【ダイエットから自然に痩せる体質へ】 肥満が気になる方に -2kg のプチダイエット 10 のコツ と 痩せ体質をキープする自然食 10 の法則

[`buzzurl` not found]
Pocket

 自然に痩せ体質を持ち体を軽くする

 

体重をほんの -2kg のプチダイエット 10 のコツ

内臓脂肪型肥満を解消しようとすれば、急に「食事の量を半分に減らし、運動をする」というのは現実的ではありません。そこでまずは以下の 10 のコツを実行するように努めて、少しずつ確実に減量していきましょう。

詳しい内容は【  メタボリックシンドロームを治す知恵とコツ―これ1冊でメタボ対策丸わかり! (主婦の友ベストBOOKS) 】参照されたし。

  1.  料理にソースやマヨネーズやドレッシングをかけすぎない

  2.  バックの中にお菓子を常備しない。飴玉を舐めない

  3.  昼食やおやつに果物やお菓子をやめタンパク質食品に切り替える

  4.  ジュースやお酒を飲み過ぎない

  5.  夕食には米のご飯は食べない

  6.  もったいないを理由にして食べない

  7.  好きなものから先に食べて、食べ過ぎを防ぐ

  8.  よく噛んで食べる ( 1 口 30 回 )

  9.  無理に慣れない運動はしない

  10.  神経質になりすぎない

スポンサーリンク

1. 料理にソースやマヨネーズやドレッシングをかけすぎない

化学調味料などを台所などから極力無くてください。まったくかけないか、かけても少量。薄味になれましょう。

2. バックの中にお菓子を常備しない。飴玉を舐めない

できるだけお菓子は控えましょう。バックの中に常備しないことからはじめてください。

3. 昼食やおやつに果物やお菓子をやめタンパク質食品に切り替える

甘いお菓子やスナック系お菓子は出来るだけ食べない。食べても少量としてください。
また果物をたくさん食べるのではなく、チーズや卵、牛乳、豆乳などのタンパク質食品を少量摂ります。

4. ジュースやお酒を飲み過ぎない

お酒は飲まないのが理想ですが、飲んでも少量をキープ。
大量に砂糖が使われているジュースなどの炭酸系は控えるだけでも大きく違います。

5. 夕食には米のご飯は食べない

遅い時間の夕食では、炭水化物を控えます。
どうしても食べたい場合は、夕方の18時までに少量で分食して、それ以降7~8時までの間に軽く夕食を摂りましょう。

6. もったいないを理由にして食べない

残っているからと言って目の前にある おかず や ご飯 を綺麗に食べたい気持ちは分かりますが、もう食べませんと腹六分目(ダイエット中は)心掛けましょう。
どうしても残すのがイヤな場合、器をひとまわり小さくして工夫します。

7. 好きなものから先に食べて、食べ過ぎを防ぐ

どうしてもたくさん食べたいと思う日もありますが、その場合食べたいものだけ食べ、あれもこれも食べないやり方もあります。食べ過ぎを防ぎます。ただし普段よりも少な目を心掛けましょう。

8. よく噛んで食べる ( 1 口 30 回 )

すぐに実践できる方法が良く噛んで食べる事です。ゆっくりと味わいながら普段よりも多めに噛みましょう。唾液が良く出ると免疫力が高まります。

9. 無理に慣れない運動はしない

手軽にできる椅子を使ったストレッチ運動や、30分程度の軽いウォーキングなど、激しい運動は避けましょう。軽い運動から始めてみてください。

10. 神経質になりすぎない

普段から神経質になりすぎてイライラしない。ストレスを解消することがダイエットの基本です。
ゆっくりと計画を実行する心構えで、1ヶ月で500g だけ痩せればよいと自分を縛らない。

2 キロ痩せることの意味

元のカラダにもよりますが、よほど肥満ではない限り、2 kg痩せれば内臓に溜まっていた脂肪がとれて、血圧値、血糖値、中性脂肪の問題も解決します。

大急ぎでやる必要もなく、神経質になりすぎないことも重要です。ほんの 2 kgとはいえ、2 リットルのペットボトル 1 本分の脂肪が、お腹の中からなくなるのだと考えれば、その価値の大きさが想像できると思います。

まずは 2 kg減らしてから、60 kgの人はマイナス 3 kg、80 kgの人なら、マイナス 4 kgと、現在の体重から5%マイナスを目標にしましょう。

カロリー第一主義の常識を超える自然食の知恵

Ladies-only London venues

 

飽食の時代である現在は、総じて食べ過ぎであり、健康に深刻な悪影響を及ぼしています。

肉料理中心の食生活や外食では、野菜が少なく、揚げ物などの油の多いものばかり、栄養がかたよったり、必要以上に栄養を摂りすぎる原因が多くあります。

これでは内臓は休む暇さえなく、生活習慣病の原因となります。そこで今回おススメしたいのが、「自然食による痩せ体質」をつくることです。自然食とは、ふだんの食事にくらべ「お金が掛かるもの」ではなく、けっして「特殊な食品に固辞」したものではありません。

近くの八百屋さんや魚屋さん、店頭で充分間に合う食材を使うことからはじめるやり方です。
自然としての自分を最高に生かすために、食物の自然の法則に則って食べるのが、そのやり方です。

簡単に言えば、生野菜や果物などを中心に「旬なものを」「お腹が空いてから」「あまり手間暇かけず生のものを」食べるやりかたです。

以下を参照にして、自然食の献立の指針に役立ててください。

痩せ体質をキープする自然食献立 10 の法則

  1. 朝は油炒め、肉、魚など油気のあるものは避けること
  2. 朝は塩気を極力少なくすること
  3. 春・夏の夕食は、濃厚な油物を食べないこと
  4. 春は植物油といえども、なるべく控えめにすること
  5. 湿度の多い国内では、春から夏にかけて、脂肪を控え目にすること
  6. 秋から冬にかけての味噌汁は、なるべく塩気を薄くすること
  7. 7日間に同じ料理を出さないこと、工夫で目先を変えること
  8. 生野菜でも、組み合わせをかえる工夫をし、少しずつ買い、新鮮なものを食卓に
  9. 夕食の肉や魚は、なるべく油の少ないものを、必ずレモンを添えること
  10. 生野菜は酢の物、甘酢、または天然の植物油を使い、いつも薄味にすること

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい