【読書ポイント】抜擢される人の人脈力:早回しで成長する人のセオリー

[`buzzurl` not found]
Pocket

2548989656320

 

【抜擢される人の人脈力】早回しで成長する人のセオリー

人脈スパイラル・モデル 5つの行動ステップ

① 自分にタグをつける:何屋かはっきりさせる
② コンテンツをつくる:こいつはと思わせる
③ 仲間を広げる:試し切磋琢磨して次の共創する
④ 自分情報を流通させる:思い出してもらうために種を蒔く
⑤ チャンスを積極的に取りに行く:実力以上の事に挑戦

上位の人脈レイヤーへ浮上することのこと。

スポンサーリンク

自分にタグをつける:何屋かはっきりさせる

  •  将来、どんな仕事をしたいか
  •  今自分のできることは、どんなことか
  •  それは相手にとってどんなメリットがもたらすか

● キラリと光るユニークなキャッチフレーズ
● 購買支援の発想、自分のタグと相手の大義名分をうまく合致
● 自らの貢献を周囲に過不足なくアピール、タグのリマインド効果
● 異業種交流会などの他流試合で、タグを検証、テストマーケする

コンテンツをつくる:こいつはと思わせる

● やりたいことに固辞しすぎず、相手の望むことに取り組んで、コンテンツの基礎となる実績をつくる
● 実力=能力×実績×意欲
● 心肺機能を発達させる。① 脳に汗をかく ② 修羅場を経験 ③ 自分の名前で仕事する 
● 今やっている仕事が好きか、この社長や上司なら、ついていけるか、一緒に仕事しているこの仲間なら、困難にも立ち向かえるといずれかに当てはまるかどうか。

仲間を広げる:試し切磋琢磨して次の共創する

① タグやコンテンツを試せる
② 切磋琢磨することで成長
③ 活躍の機会
④ 共有することで機会の複利効果

● 勉強会は仲間を広げ、コミュニケーション能力を高める絶好のチャンス
● 勉強会開催ポイント

幹事を引き受ける
8名程度のクローズドな会合
自分と異なる”脳”を持ち、”共創”できるメンバーを人選
“貢献せよ、さもなくば去れ”のポリシーを浸透させる

● むやみに新しい知り合いを増やすより、昔の職場の先輩・同僚など”すでに知っている人”と頻繁に会う方が、効率的に仲間を広げることができる。

自分情報を流通させる:思い出してもらうために種を蒔く

● 口コミは、誰かに紹介してもらう時の知人からの推薦=リファとしての効果が高い
● 口コミを起こす手順

① 目の前の相手に自分とのディスカッションや会話を楽しんでもらう工夫、努力する
② 多くても3~4人の少人数で会い、お互いに”お土産感のある話”ができる環境を作る
③ 双方にメリットのある”上品な打算”をベースにしたお付き合いをすることが重要

● ブログは、手軽により多くの人を対象に、自分の存在をリマインドできる。
● ブログは、自分が何者かを示すレジェメ代わりに使える
● ブログは、テストマーケの場として活用できる

チャンスを積極的に取りに行く:実力以上の事に挑戦

● 今までやれそうになかった仕事やこれまで会いそうにもなかった人にアクセスできるチャンスに恵まれたときが、上昇気流が吹いている人脈モテ期のサイン
● 上昇気流に乗ったら、チャンスをくれた相手に身を任せてとくかく舞台に上がる
● 舞台に上がった後は、そこで役割に徹して最後までやり抜かないと、次なるチャンスは巡ってこない
● 上昇気流に乗ることで、さらに一段レイヤーが上の人脈が広がっていく

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい