【投資の意思決定】あなたがお金と時間を失う前に覚えておきたい 10 の 投資の決断思考

[`buzzurl` not found]
Pocket

2144458755969963203320

 

投資の哲学を考える 3 つの視点

投資の哲学とは、純粋な知性に基づくものではなく、むしろ人間の気質を織り込んだものである。

実際、優れた気質は常に高いIQに勝る。しっかりとした哲学の土台を築くことができれば、あとは学習と練習を繰り返し、集中と忍耐をもって経験を積むのみである。

そこで、投資の哲学には共通する 3 つの原則がある。また下記にいくつかの事例を上げ、10の記事を取り上げてみた。併せて確認して頂きたい。

スポンサーリンク

① 意思決定に焦点を合わせる

投資や競馬その他ギャンブルのように確率の問題ある分野では目先の結果に一喜一憂するのではなく、意思決定の過程に焦点を合わせるほうがよい。

結果がはっきり目に見えるのに対して、過程は目に見えにくいため、これは「言うは易し行うは難し」であるが、こうした一連の原則に従うことこそが長期的な成功への近道となる。

② 長期的視点を磨く

長期的な視点で判断することである。世の中にはあまりにも多くの不確実な要素が存在するので、短期的な視点では、ある結果が生じる可能性を正しく判断することができない。

また、かなり時間が過ぎてから投資プロセスが間違っていたことが判明したとしても、もはや正しい結果を取り戻すことはほとんど不可能である。

確固たる投資哲学に基づいた原則に従うことが、なおさら重要になる。

③ 心理的バイアスを認める

確率的なアプローチを身につけることである。

心理学は、人間の意思決定に関するメンタルなシステムには、確率的に考えると不合理な欠陥が備わっていることを教えてくれる。

私達は、現実には存在しないパターンを信じることがある。また結果がどのくらいの可能性で起きているかという事実を忘れてしまうこともある。

また、他人の結果からもたらされる情報に左右されて、物事の可能性を判断しがちである。

投資は意思決定の技術が問われる最適な場所

【投資の心理学:群衆の声】あなたが損失を出す前に覚えておきたい 3 つの群衆の心理と知恵の使い方
【投資の心理学】損失を出す前に覚えておきたい企業の3つのパターン と 注意を払うべき 3 つの意思決定のルール
【投資の心理学】あなたが確率が絡む分野で長期的に成功する 4 つの共通点
【投資の心理学】損失を出す前に覚えておきたい4つの勝者の戦略と持続可能な成長を促す5つの意思決定のルール
【投資の心理学】損失を出す前に覚えておきたい欲望と恐怖のマーケットでの影響力と10の心理的性向とバイアス
【M&Aと市場参入:経営者の意思決定】自己中心的な行動や自信過剰に陥らないための7つの提言
【賢者の視点_オークション理論】情報を活用しオークションで勝ちを創り出すための3つの心得と最適戦略
【バブルの歴史】神風資本主義_熱狂と崩壊 遅れた者は悪魔の餌食 群衆に観られる 5つの視点
【実践知視点の重要性】老舗の倒産リスクを見極める10の法則 :中小企業のケースとソニー資生堂の姿勢について

【参照書籍】 投資を様々な視点から見た考察。投資をする前に読んでおいて損はありません。

まとめ

まとめ記事 【投資の意思決定】あなたがお金と時間を失う前に覚えておきたい 10 の 投資の決断思考

昨今、インセンティブというものの存在が、投資の哲学の重要性を希薄化させてしまったという悲しい現実を指摘している。もともと志が高く、勤勉なファンドマネージャーでさえ、投資家に高い利回りをもたらすことによりも運用資産を増やすことを優先するようになった。 そして、自分の報酬のみを増やすことを目的化している機関も多くなってきている。

こうした人々をみて”本当に優れた投資哲学に基づいて、資産を運用しているだろうか”と 投資家を目指すまたは、すでに投資家の方々には、自問してみてほしい。おかしいと思ったら、投資の哲学について真剣に考え、より優れた哲学に従って自分の資産の運用し多く増やしていただきたい。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい