【神話と寓話】 頑張る木こり

[`buzzurl` not found]
Pocket

2587548210

 

スポンサーリンク

昔々、一人の木こりが材木屋に仕事を探しにいった。

給金はよく、仕事の条件もさらによかったので、木こりはそこでしっかり役に立とうと決心した。 最初の日、親方のところへ挨拶に向かうと、親方は斧を一本手渡して森の一角を割り当てた。

男はやる気満々で森に向かい、その日一日で18本の木を切り倒したのだった。 「よくやったな」親方は言った。「この調子で頼むぞ」 翌朝は誰よりも早く起きて森に向かった。

ところがその日は努力も虚しく15本が精一杯だった。 「疲れているに違いない」そう考えた木こりはその日、日暮れとともに寝ることにした。

夜明けがくると、18本の記録を超えてやるぞ、と心に決めて床を出た。 ところが18本どころかその半分も切り倒せなかった。 次の日は7本、そのまた次の日は5本、そして最後には夕方になっても2本目の木と格闘していた。

何と言われるだろうとびくびくしながらも、木こりは親方に正直に報告して、これでも力のかぎりやっているのです、と誓った。

親方は彼にこう尋ねた。「最後に斧を研いだのはいつだ?」

「斧を研ぐ?研いでいる時間はありませんでした。木を切るのに精一杯です」

参照文献 【寓話セラピー_目からウロコの51話:ホルヘ・ブカイ】
参照文献 【大失敗!―成功企業が陥った戦略ミステイクの教訓
参照文献 【ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから (アスキー新書)
関連文献 【世界中から集めた深い知恵の話100
関連文献 【カモメになったペンギン
関連文献 【あのブランドの失敗に学べ!

DeSwitch Twitter