【トップの迷走:決断できない人々】 終戦:”なぜ早く決められなかったのか”が少しだけ面白かった

[`buzzurl` not found]
Pocket

25698996930

 

終戦:なぜ早く決められなかったのか

敗戦から67年を迎える太平洋戦争。その犠牲者が急激に増加したのは、戦争末期だった。勝敗はとっくに決していたにもかかわらず、なぜもっと早く戦争を終えることができなかったのか。

当時の日本の国家指導者の行動や判断には、多くの謎や不可解な点が残されている。今回NHKは研究者の共同調査で、戦争末期の日本の終戦工作を伝える大量の未公開資料を、英国の公文書館などから発見した。

それらによると、日本はソ連の対日参戦を早い時期から察知しながらソ連に接近していたこと。また、強硬に戦争継続を訴えていた軍が、内心では米軍との本土決戦能力を不十分と認識し、戦争の早期終結の道を探ろうとしていたことがわかってきた。

1日でも早く戦いを終える素地は充分に出そろっていながら、そのチャンスは活かされていなかったのである。番組では、戦後に収録されながら内容が公開されてこなかった当事者らの肉声証言なども検証し、重要な情報が誰から誰に伝えられ、誰には伝えられなかったのかを徹底分析。

国家存亡の危機を前にしながらも、自己の権限の中に逃避し、決定責任を回避しあっていた指導者の実態を浮かび上がらせる。国家的な岐路における重要な決定をめぐる課題について、識者討論なども交えて考えいく。

スポンサーリンク

【雑感】

この前再放送されていたのをさっき録画で観た。 なかなか面白かった。 あまりTVは観ないのですが、リーダー達の決断と意思決定にフォーカスした、NHKもなかなかやりますね。

当時の国家組織では、縦割りで情報共有しない破滅的な組織体系でしたが、最高戦争指導会議の構成員であるトップ6人は、縦割りを無くし垣根を越えて (結局は失敗) 和平に向けて合議を行うシナリオは、意思決定で迷走し、決断を先延ばしにする日本人特有の体質が裏目に出ているところが非常に興味深い。

戦犯と言われるトップは自らの面子と保身のため”敗戦”の言葉を選ばず”終戦”という全体の合意で逃げ、多くの場面で決断が出来るところを逃し、多くの国民を見殺しにしたことになる。

会議シーンが多いが、滅ぶ前 (企業にもあてはまる) の異様に長い会議で先延ばし(そんなことをしてもリスクを取らない限り決まらない) などで考えるところなど、68年たっても日本人の気質は基本的には変わっていないなぁと思いながら観ていた。

文化庁芸術祭 テレビ・ドキュメンタリー部門 優秀賞の作品だそうですが、これと同時に領有先の軍部と企業の腐敗とか破滅的な人事体系などをもっと掘り下げ、組織利権で決定できないところをシリーズにわけてフォーカスすれば、さらに面白かったと思います。( すでにそういう企画で放送しているみたいですね )

これも読んだが非常に面白かった。

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい