【 影響力の武器 】 なぜ人は動かさせるのか~マインドコントロールにおける過去の番組での集団パニックとその心理的検証

[`buzzurl` not found]
Pocket

Virtual Analysis of Social Influences

 

影響力の武器基本編・実践編:各まとめ

【影響力の武器】 基本編・実践編:心理テクニック14の法則

マインドコントロールは、人間の誰でもが持つ心理に働きかける。西田公昭によれば、この人間心理を利用して勧誘対象者を一定の結論に誘導することが「マインドコントロール」である。通常の商業活動にも一時的な効果として用いられているが、特にキャッチセールスなどでは経験則によって培われた様々な心理誘導テクニックによって高額商品が販売される。悪徳商法に限らず、カルトや自己啓発グループといった団体においても同種の手法を導入しており、マニュアル化されている場合もある。これらは一般の物販とは異なり、被害者やその家族を巻き込んで、人生を通じた被害をもたらすケースがある。 参照記事 【 マインドコントロール 】

スポンサーリンク

【影響力の武器 ①】強制せずさも自分の意思で選択してしまう

強制されていないにも関わらず、選択してしまう恐怖を影響力の武器を交えて紹介している。 いつの間にか選択をさせられてる事実を確認することは難しいが、日頃から意識することが重要である。そんなあなたは大丈夫か。

【影響力の武器 ②】慈善行為のアピール

慈善行為のアピール、強制力を使わずにイメージをどう変えるかの実験をしている。 事前に情報を良い情報と悪い情報を流した場合、人の印象はどう変わるか、それを確認してほしい。

【影響力の武器 ③】強制のない集団圧力

強制のない集団圧力における集団心理に陥るかどうかの実験。 集団における見えない圧力は、企業組織においてよくみられます。最近では、学校内での集団パニックにおいても似たような事例が散見させます。

【影響力の武器 ④】返報性・集合的無知

返報性・集合的無知について。カルト教団における集団自殺が散見させます。 マインドコントロールにおいて、集団に思想が伝染します。取り込まれた個人は、どうすることも出来ず、組織が悪いことを行なえば行うほどマインドコントロールは強くなってくる。

【影響力の武器 ⑤】脱会者の告白

脱会者の告白、マインドコントロールされた個人は、マインドコントロールが解けた時から本当の闘いがはじまる。 組織のためのマインドコントロールは、個人の精神を破壊し、その後の人生においても大きな影響力を及ぼしてしまう。ちょうどブラック企業のように。

【影響力の武器 ⑥】マインドコントロールのメカニズム

マインドコントロールのメカニズム。洗脳とマインドコントロールは違う。 自分の意思で選択したかのように見えるのがマインドコントロールである。様々な宗教組織は、そういった手法を使い、多くの信者を獲得している。最近ではブラック企業においても同様の事例が散見される。

【影響力の武器 ⑦】その手口を知ったときの対策

その手口を知ったときの対策。マインドコントロールは誰でもかかることが分かる。 自分だけは大丈夫と思うことが危険であり、対処策を示している。矛盾する行動を取ってもよく、世の中の答えに単純なものはないと考える事が大事であり、そのマインドコントロールを仕掛ける人間から逃げることが大事である。

スポンサーリンク

参照画像 【NOという勇気 : アウグスト・ランドメッサー】 
参照画像 【Virtual Analysis of Social Influences

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい