【ヒトラーを支持したドイツ国民】時代的要請を素早く実現し利用した独裁者【2】

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

【参照文献】 ヒトラーを支持したドイツ国民

【内容紹介:本書説明より】

ドイツの一般大衆は当時、ナチ恐怖支配についてどこまで知っていたのか。実際には、戦争の進展とともに強制収容所は、次々と増設されて身近な存在になり、被収容者が公開処刑にされる様子まで日常的に見ていた。政府が「非社会的分子」や外国人労働者を排除することを、国民の多くは誇りとし積極的に協力した。一方で、ヒトラーは「敵」には容赦ない強制手段をとりながら、国民を味方につけることには細心の注意を払った。情報操作を徹底し、事実を隠すよりは公開したのである。「強制」と「同意」は一貫して鏈れ合っていた。

著者はこの分野の卓越した研究者である。廃棄を免れたゲシュタポ調書等と、当時の新聞雑誌をていねいに読み、1933年のヒトラー権力掌握から1945年の敗戦までの「同意と強制」の真相をさまざまな方向から明らかにする。同時に、反ユダヤ主義は最初から国民に浸透していたのではなく、戦争突入が契機となったことを実証した。 関連書のなかでは長く残る一冊として、本書は評価が高い。各国語に翻訳されただけではなく、ドイツ政府は本書のドイツ語の廉価版を製作・配布している。

スポンサーリンク

【選挙と粛清を通じて支持を得る】

Hitler: The Rise of Evil.

 

彼の権力奪取は、自党以外の政党を非合法化し、内閣で法律を通すことができるように憲法を修正するための、国会の三分の二の多数票が欲しかった。全国の選挙運動を展開する際は手段を選ばず、反対者を容赦なく蹂躙し、膨大な支持を獲得した。ただし絶対多数は取れていない。

1933年の選挙では1700万人以上を結集したが、連立を組んでいるドイツ国民人民党とあわせると議会でかろうじて多数派となり、状況の支配者となった。この選挙後の数か月で大多数のドイツ人がヒトラー支持の立場をいち早く表明したことは非常に重要である。

【職の為の戦い:矢継ぎ早の政策で国民の心を掌握する】

職の為の戦い一例

● あらゆる産業の国家計画:例 農村援助/農村勤労奉仕
異なる若者を結集して「民族共同体」意識を固めることを目指す

● 徴兵制度の再導入
労働市場から大量の就労年齢の男性を吸い上げ失業者を減らす

● 新郎新婦に対する結婚貸付金制度
貸付金は失業減らしの法律の一部として提供:子供を産むための奨励として、政権はすぐさま新生児一人ごとに貸付金の四分の一の返済免除

● アウトバーンの建設による大規模な公共工事
道路交通網の整備、物流やレジャーなどの輸送を効率化する

ヒトラーの女性人気の源泉

① 雇用創出計画
② 街頭からの泥酔者の駆逐
③ 若者の規律づけ
④ 義務労働の導入計画
⑤ 新道路の公共建設

出典:アリソン・オーウィングス:第三帝国統治下の女性口述史

● 父は秩序が戻り、人々が仕事につき、経済が伸びて、ドイツが再びなんらかの恩恵を受けるようになったのを喜んでいた。

出典:ドイツ貴族の娘:ちなみに父親はナチスに好感を抱いていない。政権の「成果」に強く感銘したと回想している。

宗教勢力の懐柔

1933年、ヴァチカンと政教協約を結び、カトリック教徒の反対派を懐柔計画を推進。しだいにカトリック教徒たちは独裁制に順応した。基本的にプロテスタントの支持が高かった背景から、ナチズムとキリスト教を合体させ、プロテスタントに改宗したユダヤ人を放逐せよと唱えるドイツ・キリスト教の一派を支持することにより、ナチに好意的な選挙結果を以て順応を確認できた。

● 矢継ぎ早の国民投票

Life in Hitler’s Germany Part 1

 

1933年10月には、ヒトラーは国際連盟を脱退しているが、それと同時にドイツ人に賛意を問う国民投票を実施している。投票結果は賛成が95%という驚異的な数字を出している。

1933年11月にも、国民投票と合わせて選挙をしているが、これの投票の結果も4000万票近くを獲得し、全体の92.2%であり、投票率も95.2%ともはや尋常の投票と言えない。他の政党が非合法化されているのだから、これらの選挙は額面通り受け取れないだろう。

報告では、350万近い投票人ほど、反対を示すために無効票を投じたとされる。しかし、大多数がナチスを支持しているのには変わりがない。

それも驚くべきことに、人々は新聞や口伝えで聞いて、国家秘密警察や強制収容所や政府先導のユダヤ人迫害などを知ったうえでのことである。

この国民投票と選挙は、「ヒトラーの正真正銘の勝利」と言われ「巧みな操作と自由を欠如を考慮しても」この瞬間に「ドイツ国民はヒトラーを支持した」という事実は争えない。

さらに国民に、国家元首の職務と政府首班の職務とを統合する問題について、ふたたび国民投票で意見を明らかにするように求められた。またもや90%はヒトラーを支持した。この結果は、人々が目を開くことを期待し続けた反対者たちを失望させた。

● 急増するナチス党員

1930年当初ナチ党員は12万9583名を数えるにすぎなかったが、1933年には84万9009名に急増した。さらに入党者が殺到、党員所持者は500万人にも上った。

● そして権力奪取へ

ナチの簡単な権力奪取と、親ヒトラー・親ナチ合意の出現は、国民大多数が民主主義にたいして抱いていたかもしれない希望をことごとく捨てたことを意味する。
とくに大恐慌から立ち直ったせいで、権威主義独裁制度を容易に支持できたのである。

【ドイツ法の適用へあらゆる歯止めが効かなくなる】

● プロパガンダの開始:ドイツ国民の為と謳い表現の自由を制限し警察権力を支配

The Power of Nazi Propaganda

 

1933年早くも表現の自由を制限し、ある種の検閲を認め、出版を禁止、警察が「公共の安全」を盾に危険と判断した場合、集会や示威好意非合法化できるようになった。

共産主義者と思われる人々や思想主義者、ナチスにおける反乱分子を次々と粛清することも、国民は知っており、それを聞いて日常の交通事故ほどにも注意を払わなくなった。

また同年ナチ突撃隊(SA)とヒムラー親衛隊(SS)から選抜された者で補助警察が創設された。

既存警察権力は簡単に順応してしまったので、粛清は必要は無く、98%以上の警官は、引き続き勤務を許可されたので、職を失わずにすんだと報告されているので、どちからと言うと進んで協力したフシがある。

犯罪と戦い警察に自分たちが適切とみなす活動権限を増やしてくれる政権には喜んで与したのだ。警察は思いのまま誰でも逮捕でき、表現の自由を制限、検閲、盗聴、反逆罪のものを自由に死刑に処することができた。

共産党に関しての暴力行為を持った弾圧がヒトラーの評判を落とすどころか「広く人気を集めた」とイアン・カーシューは結論づけている。

またいかなる「悪質な噂」を非合法化とした。つまりあらゆる批判を犯罪にしたのである。

● 政治警察:ゲシュタポの創設

新政権は市民の権利を犠牲にして、ドイツを構成する諸邦で次々に警察権力に司法の尺度を移したのである。

Gestapo – Documentary – Part 1

 

ゲシュタポ】 ゲハイメ・シュターツポリツァイ(秘密国家警察)は、ナチス・ドイツ期のプロイセン州警察、のちドイツ警察の中の秘密警察部門である。 1939年9月以降は親衛隊の一組織であり警察機構を司る国家保安本部に組み込まれた。1933年プロイセン州の秘密警察として同州内相ヘルマン・ゲーリングが発足させた。1934年親衛隊(SS)ハインリヒ・ヒムラーラインハルト・ハイドリヒが指揮権を握り、1936年に活動範囲を全ドイツに拡大させた。同年に保安警察の一部局、さらに1939年には国家保安本部の第IV局に改組された。第二次世界大戦中にはドイツ国防軍が占領したヨーロッパの広範な地域に活動範囲を広げ、ヨーロッパ中の人々から畏怖された。その任務はドイツおよびドイツが併合・占領したヨーロッパ諸国における反ナチ派レジスタンススパイなどの摘発、ユダヤ人狩りおよび移送などである。

強制収容所の理由づけとしては、伝統的なドイツ人の社会的価値観、それに反ユダヤ主義に訴えるものだった。そして支配は最終局面に入ることになる。

● ユダヤ人を法的保護から除外

ドイツ人が独裁制を支持する中でヒトラーの思想の影響にさらされる問題のひとつがこのユダヤ人問題である。
ドイツ・ユダヤ人は、欧州のどこよりもドイツに同化してドイツに誇りを持ち、その多くは忠実な愛国主義者だった。

実はユダヤ人はドイツでは取るに足らない少数派であった。ドイツでは信仰を持ったユダヤ人はたったの52万5000人にすぎなかった。ユダヤ人はドイツ人口の1%以下で、ヒトラーの権力掌握のだいぶ前にから減少しつつあった。驚くべきことに1933年、34年に入ってさえ、ヒトラーがユダヤ人について公式に演説していない事実は注目に値する。

ヒトラー宰相就任後、失業問題と共産主義者の問題が優先されていたので、政府が反ユダヤの措置を取るのは後回しにされた。選挙公約のひとつである、ユダヤ人所有のデパートの閉鎖を実行しなかったぐらいだ。なぜなら、そこに勤めるアーリア人の職をなくして失業率が増えるのを恐れたからだとされる。

選挙後、ただちにユダヤ人の静かな迫害が始まった。1933年の法律を制定したのだ。これはユダヤ人その他を官職から排除できるものだった。

Third Reich in Colour 3/20

 

専門的官職再興法:ニュルンベルク法

1933年4月7日、「職業官吏再建法」が制定された。「非アーリア人種」(同法3条)や「政治的に信用のできない者」(同法4条)を公務員から追放することによって公務員数を削減する趣旨(同法6条)の法律だった。「政治的に信用のできない者」が左翼、「非アーリア人種」がユダヤ人を指していることは明らかだったが、この法律は肝心の非アーリア人種(ユダヤ人)の定義をしていなかった。ユダヤ人とは何かが問題となった。

ヒトラー内閣内務大臣ヴィルヘルム・フリックは、「ユダヤ人とは『宗教』ではなく、『血統』『人種』『血』が決定的要素であり、ユダヤ教徒でない者にも『ユダヤ人性』を追及しうる」と述べ、4月11日に「職業官吏再建法暫定施行令」を出した。この法令により「非アーリア人種」とはユダヤ人の事であると明言され、両親・祖父母のうち誰か一人でもユダヤ教徒であれば、その当人の信仰が何であれ(無神論者であれ)、すべてユダヤ人となると定めた。

このユダヤ人の定義付けは「アーリア条項」と呼ばれた。その後、反ユダヤ主義立法が行われ、各分野でユダヤ人の追放が行われたが、ユダヤ人の定義はこの「アーリア条項」に基づいて行われた。条項を聞いた諸外国、とりわけ日本は、人種差別であるとしてドイツに不快感を表している。

【積極的にユダヤ人排斥に手を貸した司法機関や大学や病院】

上記の法案で、専門職からの追放は、世間一般から歓迎されたのは確かだった。全国の大学や医学界など、ドイツ人の大学生・教授の入学率・就職率の上昇にもつながり、学者の失業者が高かった折から好評を博した。 また「ドイツ青年のために徹底的に異人種分子を排除することで生活空間と雇用機会が創出されなければならない」とヒトラーは確約、これに呼応して医学界、大学などは、ユダヤ人を何の苦も無く追放した。

● 市民は共産主義者よりはヒトラーを取る:政治警察支配と国家総督の支配体制

Hitlers Helfer – Heinrich Himmler – Der Vollstrecker

 

ハインリヒ・ヒムラー

政権掌握後には全ドイツ警察長官、ヒトラー内閣内務大臣などを歴任し、ドイツの警察権力を掌握した。ゲシュタポや強制収容所(KZ)も彼の指揮下に置かれていた。占領したヨーロッパの広範な地域に彼の警察権力が及ぶこととなった。ゲルマン民族を支配民族と考え、他民族を蔑視した。ユダヤ人を強く憎悪し、大戦中にはヨーロッパのユダヤ人やロマなど「生きるに値しない命」に対して大量虐殺を組織的に実行した。

彼の思想は完全にナチズムと一体化したことによって、全国の警察体制が決まったと言えるだろう。 ヒムラーは全ドイツの政治警察を支配した。中央集権化と一党独裁は彼に成功の機会は多かったと見える。

前政権への批判と共産主義者打倒を掲げ、国家警察による監視支配体制を良しとした国民の方もある種麻痺(と言っても反対者は粛清されるので致し方ないが)していたことも大きい。 この時期と同時に、個別権力の集中する危険を避けるためと称し、国家総督という新しい部署を創設し、各邦議会は廃止された。完全に中央に統御される形が完成したことになる。

書籍では、出来事の流れを見ていたドイツ人たちは、共産主義者が非合法的に権力奪取を企てたと思い込み、これを抑止したナチに感謝の気持ちを抱いたと指摘している。

1933年末の選挙について圧倒的多数がナチに投票したのは、窮極のところ「ドイツは共産主義者よりはヒトラーを選んだ」からだとヴィクトール・クレンペラーは日記に記している。

スポンサーリンク