【キャリアと決断】船員でいる限りは 突然海に放り出されても いきなり泳ぐことはできない

[`buzzurl` not found]
Pocket

210125487852003

 

泳ぎ方をいつも考えますが、私がコンサルティングする際にも、”プールの泳ぎ方”と”海での泳ぎ方”は違いますよと伝えています。 プールの概念は、システムの上に自分の能力を過大評価するときに起こりやすいと考えます。

例えば、某ECモールと自社ショップなどにある概念です。同じ物販でも大きく違うことはお分かりだと思います。 たとえ小さくても、浅瀬で泳ぐ練習をしてもとっても勇気にいること、それは先日下の例でも感じたことです。

スポンサーリンク

 神戸の田舎でも読書会なるものがあるらしい。

最近知人と話した際、読書会なるものがあるらしい。コじゃれた首都圏だけかと思っていましたが、手軽でコストもあまりかからないようなので、あっという間に広がり神戸のような田舎でもしているそうだ。

今一つ主旨が分かりませんが、数分間の説明たるもので、本書を語ることも難しいと思うのだが、書籍を酒の肴にした朝バージョンの交流会のようなものと捉えたが、それは主催者の真意はいかなるものかなと。

私の場合読んでいるのが、マス(ロングテール戦略)から外れる (押さえてないとあかんと思うけど) ものなので、年間数百冊ほど読んでいても、紹介する内容がニッチすぎて共通の話題にならないというオチになりそうだ。

こういう人頑張っている人を応援したいですね。

「明日、倒産します」と言われたら?

三度の倒産や二度の事業縮小のリストラや家業廃業や水害や震災で家が全壊して友達がほとんど死亡したり、建築現場で何度も死にかけたりしてるが、他の人の悩みが客観的で小さくみえることから、解決型の仕事をしている。 リーマンにおける有利さをサラッと紹介しているが、彼も何も(地盤・看板・鞄)無い状態で、小さな船を作ろうとしている姿には感銘を受ける。

地方で見聞するときの2つの注意点

1.地方の行事ごとは、都会での亜流でしかないことが圧倒的
2.地方では企業が圧倒的に少なく転職先がほとんどないことから結果掛け持ちの方が現実的

先のことは見通すことは非常に難しい時代。

昨日の敵が明日の味方となり、昨日の味方が明日の敵になることも多く、自分で決断することの重要性を改めて感じている。 少なくとも船の上で船員でいる限りは、突然海に放り出されても、泳ぐことはできないと考えます。

今のうちにからでも、泳ぎ方をマスターしていても、損ではありません。

参照画像 【Moon And Ship
参照画像 【Always match your lipstick with your helmet

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい