめ

【情報と意思決定】 経営の意思決定/作戦情報理論/武器としての決断思考 を巡る 決断までの 4 つのポイント

参照記事 【 戦闘教義 】

部隊を構成する兵や指揮官は往々にして独自に判断を迫られる場面があり、あらゆる些細な状況判断をつねに中央指揮所に報告し指示を得ることが可能なわけではない。戦局において迅速な判断が迫られたり通信・通報が途絶したりする場面において、他の部隊と連携し有機的に活動をおこなうためには予め想定された行動指針や判断指針が必要となる。武器の選択や兵科の構成もこれら予め想定された行動指針に沿うように編成される。隊列や部隊・兵による役割分担は積極活動における最も元素的な戦闘教義である。部隊損耗率の3割で撤収可能、5割で降伏可能などと取り決めておくことなどもドクトリンの一種である。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい