【 Eiji Yoshikawa 吉川 英治 】 きびしい毎日と人生における逆境のときに心に染みる名言

[`buzzurl` not found]
Pocket

Eiji Yoshikawa 吉川 英治

 

スポンサーリンク

吉川 英治

吉川 英治(よしかわ えいじ、1892年(明治25年)8月11日 – 1962年(昭和37年)9月7日)は、日本の小説家。本名、英次(ひでつぐ)。神奈川県生まれ。様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年(昭和10年)より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆。幅広い読者層を獲得し、「国民文学作家」といわれる。

愚者は経験から学び 賢者は歴史から学ぶ

● この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。

この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。

それはお辞儀とあいさつである。

● 会う人、出会うもの、すべて我が師なり。

● 行き詰まりは、展開の一歩である。

● 上手な相づちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。

● いいじゃないか、5年道草をくったら、5年遅く生まれて来たと思うのだ。

● 無心さ、純粋さ、素直さなどは人の心を打つ。その力は、こざかしい知恵をはるかに凌駕する。

● 登山の目標は山頂と決まっている。しかし人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。

● 百計も尽きたときに、苦悩の果てが一計を生む。人生、いつの場合も同じである。

● 「もう駄目」と それをふと自分の心に出した時が、人生の難関はいつもそこが最後となる。

● 晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。

● 勝つは負ける日の初め、負けるはやがて勝つ日の初め。

● 逆境を転じて、その逆境をさえ、前進の一歩に加えて行く。

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい