【プロパガンダ:神話と寓話】 メディア・バイアスにおける”類似科学”と”フードファディズム”に陥らない15の処方箋

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

DHMOの危険性

1997年、ネイサン・ゾナー君という14歳の少年が書いた「我々はどのようにしてだまされるのか」というタイトルのレポートが科学フェアで入賞し、マスコミにも取り上げられて話題を呼びました。

彼は「DHMO」という化学物質の害を指摘し、この物質の使用規制を求めて周囲の50人の大人に署名を求め、うち43名のサインを得ることに成功したのです。彼の挙げた「DHMO」の危険性は、

  1. 酸性雨の主成分であり、温室効果を引き起こすことも知られている
  2. 多くの場合、海難事故死者の直接の死因となっている
  3. 高レベルのDHMOにさらされることで植物の成長が阻害される
  4. 末期癌の腫瘍細胞中にも必ず含まれている
  5. 火傷のような症状が起こることがあり、固体状態のDHMOに長時間触れていると皮膚の大規模な損傷を起こす
  6. 多くの金属を腐食・劣化させる
  7. 自動車のブレーキや電気系統の機能低下の原因ともなる

といったものです。そしてこの危険な物質はアメリカ中の工場で冷却・洗浄・溶剤などとして何の規制もなく使用・排出され、結果として全米の湖や川、果ては母乳や南極の氷にまで高濃度のDHMOが検出されているとネイサン君は訴えました。

さてあなたならこの規制に賛成し、呼びかけに応じて署名をするでしょうか? 鋭い方ならお気づきの通り、DHMO(dihydrogen monoxide)は和訳すれば一酸化二水素、要するにただの水(H2O)です。

読み返していただければわかる通り、DHMOの性質について隠していることはあっても、ウソは一つも入っていません。単なる水であっても、恣意的に危なそうな事柄だけを取り出せばいかにも危険な化学物質のように見え、規制の対象とさえなりかねない――。

ネイサン少年の指摘はなかなかに重い意味を持っているように思えます。恐怖の化学物質?DHMO、まあこのDHMO規制の話は笑い話で済みますが、近年の化学物質に関する報道を見ていると、実際にこれと大差ないことをしようとしているケースもあるように見えます。

スポンサーリンク

Penn And Teller Get Hippies To Sign Water Banning Petition

DHMO】 Dihydrogen Monoxide(ジハイドロジェン・モノオキサイド)の略称で、一酸化二水素(いっさんかにすいそ)とも称される水素と酸素の化合物。化学式では H2O で表される。簡単に言えば水で、それをあえてわかりにくくした表現。対象の物質が水であることを伏せた上で、事実ではあるが極端な説明を述べ、聞き手に恐ろしい物質のように誤認させるというジョークに使われる。

先述の逸話とともに、扇動的な言葉(詭弁)に流されがちな環境保護・食の安全運動を揶揄するために引き合いに出されることも多い。説明は、視点をかなり限定して水についての性質を並べ立てることで、聞き手に否定的な印象を与えるよう工夫されている。事実のみを提示したとしても、その提示の仕方によっては聞き手の認識を誤った方向に誘導することができることを示す例と言える。

日常の心の隙間に入り込むフードファディズム

メディア・バイアスは、メディアが情報を伝えるときに、ソースのどの部分を取捨選択して伝えるかに生じるゆがみである。たとえば、危険性を指摘することはマスコミの重要な役割であるが、危険性を強調して報道することで、市民が過剰な反応を起こすことがある。科学的な根拠がないままに学者の意見を報道することが、社会現象を引き起こしたり健康被害を引き起こしたりすることもある。さらにひどい場合には情報の捏造になる。 【出典:メディア・バイアス

① 寒天・トコロテン品切れ騒動

2005年 6月 12日にフジテレビの番組「発掘!あるある大事典Ⅱ」が「寒天で健康的にやせられる」という内容の放送を行った。これをきっかけとして全国各地のスーパーマーケットや食料品売り場で寒天やトコロテンが爆発的に売れるという現象が夏の間続いた。

寒天ゼリーを作るための棒寒天や粉寒天のほか寒天製品であるトコロテンも品切れ状態が続いた。家庭科の調理実習で使う寒天が購入できないという教員の実害もあった。

② 加熱不十分白インゲン豆食中毒事件

この件は、白インゲン豆という利用頻度の低い食品がテレビ番組で取りあげられたために売り切れ現象を招いたということ以上に、その放送が原因で重大な食中毒事件を各地で発生させたという点が特徴的である。

③ 納豆品切れ・番組捏造事件

2007年 1月 7日、フジテレビの番組「発掘!あるある大事典Ⅱ」(関西 TV制作)の放映を発端として全国各地のスーパーマーケットや食料品売り場で納豆が売り切れる現象が約 2週間続いた。「1日 2包の納豆を朝晩よくかき混ぜて 20分放置して食べた 8人全員の体重が、その他の食生活を変えずに 2週間で減少(0.9~3.4kg)した」との放送内容に触発され、納豆を購入する人がふだん以上に増え、品切れ騒動が各地で起こったものである。

ところが 1月 20日夕刻に番組を制作した関西テレビが記者会見を行い、番組内容に捏造のあったことを公表し、この人気番組は「納豆ブーム」とともに終焉することとなった。

考察

信頼できる食情報に影響されて妥当な食生活を営む人が増えるのであれば大歓迎したい。しかし現実は、虚偽に満ちた情報に踊らされる人が多い。

そして、食情報は多様であるにもかかわらず、世間の関心が肥満解消・防止、あるいは過剰な痩身願望に向いているためか、「これさえ食べれば短期間で痩せられる」という情報に踊る人が多い。

本稿で取りあげた 3事例いずれもが「痩身・減量法」であった。 このような事件・騒動があるたびに浅薄な食情報に狂奔する人々が少なくない現状を再確認させられる。「それを食べる(飲む)と痩せる」という情報は本来ならば警戒すべきものである。しかしながら肥満予防・解消情報が蔓延する中でその種の「警戒感」は麻痺しきっている。

쓕寒天・トコロテン品切れ騒動」と「納豆品切れ・番組捏造事件」は表だった健康被害は報告されていないが、「加熱不十分白インゲン豆食中毒事件」は多くの健康被害者を生んだ。放送内容を真に受けて試した視聴者の浅薄さも問題ではあるが、何よりもまず健康被害を起こすような内容の放送は行ってはいけないのである。

健康情報娯楽テレビ番組が取り上げる食情報は、真実性よりも話題性や意外性に重きを置いているため番組の筋立てに都合よく食情報を扱う結果、虚偽、誇張、歪曲・曲解等が多々紛れ込むという事実を周知させる必要がある。健康情報娯楽テレビ番組に起因してある食品が売り切れるという騒動が繰り返される。

そのたびに生産・製造に関わる人たちは消費者の「気まぐれ」に対応させられ、一時的ブームに翻弄される。 食品成分の機能性情報に特化した食情報に心を奪われてしまった人に「適切に食べるとはどのようなことか」の全体像に関心を向けてもらうことは至難の業である。だからこそ、学校教育や社会教育を介してできることは何か、その方策を考えなければならない。

【健康情報娯楽テレビ番組に起因したフードファディズム:群馬大学教育学部家政教育講座 高橋久仁子:編者にて一部抜粋】

着眼点の重要性

ビーカー入りの二酸化酸素を無理やり飲めと言われたら、あなたはおそらくいやだなぁと思うだろう。だが水を一杯飲んでくださいと言われれば、抵抗なく飲むのではないだろうか。実は両者は同じものである。味の差はまったくない。違うのは、イメージである。 【出典:ポジショニング戦略[新版]

フードファディズム

食べものや栄養が健康と病気に与える影響を過大に信じること、科学が立証した事実に関係なく何らかの食べものや栄養が与える影響を過大評価することである。科学が立証したことよりもその影響を信じ固執していることである。対象となりやすいものは、健康に好影響をもたらしそうな食品、有害性が疑わしい食品をはじめとして、ダイエット食品、健康食品、ミネラルウォーターなど様々である。

American Propaganda Films – Good Eating Habits (1951)

フードファディズム:背景

「本当に健康に影響するのか」の根拠が曖昧なまま、特定の食べ物・栄養の影響を熱狂的に信じるフードファディズムの一因には、健康食品などの企業・業界や自称健康食品専門家が、自分たちに都合のいい情報や研究データだけを流す傾向があることが考えられる。御用学者と呼ばれる特定の業界に偏った意見を述べる学者もいる。

一般化されない偏った根拠を元に不安を煽るということがある。企業や業界はあらゆる商品を満遍なく扱っているわけではないので、自分の利益を増やすためにおのずと一方的に偏ったデータや情報だけを流す傾向がある。自社の製品さえ摂れば健康になれるといった印象を生む文言をちりばめたコマーシャルや資料を作成する傾向があり、それがマスコミや他の媒体を経由して人々のもとに届けられている。まだ合理的な判断のできない子供など、宣伝の内容をそのまま信じこむ人々もいるためにそれが生まれる傾向がある。

決断力を高める:バイアスにかからないための 5つの処方箋

選択的認識バイアス

● 彼らは解決法が分からないのではない。問題が見えていないのだ。G・K・チェスタトン

  1. あらゆる認識にはバイアスがかかっていることを自覚し分からないものには冷静に距離を置く。
  2. 自分の期待が認識にバイアスをかける可能性があるかを見極め、相手の利得の真偽の裏付けを取る。
  3. 客観的第三者はその状況をどう違った見方をする可能性があるかを考える。

確証バイアス

● いわゆる理由づけのほとんどは、すでに信じていることを信じ続けるための理屈を探すことだ。J・H・ロビンソン

  4. 自分の考えと相反する情報を積極的に探し、考えが間違っているかもしれない理由を考えその証明を探す。

代表性バイアス

● 私のような人間を会員にするようなクラブには入りたくないね。G・マルクス

   5. 極端にサンプル数が少ない場合(たった数人やひとりの有名人等の推薦)、結果に偏りが出ることに注意する必要がある。

科学報道を見破る十カ条

  1. 懐疑主義を貫き、多様な情報を収集して自分自身で判断する
  2. 「○○を食べれば」「○○すれば痩せる」というような単純な情報は排除する
  3. 「危険」「効く」など極端な情報は、まず警戒する
  4. その情報が誰が得するか、を考える
  5. 痩せましたなど根拠のない体験談、感情的な訴えには冷静に対処する
  6. 発表された「場」に注目する。複数の学術論文ならば、信頼性は比較的高い
  7. 問題にされている「量」に注目し誇張している情報を警戒する
  8. 問題にされている事象が発生する条件、とくに人に当てはまるかを考える
  9. 他のものと比較する目を持ち、論理破綻、欠陥を見破る意識をもつ
  10. 新しい情報に応じて柔軟に考えを変えてゆく

スポンサーリンク