【ダイエットしないで痩せる方法】 自然な細身体質でいられる 11 の食べ方と 3 つの基本姿勢

[`buzzurl` not found]
Pocket

 212254555896566200120

 

細身体質の人は、なぜ細身な体形を維持できるのか

肥満の問題を抱えた人々に共通するのが、お腹がすくから食べているのではないことです。

細身体質の人は、お腹がすくと何かを食べますが、自分がまさに食べたい物を食べますが、体に充分に食べ物を取り入れたら、残してでも食べるのをやめます。

太り過ぎの人は食べることにとても忙しいので、めったに空腹状態になりません。彼らは食べ物を使って、空腹以外のあらゆる渇望 ( 感情的・知的・性的 ) を満足させます。

何に対して渇望感があると、それは食べ物に対する渇望だと習慣的に思い込んでいるのです。問題は、食べ物ではこういった渇望感を絶対に満足させられないことです。

さらに詳しい内容を知りたい方は 【  ダイエットしないで痩せる方法 】 参照されたし。

スポンサーリンク

細身体質の人の食べ方

細身体質の人は自分でどのように体型を維持しているのか知らない人が多い。ここがポイントであり、細身体質は自然な状態なのです。ダイエットに依存するようになると、すべてを複雑に考えてしまい、次から次に出てくるテニックばかりを追いかけるようになります。ダイエットすることは、体の自然の状態に逆らうことなのです。

太り過ぎの人達は、年間 300 億ドル ( 米国市場 ) 規模のダイエット産業が作り上げた神話と物差しによって一大娯楽に絡め取られている状態と言えます。

自然な細身体質でいられる 11 の食べ方

 1. 体の要求に従う
 2. 食べ物を自分へのご褒美にしない
 3. グレージングしない
 4. 禁止の食べ物がない
 5. 耳を傾ける
 6. 病気のときは体に尋ねる
 7. 空腹感は快適
 8. みんなの前で食べる
 9. 心配事があるときは少食になる
10. 食べ物は食べ物に過ぎない
11. 幸福感を得られる何かをする

著者は、細身体質の人になるための基本的な考えを発見したという。以下これらを知っておくと、自分を細身体質に変えやすくなるという。順にみていこう。

1. 体の要求に従う

212255621200012556366211

 

細身体質の人は、野生の動物と同じで、そのときそのときの体の本能に従います。自然に逆らっているのは、ダイエットに励んできた人です。

2. 食べ物を自分へのご褒美にしない

細身体質の人は、食べ物を絶対にご褒美として使いません。自分へのご褒美は、他のことに使われます。

また食べ物を自分や他人に対する罰などの目的にも使いません。

3. グレージングしない

細身体質の人は「グレージング」しません。食べる時はいつも、何を食べるかが頭の中で決まっているからです。

また「今しかチャンスが無いから」という食べ方をしません。食べ物はいつでも手に入ることを知っているのです。

4. 禁止の食べ物がない

細身体質の人は、ダイエットしませんから、何かの食べ物を自分で禁じるとか、食べるのを制限するということがありません。太り過ぎの人は「空腹ではない」ときでも、これを逃したらチャンスはないと考えて食べてしまいますが、この話は、細身体質の人がなぜ食べ過ぎないのかを教えてくれます。

太り過ぎの人達のこの行為を、著者は「意識を集中した過食」(食べ物を心底味わい、それから得られる喜びしか考えないこと)と呼んでいます。

5. 耳を傾ける

細身体質の人は、体が自分に何を食べるように命じているかに耳を傾け、それに従います。食べ物の栄養価を気にし過ぎる人にはほとんどお目にかかりません。

彼らは体の本能を信頼し、ばかげたように思えるときでもそれに従います。

6. 病気のときは体に尋ねる

細身体質の人は、病気にかかった私の体は、いまなにが食べたいか、それとも休息したいかと自分に尋ねてみるだけでしょう。

7. 空腹感は快適

細身体質の人は、「少しお腹がすいているな」という感じを楽しむ人もいます。

8. みんなの前で食べる

細身体質の人は、隠れて物を食べたりしません。レストランにいたり、みんなと一緒にいたりするときの方が多いかもしれません。

彼らがどっかり腰を落ち着けて大量の食事を平らげるのを見ると、どうしてあんなに食べてスリムでいられるのだろうと、太り過ぎの人はつくづく不思議に思います。

その答えは、1人で過ごす明日はあまり食べないかもしれないということです。こうしてバランスをとっているのです。

9. 心配事があるときは少食になる

細身体質の人は、心配事がある時は、過食よりも少食になる傾向があります。自分の感情や問題を食べ物で覆い隠すためにドカ食いする、という癖が理解できません。

それらの症状に陥った場合、普段よりも睡眠時間をたくさん取ったり、対策を全部書き出してじっくり検討したり、映画や書籍などを観たり読んだりしたり、心配ごとがあるときは、食べ物は心からもっとも遠いところにあります。

10. 食べ物は食べ物に過ぎない

細身体質の人は、食べ物に特に意識しない存在であり、体を動かす燃料に過ぎません。また食べるという行為も、呼吸と同じような自然で必要な行為なのです。

ダイエットに依存している人は、カロリーを気にしますが、なぜそんなことを気にするのか細身体質の人には、不可解に見えます。

11. 幸福感を得られる何かをする

細身体質の人は、自分の食べたいものを食べますが、幸福感を得る為に物を食べる事はありません。楽しさや幸福感を得たいときには、それを与えてくれる何かをします。

青春の泉を探し出そう 3 つの基本姿勢

212255621200012556366210

 

細身体質の人は、以下の 3 つの基本が導き出せます。細身体質の人の心理状態に近づくことが、体重を維持しダイエットとは無縁の生活を送るうえで大事な要素となります。

1. 細身体質の人らしい食べ方をしよう

細身体質の人らしい食べ方をマスターし、それに従ってください。

ダイエットに依存する考え方を改めない限り、あなたの状況は以前よりちっとも良くなりません。

2. 細身体質の人らしく考えよう

細身体質の人らしい考え方、感じ方、行動の仕方を練習しましょう。

初めはぎこちないかもしれませんが、当分の間、とにかく細身体質の人に考えを受け入れてみましょう。

3. 細身体質の人らしく生きよう

ますするべきことの1つは、自己像を変えることです。あなたの中にいる細身体質の分身が、安心して姿を現せるような環境を作ってください。

チャンスがあるたびに、細身体質の人らしく行動するのです。ダイエットに依存する気持ちを捨ててください。そうすれば、あなたらしい本当の体になり、細身体質の人らしい生き方が身に付くでしょう。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい