【ソーシャルインフルエンス】 売れるとはなにか、商売とはなにか、購入を科学する

[`buzzurl` not found]
Pocket

212265696636320

 

スポンサーリンク

トップ営業が使う 説得学 説得学の権威が教えるパワーテクニック

【説得学の権威が教えるパワーテクニック】:まとめ

【営業の心理学】トップ営業が使う説得力の効果と威力 おさえておきべき 6 つのステップ

参照記事 【 権威 】

自発的に同意・服従を促すような能力や関係のこと。威嚇や武力によって強制的に同意・服従させる能力・関係である権力とは区別される。代名詞的に、特定の分野などに精通して専門的な知識を有する人などをこう称することもある。権威は必ずしも個人に付帯するわけではない。ある立場・地位のみが権威化され、そのポジションにおかれた個人そのものに権威がともなわない場合もある。いわゆる権威的な職種に携わる人が、その地位を象徴する制服やバッジを身につける限りは権威を行使できても、そうした装置をひとたび外せば権威が失われるのはその一例である。

お買い物の経済心理学: 何が買い手を動かすのか

【お買い物の経済心理学】:まとめ

【 1 分間で 20 万円 売上げる販売技術】 テレビ通販の巧妙な 5 つの購買心理戦略

参照記事 【 行動経済学 】

典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、人間がどのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の一分野である。20世紀にかけて経済学は経済人を前提としたものが主流となっていったが、その中で、モーリス・アレやダニエル・エルズバーグは、簡単な実験を行い期待効用理論への反例を示した。

そうした批判を受け、期待効用理論の代替となる意思決定理論の模索が始まった。やがて、認知心理学の発展もあり、経済学に心理学の知見を取り入れた行動経済学という分野が確立され、研究されるようになった。近年では、心理学や経済学の各関連分野と互いに影響し、派生分野も発展しつつある。ファイナンス理論へ応用する行動ファイナンスや、ゲーム理論との融合を目指す行動ゲーム理論などである。また、神経科学的なアプローチから理論の裏付けを試みる神経経済学も盛んに研究が行われている。

オークション戦略:MBAゲーム理論

【オークション戦略:MBAゲーム理論】:まとめ

【賢者の視点_オークション理論】 情報を活用しオークションで勝ちを創り出すための3つの心得と最適戦略

参照記事 【 競売 】

一般的には物品に支払われる対価を購入希望者間で競うという形で行われるが、それ以外にも様々な条件が売り手側から提示される場合もあり、条件競売という形態では、提示された条件を満たす事で売り買いが成立する。対価を競う場合では、入札する買い手側が価格を釣り上げながら、最終的に最も高い価格を提示した買い手に販売される(落札)販売方式である。この場合、買い手が満足さえすれば実質的に商品価格は青天井(上限が無い)なので、ややマナー違反では在るがいきなり最初から非常識な買値を提示して落札する事も可能である。

売れる商品デザインの法則

【売れる商品デザインの法則】:まとめ

【 ヒットの法則 】 売れる商品が生まれる企画 おぼえておきたい 6 つのステップ
【 ヒットの法則 】 ブランドにみる抑えるべきロゴマークの6つのポイント

参照記事 【 デザイン 】

デザインは日本語では「設計」にもあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」も意味する。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。

デザインの対象は、衣服、印刷物、工業製品、建築などにとどまらず、都市や人生計画にもおよぶ。物や環境を人が自然な動きや状態で使えるように設計する工学、あるいは、人の物理的な形状や動作、生理的な反応や変化、心理的な感情の変化などを研究して、実際のデザインに活かす学問という意味において、人間工学と共通している。考慮すべき要因には、機能性、実現性、経済性、社会情勢など、目的を実現することに関わる全てが含まれる。

セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで

【セールスライティング・ハンドブック】:まとめ

【セールス・ライティング】 注意を惹きつけ魅力的な内容を伝える 5 つの見出しテクニック

参照記事 【 コピーライティング 】

広告宣伝のための文章を書くこと、またはその技術。インターネットが普及する以前、コピーライティングは、主に、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告や、テレビ、ラジオなどのCMで行われていました。インターネットが普及した現在では、これまで大企業が自社のイメージを広報していた、イメージ広告に代わり、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)のためのセールスレターにより、あたかもセールスマンが営業するのと同じように、商品・サービスを営業するコピーライティングが盛んに行われるようになりました。

あのブランドばかり、なぜ選んでしまうのか――購買心理のエッセンス

【あのブランドばかり、なぜ選んでしまうのか――購買心理のエッセンス】:まとめ

【購買心理のエッセンス】 選ばれるブランド 28 の法則 : 5 つのポータル

参照記事 【 アイドカ

消費者が消費行動を行うまでの心理的な過程を表した消費者行動分析モデルの名称。消費者が企業や商品の広告を見てから、Attention(注目)→Interest(興味)→Desire(欲望)→Conviction(確信)→Action(購買行動)にいたるまでの広告原則の頭文字をとった略称であり、「AIDCAモデル」や「AIDCAの法則」などとよばれることもある。

影響力 その効果と威力

【影響力 その効果と威力】:まとめ

【商いの心理学】 Eコマースでの影響力の効果と威力 おさえておきべき 8 つの概念

参照記事 【 クリック・アンド・モルタル 】

実店舗と電子商取引を行うオンライン上の店舗の双方を運営することで相乗効果を狙うビジネス手法。

ウェブで儲ける人と損する人の法則

【ウェブで儲ける人と損する人の法則】:各まとめ

【 ネットバイラルの原理 】 プラシーボ効果と 低価格の誘惑、逆手に取った誤表示 PR 手法について

参照記事 【 バイラル・マーケティング 】

口コミを利用し、低コストで顧客の獲得を図るマーケティング手法である。情報の広まり方がウイルスの感染に似ることから、「ウイルス性の」という意味の「バイラル」の名を冠している。

売りたかったら客に考えさせるな! 思考停止ビジネス

【思考停止ビジネス】:各まとめ

思考を停止するビジネス : 必要のないモノを売りつけられないための 5 つの心理戦略
思考を停止させるビジネス : 客の心を奪い思考停止させる 5 つの ビジネスパターン

参照記事 【 思考 】

考えたり思いを巡らせたりする行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動である。広義には人間が持つ知的作用を総称する言葉、狭義では概念・判断・推理を行うことを指す。論理学分野で研究されてきた思考の定義は定まっておらず、多様な側面を持つ。心理学分野の研究では、思考とは何らかの思想や問題対処法を立ち上げる心の過程や操作を示し、その対象は問題解決、方略、推理、理解、表象(心像、観念、概念など)知識といった現象を取り扱う。

戦略「脳」を鍛える

【戦略「脳」を鍛える】:各まとめ

【戦略脳を鍛える】”実践的思考”を身に付ける為の3つのステップと 左右の脳をバランスよく使う為の問題解決のヒント
【戦略脳を鍛える】”豊かな発想力”を身に付ける為の3つの視点とインサイトを生み出し”戦略を構築”する6つのステップ

参照記事 【 戦略 】

特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学である。戦略の定義は時代・地域・分野によってその意味は異なる。戦略はもともと戦争術から戦術と併せて分化した概念であり、軍事学の専門用語であった。一般的に戦略は戦闘部隊が戦場で優位に立てるようにするための巨視的な策略であり、一連の戦闘における勝利を高次元で最大限に利用する術策である。これに対応して戦術は戦闘において勝利を得るために部隊を運用する術である。 日本では戦後に企業の経営戦略のように使用されたり、経済戦略・外交戦略のように政策と同義語として使用されることも多く、また戦略的という形容詞が多用されることも重なって、その定義は拡散している。

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ

【バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ】:各まとめ

【バブルの歴史】神風資本主義_熱狂と崩壊 遅れた者は悪魔の餌食 群衆に観られる 5つの視点
バブルの歴史:チューリップ恐慌~インターネット投機へ/狂気とバブル:なぜ人は集団になると愚行に走るのか

参照記事 【 バブル経済 】

バブルの崩壊は、不良債権問題の発生を伴う。これは、バブル経済期に時価資産の高騰で膨張した法人金融資産に対して査定が行われ、それを基に返済不可能な融資が行われるからである。バブル崩壊で資産価格が下落すると、残された負債の返済による貸借対照表の調整は投資の停滞をもたらす。こうしてバブル経済が実体経済へ好影響を与えていたのと同じく、バブル崩壊は実体経済に大きな打撃を与えることになる。米国発の世界恐慌や、1991年(平成3年)3月から現在の日本の失われた20年はその典型である。

【影響力の武器】 基本編・実践編:心理テクニック14の法則

【影響力の武器 基本編・実践編】:各まとめ

【影響力の武器】 基本編・実践編:心理テクニック14の法則

参照記事 【 マインドコントロール 】

マインドコントロールは、人間の誰でもが持つ心理に働きかける。西田公昭によれば、この人間心理を利用して勧誘対象者を一定の結論に誘導することが「マインドコントロール」である。通常の商業活動にも一時的な効果として用いられているが、特にキャッチセールスなどでは経験則によって培われた様々な心理誘導テクニックによって高額商品が販売される。悪徳商法に限らず、カルトや自己啓発グループといった団体においても同種の手法を導入しており、マニュアル化されている場合もある。これらは一般の物販とは異なり、被害者やその家族を巻き込んで、人生を通じた被害をもたらすケースがある。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい