【健康・ダイエットの落とし穴】 肺がんの陰で急増するタバコ病 と 禁煙としても肺がんリスクは 30 年以上継続

[`buzzurl` not found]
Pocket

 212225458878545210002

 

COPD:慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり死よりも恐ろしい病気として知られている。

様々な有毒なガスや微粒子の吸入、特に喫煙(受動喫煙を含む)がきっかけになり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。

多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。WHOの試算では、2005年に世界中で年間300万人がCOPDにより命を落とし、死亡原因の第4位を占めているが、今後10年間でさらに30%増加すると予測している。

日本では厚生労働省の統計によると、2005年に14,416人(全死亡数の1.3%)が COPDにより死亡し、死亡原因の10位、男性に限ると7位を占めている。

スポンサーリンク

COPDとは、タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患である。呼吸機能検査で正常に復すことのない気流閉塞を示す。

気流閉塞は末梢気道病変と気腫性病変が様々な割合で複合的に作用することにより起こり、進行性である。臨床的には徐々に生じる体動時の呼吸困難や慢性の咳、痰を特徴とする。

参照記事 【 慢性閉塞性肺疾患:COPD 】

一番の予防方法は禁煙

ポイント

① 1.に禁煙、2.に禁煙、COPDの予防はとにかく禁煙
② 呼吸困難から呼吸不全へ「陸で溺れる」症状が出れば死へのカウントダウン

陸で溺れる苦しみ

212225458878545210000

 

肺がんは愛煙家の病気だと思われているが、実は日本人の肺がんの約 6 割を占めるのは、タバコを吸わない人がかかりやすい肺腺がん。一方、COPDの患者の 9 割が喫煙経験者だから、これはまさにタバコ病である。

COPD患者の多くは40歳以降に発症し、咳やたん、息切れなどがゆっくりと悪化するので、年齢のせいだと考えやすい。人によっては、喘息のようなヒューヒューゼイゼイという呼吸が、階段を上る時や服を脱ぐときなど、動作中におこる。

そのまま治療を受けずに喫煙を続けると、呼吸困難から呼吸不全へと進み「陸で溺れる」苦しみにあえぎ、酸素ボンベが手放せなくなることもある。悪化してからの治療は難しく、最悪の場合は酸欠などの症状が全身に及び、死に至る。

肺は一度壊れると元に戻らないのでCOPDは長い間「治療法がない」とされてきたが、最近は薬物療法や運動療法によるリハビリテーションが出てきたが、予防法はとくかく「禁煙」であることには間違いない。

またさらに詳しい内容を知りたい方は 【  日本人だけ騙される「健康・ダイエット」の落とし穴 (別冊宝島1622) 】 参照されたし。

Lung cancer : 肺癌

肺癌(Lung cancer)とは肺に発生する、上皮細胞由来の悪性腫瘍。90%以上が気管支原性癌、つまり気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌である。

肺癌は世界的に最も致死的ながんであるが、その理由の1つは、多くの場合発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができないことであり、早期に発見された場合は手術か放射線治療でその多くを治癒することができる。

WHOの試算では、肺癌による死亡者数は全がん死の17%を占め最も多く、世界中で年間130万人ほどがこの疾患で死亡している。日本では2005年の統計で、全がん死の19%を占め、男性では全がん死の中で最も多く、女性では大腸癌(結腸がんおよび直腸がん)・胃癌に次いで3番目を占めている。

西側諸国では、肺癌は癌患者数の第二位に位置し、男性でも女性でもがん死のトップである。西側諸国では男性の肺癌死亡率は低下傾向であるが、女性の喫煙者グループの増大とともに肺癌死も増加している。

参照記事 【 肺癌:Lung cancer 】

男性ではがんの中で死亡率 1 位

212225458878545210001

 

ポイント

① 喫煙年齢が早いほど、肺がんなどで死亡する割合が高い
② 30歳で禁煙しても60歳まで肺がんリスクが残る

肺がんの罹患率、死亡率はともに 40 歳代後半から増え始め、高齢になるほど高くなる。罹患率、死亡率は男性のほうが女性より圧倒的に高く、3~4倍に上る。

肺がんのリスクは 30 年以上継続

禁煙によって肺がんリスクはどの程度抑えられたか。米国で看護師健康調査 (NHS) に参加した 10 万人以上の女性を喫煙者と禁煙者、非喫煙者に分け、22 年間追跡調査し、種々の死亡リスクを比較検討した結果を見ると、喫煙者が禁煙しても、肺がんリスクは30年間消失しなかったことが明らかになった。

また喫煙年齢が早ければ早いほど、肺がん死などの死亡リスクが明らかに上昇することが確認された。米国の調査とはいえ、30歳で禁煙しても、60歳までは喫煙よる肺がん死の危険性が残っているといえる。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい