【Social influence: ソーシャル・インフルエンス】 “社会的影響力”をキュレーションする

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

ソーシャル・インフルエンス

社会的影響 (ソーシャル・インフルエンス) とは、個人間や集団間において、一方が他方の行動、態度、感情などを変化させること。社会心理学の研究領域の1つである。社会的勢力、同調説得リーダーシップコミュニケーション広告流行といった研究テーマと関連する。社会的影響は、その社会の中心にいるほど受けやすく、外縁部にいるほど受けにくい。その社会の中心にいれば、社会的影響を四方八方から受けるのに対し、外縁部にいれば、一面的にしか社会的影響を受けないのである。日本社会では、日本人は社会的影響を受けやすく、在住外国人は社会的影響を受けにくいと言われる。

スポンサーリンク

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

【影響力の武器】:各章まとめ

【影響力の武器を武器にする】 第1章 影響力の武器
【影響力の武器を武器にする】 第2章 返報性―昔からある「ギブ・アンド・テーク」だが…
【影響力の武器を武器にする】 第3章 コミットメントと一貫性―心に住む小鬼
【影響力の武器を武器にする】 第4章 社会的証明―真実は私たちに
【影響力の武器を武器にする】 第5章 好意―優しい泥棒
【影響力の武器を武器にする】 第6章 権威―導かれる服従
【影響力の武器を武器にする】 第7章 希少性―わずかなものについての法則
【影響力の武器を武器にする】 第8章 手っとり早い影響力―自動化された時代の原始的な承諾

【 説得 】

説得とは社会的影響(social influence, ソーシャル・インフルエンス)の一種であり、合理的かつ象徴・記号的であり時には論理的とは限らない手段を利用して、ある考え、態度、または行動を相手にさせる目的の行為、または別の誰かを差し向ける過程、プロセスである。説得術は議論などを行ううえで相手を納得させるために必要な手法であり、様々なものが存在する。「説得する」は”persuade”の訳語であり、相手を言い包(くる)めるという意味を含めて「説き伏せる」などという場合がある。

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

【影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣】:各章まとめ 

【影響力の武器】社会的証明・バンドワゴン効果・平均値磁石効果・選択パラドックス
【影響力の武器】フット・イン・ザ・ドア、競売理論・専門家の過信・帰属の誤り・機長症候群
【影響力の武器】高級品フレーミング効果・ポストイットの威力・キャンディ・G効果・恩恵価値・キャンセル率低下方法
【影響力の武器】判断ミス防止策・短所を長所に変える・弱点も見せ方次第・責任回避法・積極的コミットメント
【影響力の武器】損失回避と希少性の原理 / 説得の一言 / 想像しやすさ / 応用できる説得力
【影響力の武器】ロイヤルティ獲得術・社会規範マーケティング・鏡が人を導く効果・明晰な意思決定は睡眠から

その他:影響力関連記事

【商いの心理学】 Eコマースでの影響力の効果と威力 おさえておきべき 8 つの概念
【営業の心理学】 トップ営業が使う説得力の効果と威力 おさえておきべき 6 つのステップ
【集団思考の影響力】 心でっかちな日本人 / 木を見る西洋人森を見る東洋人 / 集団思考という錯覚 をめぐって

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く

【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】:各章まとめ

【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第1章 日常生活のなかの説得
【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第2章 説得のお膳立て―効果的な説得を行うために
【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第3章 伝達者の信憑性―本物とまがい物
【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第4章 メッセージ―それはどのように伝達されるのか
【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第5章 感情にアピールする説得
【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第6章 説得の戦略を打ち破るために
【プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く】 第7章 情報戦略が失敗するとき―プロパガンダと社会

【プロパガンダ:神話と寓話】

【プロパガンダ:神話と寓話】 メディア・バイアスにおける”類似科学”と”フードファディズム”に陥らない5つの処方箋

【 プロパガンダ 】

特定の思想世論意識行動へ誘導する意図を持った宣伝行為である。情報戦心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。ラテン語の propagare(繁殖させる、種をまく)に由来する。あらゆる宣伝や広告、広報活動、政治活動はプロパガンダに含まれ、同義であるとも考えられている。

利益追求者(政治家・思想家・企業人など)や利益集団(国家・政党・企業・宗教団体など)、中で人々が支持しているということが自らの正当性であると主張する者にとって、支持を勝ち取り維持し続けるためのプロパガンダは重要なものとなる。思想用語として用い、積極的に利用したソビエト連邦や、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)においては、情報統制と組み合わせた大規模なプロパガンダが行われるようになった。実際にはあらゆる国でプロパガンダは用いられており、一方で国家に反対する人々もプロパガンダを用いている。

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か

【最強組織の法則】 組織に属する経営陣と従業員が陥りやすい 企業の抱える 7 つの学習障害
【最強組織の法則】 現象を支配するパターンを見抜く ビジネスに生じる悪循環とは【成長の限界と問題のすり替え】
【最強組織の法則】 あなたは思考の罠に陥っていないか システム思考の法則 11の典型的パターン
【最強組織の法則】  共有ビジョン~企業の根幹を成すアイデアを育てる

チームワーク

集団に属しているメンバーが同じ目標を達成するために行う作業、協力、意識、行動など。 最近の企業ではチームワークと正反対の成果主義の導入により競争意識は向上したものの、同僚との情報やノウハウの共有が行われなくなり若手が育たないなどといった弊害が起こり従業員の全体的な士気が低下しているという。そのためチームワークの重要性が再認識されている。

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ

【バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ】神風資本主義まとめ

【バブルの歴史】神風資本主義_熱狂と崩壊 遅れた者は悪魔の餌食 群衆に観られる 5つの視点

【 バブル景気 

バブル景気は1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間に日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現象である。多くの人が好景気の雰囲気を感じ始めたのは1988年からで、1991年2月のバブル崩壊後も1992年末頃まではバブルの余韻が色濃く残っていた。情勢自体はバブル経済と同一。平成景気(へいせいけいき)とも呼ばれる。 実体経済から乖離して資産価格が一時的に大幅に高騰し、その後急速に資産価格の下落が起こる様子が中身のない泡が膨れて弾ける様子に似て見えることからこのように呼称する。また、その景気後退期を「バブル崩壊」などという。

ソーシャル・トラップ:「ゼロリスク社会」の罠 「怖い」が判断を狂わせる

【「ゼロリスク社会」の罠 「怖い」が判断を狂わせる】まとめ

【ゼロリスク社会の罠】人はなぜリスクを読み違えるのか:災害テロにおけるバイアスに陥らないための 9つの処方箋

【 ソーシャル・トラップ 

(ある状況下で)ある行動をして「好ましい結果」が生じると、同じ行動を行う回数・確率が増える。
(ある状況下で)ある行動をして「好ましくない結果」が生じると、同じ行動を行う回数・確率が減る。

● 短期的に「好ましい結果」が長期的には「好ましくない結果」につながっているのは一種のトラップ

過食や喫煙 : ほんとはやめた方がいい行動が、短期的に「好ましい結果」のせいで、ますます増えてしまうのだから(そこからなかなか抜け出せない)

● 短期的に「好ましくない結果」が長期的には「好ましい結果」につながっているのは一種のトラップ

ダイエットや貯金 : ほんとはやった方がいい行動が、短期的に「好ましくない結果」のせいで、さけられてしまう(だからフェンス、と表現する人もいる)個人的に「好ましくない結果」が集団的には「好ましい結果」につながっているのは一種の反トラップ(ソーシャル・フェンス)である。

冷淡な傍観者とか、時々は裁判の証言 : 全体のためにはやった方がいい行動が、個人的に「好ましくない結果」のせいで、さけられがちである。なんてのもある。

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

【予想通りに不合理 】 行動経済学が明かすあなたがそれを選んでしまう 7つのステップ

【予想通りに不合理】需要と供給の誤謬:なぜ真珠の値段は_そしてあらゆるものの値段は定まっていないのか
【予想通りに不合理】高価な所有意識:なぜ自分の持っているものを過大評価するのか
【予想通りに不合理】扉をあけておく:なぜ選択の自由のせいで本来の目的からそれてしまうのか
【予想通りに不合理】価格の力:なぜ一セントのアスピリンにできないことが五〇セントのアスピリンならできるのか?
【予想通りに不合理】ゼロコストのコスト:なぜ何も払わないのに払いすぎになるのか 
【予想通りに不合理】先延ばしの問題と自制心:なぜ自分のしたいことを自分にさせることができないのか 
【予想通りに不合理】社会規範のコスト:なぜ楽しみでやっていたことが、報酬をもらったとたん楽しくなくなるのか

【 不合理:類語辞典 

論理・実態などに照らして不合理
不条理 ・ 矛盾 ・ 非合理 ・ 不整合 ・ (前後)不一致 ・ 非論理的 ・ 理屈に合わない ・ 説明がつかない ・ 辻褄が合わない ・ (論理構成に)無理がある ・ 妥当性を欠く ・ (~するのは)馬鹿らしい
道理・常識などに照らして不合理
道理に合わない ・ 非常識な ・ 理不尽な ・ へりくつによる~ ・ 無茶苦茶な ・ 不当な ・ 妥当でない ・ 法外な(要求) ・ 不健全な(やり方) ・ 論理的でない ・ 合理性に欠ける(考え) ・ 横車(を押す) ・ おかしい(話) ・ 馬鹿げた(行動) ・ナンセンス ・ 「正気の沙汰ではない」
科学・自然などに照らして不合理
(科学的に)あり得ない ・ 信じられない ・ 疑問のある ・ 超自然的な ・ 超現実的な ・ 奇妙な ・ 怪奇(現象) ・ 神秘的な(現象) ・ 別世界の ・ 別次元の(話) ・ シュール(リアリズム) ・ 奇跡(が起こる)

行動経済学

典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、人間がどのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の一分野である。20世紀にかけて、期待効用理論の代替となる意思決定理論の模索が始まった。やがて、認知心理学の発展もあり、経済学に心理学の知見を取り入れた行動経済学という分野が確立され、研究されるようになった。これが行動経済学の黎明期である。心理学や経済学の各関連分野と互いに影響し、派生分野も発展しつつある。ファイナンス理論へ応用する行動ファイナンスや、ゲーム理論との融合を目指す行動ゲーム理論などである。

なぜ国民は熱狂しナチスを選択したのか:ヒトラーを支持したドイツ国民

【 ヒトラーを支持したドイツ国民 】:各章まとめ

【ヒトラーを支持したドイツ国民】時代的要請を素早く実現し利用した独裁者【1】 
【ヒトラーを支持したドイツ国民】時代的要請を素早く実現し利用した独裁者【2】 
【ヒトラーを支持したドイツ国民】時代的要請を素早く実現し利用した独裁者:まとめ

256898966320

【 ナチズム 】 国家社会主義ドイツ労働者党を代表とするイデオロギー1933年から1945年までのナチス・ドイツの期間には国家の公式イデオロギーとされた。「あらゆる活動を拘束し、義務づける法則」という「一個の世界観である」と定義した。ナチ党の運動の目的は「すべてのドイツ人の生活が(ナチズムの世界観という)根本的価値に基づいて形成され、日々新たに営まれるようになる」ことであった。

「ナチズムはドイツ民族のためにのみ生み出されたもの」であり「決して輸出品とならない」思想であるため、人類普遍の法則とは考えられなかった。初期に発表された25カ条綱領は永久不変の綱領とされたが、「我が闘争」の前後編のみである。ナチズムの思想はこの本に全て示されたわけではなく、ヒトラーの演説や、指導的立場にある幹部の著作・演説等も民族が従うべき「ナチズムの見解」とされた。

Image 【What is Behavioural Sciences?】
Image 【Allen Donates $300 Million To ‘Brain Observatory’】