【 影響力とその効果:社会的実験 】 あなたも利用されているかもしれない 商売や交渉の現場で応用されている心理的実験とその効果 実験映像集

[`buzzurl` not found]
Pocket

スポンサーリンク

マショマロ実験 : 社会的影響力への実験映像

 

マシュマロ実験

マシマシュマロ実験、またはマシュマロ・テストとは、子ども時代の自制心と、将来の社会的成果の関連性を調査した著名な実験。スタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェルが1972年に実施した。

ウォルター・ミシェルはこの実験から、幼児期においてはIQより、自制心の強さのほうが将来のSATの点数にはるかに大きく影響すると結論した。

コースの定理 : 社会的影響力への実験映像

 

コースの定理

企業の生産活動から発生した公害が周辺住民に被害を与えている状況を考える。このとき取引コストがないなどの理想的条件の下では企業と住民の交渉によって外部不経済による過剰生産を避けることができ、少なくとも社会全体としては同じ水準の社会的余剰が達成される。

これをコースの定理という。 負の外部性:他の経済主体にとって不利に働く場合の外部性。技術的外部不経済の例として公害がある。

通常効用を低める財(ごみなどが例)については財を供給する側が対価を払わなければならないが、大気汚染などの公害は対価を払うことなしに供給することができる。通例、このような財の生産は過剰となる。

ミルグラム実験 : 社会的影響力への実験映像

 

ミルグラム実験

ミルグラム実験とは、閉鎖的な環境下における、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。 俗称としてアイヒマン実験(アイヒマンテスト)とも呼ばれ、またこの実験の結果示された現象をミルグラム効果とも呼ぶ。

囚人のジレンマ : 社会的影響力への実験映像

 

囚人のジレンマ

囚人のジレンマはゲーム理論や経済学における重要概念の一つで、全員で協調すれば皆に取ってよい結果になる事がわかっているにも関わらず、皆が自身の利益を優先している状況下では互いに裏切りあって逆に損をしてしまうというジレンマをさす。

同種のジレンマは経済現象でも頻繁に見られるため(値下げ競争、環境保護など)、このジレンマはゲーム理論における重要な研究対象とされた。

ナッシュ均衡 : 社会的影響力への実験映像

 

ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は、ゲーム理論における非協力ゲームの解の一種であり、いくつかの解の概念の中で最も基本的な概念である。ナッシュ均衡は、他のプレーヤーの戦略を所与とした場合、どのプレーヤーも自分の戦略を変更することによってより高い利得を得ることができない戦略の組み合わせである。

ナッシュ均衡の下では、どのプレーヤーも戦略を変更する誘因を持たない。ナッシュ均衡は必ずしもパレート効率的ではない。その代表例が囚人のジレンマである。

傍観者効果 : 社会的影響力への実験映像

 

傍観者効果

傍観者効果とは、社会心理学の用語であり、集団心理の一つ。ある事件に対して、自分以外に傍観者がいる時に率先して行動を起こさない心理である。

傍観者が多いほど、その効果は高い。実験により、「都会人の心が冷淡だから」誰も助けなかったのではなく、「多くの人が見ていたために」誰も助けなかったことがわかった。

この傍観者効果によって助けなかった人間を非難するのではなく、傍観者効果が発動してしまわないような社会システムを作ることが重要になってくる。

認知的不協和 : 社会的影響力への実験映像

 

認知的不協和

認知的不協和は、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。

人はこれを解消するために、自身の態度や行動を変更すると考えられている。有名な例として、イソップ物語のキツネとすっぱい葡萄の逸話が知られる。

スポンサーリンク

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい