【ヒトラーを支持したドイツ国民】時代的要請を素早く実現し利用した独裁者【1】

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

【参照文献】 ヒトラーを支持したドイツ国民

【内容紹介:本書説明より】

ドイツの一般大衆は当時、ナチ恐怖支配についてどこまで知っていたのか。実際には、戦争の進展とともに強制収容所は、次々と増設されて身近な存在になり、被収容者が公開処刑にされる様子まで日常的に見ていた。政府が「非社会的分子」や外国人労働者を排除することを、国民の多くは誇りとし積極的に協力した。一方で、ヒトラーは「敵」には容赦ない強制手段をとりながら、国民を味方につけることには細心の注意を払った。情報操作を徹底し、事実を隠すよりは公開したのである。「強制」と「同意」は一貫して鏈れ合っていた。

著者はこの分野の卓越した研究者である。廃棄を免れたゲシュタポ調書等と、当時の新聞雑誌をていねいに読み、1933年のヒトラー権力掌握から1945年の敗戦までの「同意と強制」の真相をさまざまな方向から明らかにする。同時に、反ユダヤ主義は最初から国民に浸透していたのではなく、戦争突入が契機となったことを実証した。 関連書のなかでは長く残る一冊として、本書は評価が高い。各国語に翻訳されただけではなく、ドイツ政府は本書のドイツ語の廉価版を製作・配布している。

スポンサーリンク

マルティン・ニーメラーの詩

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった、私は共産主義者ではなかったから。

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった、私は社会民主主義ではなかったから。

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった、私は労働組合員ではなかったから。

彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった、私はユダヤ人などではなかったから。

そして、彼らが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。

参照記事 【彼らが最初共産主義者を攻撃したとき

『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』は、ドイツのルター派牧師であり反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーによる詩。たくさんのバージョンが存在するが、その内容は基本的には、迫害ターゲットグループを徐々に拡大していくナチ党に恐怖を感じつつも、「自分には関係ない」と見て見ぬふりをしていたら、自分がいざそのターゲットとなったときには、社会には声を上げることができる人は誰もいなくなっていた、というもの。

自分が属するプロテスタント教会に手が伸びる前に次々と迫害されるターゲットグループとしては、共産主義者、社会主義者(社会民主主義者)、労働組合員、ユダヤ人、障害者、カトリック教会、などがあげられる。

強いメッセージ性を持つため、政治への無関心層へ政治への呼びかけとして世界の多くの場所で引用されてきた。

【ナチス独裁制の過程:三つのシナリオ】

① 1933年のヒトラー宰相任命から1938~39年
② 戦争開始から1944年の連合国ドイツ侵入まで
③ それから終焉、敗戦に至るまで

この三つのシナリオにおける過程で、初期における国民の心理が非常に重要な要素となる。

【ドイツ国民の心理状態】

1936 the capitol of the third reich in color

ドイツ宰相就任任命につづく月々に、ドイツ人は一種の「正常」への復帰を経験した。
その正常(安定した生活)とは何か

① 安定した雇用
② 犯罪率の低下と安心感
③ 将来への希望

国民啓蒙・宣伝省の管轄下でつくられた第三帝国の賛歌には、早期から以下の大きな 4つを政策実現に向け掲げられている。

① 深刻な不況による労働創出計画
② アウトバーンの建設による大規模な公共工事
③ フォルクスワーゲン”ファミリー・カーの約束”
④ 安い休暇(娯楽)を楽しみそれに伴うオリンピックの開催

これらの政策は見せかけのマニュフェストではなく、行動し成功した政策を以て、いち早く熱狂者を結集したことが最初の支持する大きな理由となった。 この景気を回復させた奇跡の政策の成功は、後日非常に高いツケを払うことになるにしても、この好景気のおかげで、短期的にには独裁制は確立され、栄え、野心を広げることに成功している。

一番国民が心酔してしまったのが、この初期の政治政策にある。 ヒトラー政権は、他のどの先進工業国よりも早く大恐慌を克服、もっとも早く立ち直り大恐慌を打ち負かし、ドイツの大失業問題を癒したからだ。

ドイツ人にとって一番大事な事それは、数百万人に及ぶ失業者に再び職に就くことであり、それを達成し生活費は上がらないのに、所得が着実に増えたことだった。 1933年にいたる歳月までは、ドイツにとって困難な時期であり、ワイマール共和国の議会は、12以上の政党が分裂乱立し、1932年末に国の直面する危機が深刻となり、政府が袋小路に入っている状態だった時に宰相に就任し政策を成功させたのも、大きく支持される要因だっただろう。

【危機に陥っていたドイツという国】

Third Reich – The Rise 5/6

 

まさにこれほど熱狂的に仰がれた政治家は歴史上ほとんどいないだろう。映像でも見ても分かるように国民的人気が異常すぎる。 こうして映像で客観的に見ると異常はよく分かるが、その中にいると異常が分からなくなる。

当時国が直面している問題を整理してみるといろいろなことが明らかになるだろうか。
この広範囲の危機を解決するための徹底的な措置がとられることを多くの国民が望んでいた。

● ワイマール民主主義の失政

  • 12以上の乱立政党による多くの頻繁な選挙
  • 多くのデモと犯罪の急激な増加
  • 医療福祉事務所の長い行列

多くのドイツ国民は、自分たちをそこから救い出すのに完全に失敗したワイマール政治家たちを軽蔑し、伝統の健全な要素を感じるものを回復させてくれる誰かに信頼と理解をあたえる用意ができていた。

● ヒトラー宰相就任以前の絶望感

  • 自殺率の向上(イギリスの4倍・アメリカの2倍)
  • 古き良き大家族制度の崩壊
  • 生活苦から女性が夫を支えるために労働に出かける
  • 妊娠後中絶の増加
  • 売春、性的放埒、性病の蔓延

社会的絶望感にみなぎっていたと思われていた。

● 女性の社会的進出を歓迎したナチス

一部の左翼の女性たちからナチス政権の成立を恐れていたことは事実であったみたいだが、全体としては、保守主義の女性、カトリックの女性、それに自由主義の女性までがナチが主張する意見に同調してしまった。

ナチの意見としては「自然に」男女分業は定まっていて、まず妻であり、母親であり「少ない仕事と政治的影響力をめぐって男性と競争するのを強制されない」「民族共同体」を再建することが重要だとするものだった。

なので、女性が男性とほとんど同じくらいナチ党に賛同し、待ち焦がれた「正常さ」らしきものを取り戻すというヒトラーの約束に賛成したのに驚くにあたらないとしている。

● 最初の鍵は失業問題の解決と共産党の対応にかかっていた

Why Hitler was popular – The success of the Nazi party in Germany

 

ドイツ国民にとって一番の危機感は、大量失業者の問題である。直接脅威を受けていない人々も含めて、あらゆる社会階級の間で不満感をつのらせていた。ヒトラー政権誕生時に公式には失業者は、600万人だったが、実態はさらに「隠れ」失業者は200万人以上いたことが報告されている。

この人々はさらに教職登録さえ諦めていたからだ。さらに300万人と推定される不完全就業者もいたと報告されている。この数に直面した当時の政府は、ワイマールが1927年に導入した失業保険を含む各種の社会福祉措置をここにきて撤回し、失業者には三種類の国家補助(生活補助)があったが、それどれも最適水準に落ち込む傾向を示し、なんとか生きていくのが精一杯の状況に陥っていた。

多くの中流階級が全体の情勢を深刻なものとして、捉えた理由は、大不況が到来するやいなや共産党支持者が増えたからだ。こうした背景で、選挙で投票するべきヒトラーに代わるべき具体的な右翼の選択肢はなくなっていたという。

多くのドイツ資産家たちは、増え続ける失業者と共産党員を目の当たりにして、ヒトラーが仮に宰相に任命されなかったとしても、いずれはヒトラーの支持にまわっていただろうと指摘している。

ドイツ選挙人の大多数をなすマルクス主義を良しとしない人々やカトリックではない人にとって、ナチは唯一受け入れられる政党だった」ことが背景にはあるそうです。結果的に1933年には、選択肢はなく、やがてカトリックの選挙人の多くも、彼らに合流することになった。

ヒトラーが宰相に任命されたその翌日には国会は解散、すぐに選挙をする準備に入る。その時のスローガンは「マルクス主義を攻撃せよ」だった。これは当時の善良な市民と資産家に訴える効果を狙っている。

スポンサーリンク