【 Eiichi Shibusawa:渋沢栄一 】 起業家精神を育て「論語と算盤」と現代の経営における名言

[`buzzurl` not found]
Pocket

Eiichi Shibusawa:渋沢栄一

 

スポンサーリンク

渋沢栄一

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) – 1931年(昭和6年)11月11日)は、幕末から大正初期に活躍した日本武士幕臣)、官僚実業家第一国立銀行東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる。理化学研究所の創設者でもある。

維新時代に花開いた起業家精神とは

● 数字算出の確固たる見通しと、裏づけのない事業は必ず失敗する。

● お金をたくさん集めて、たくさん使うことで社会を活発にし、経済の発展を促すのがよい。お金持ちはよく集めると同時に、よく使わなければならない。

● 親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。

● 信用は暖簾や見た目から得られるものではなく、確固たる信念から生まれる。

● 成功には嫉妬が伴い、成功者の多くは老獪(ろうかい)と目されやすい。地位と名誉には、それぞれ付随する慎みがあることを忘れてはならぬ。

● 真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのがよい。

● 夢なき者は理想なし 理想なき者は信念なし 信念なき者は計画なし 計画なき者は実行なし 実行なき者は成果なし 成果なき者は幸福なし ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

● 立志の当初最も慎重に意を用うるの必要がある、その工夫としてはまず自己の頭脳を冷静にし、しかる後自分の長所とするところ、短所とするところを 精細に比較考察し、その最も長ずる所に向かって志を定めるがよい、またそれと同時に、自分の境遇がその志を遂ぐることを許すや否やを深く考慮することも必 要である。

● どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して耐えなければならない。

● たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。

● 道は誰でも行うことができる。人はみな道を行うだけの力がある。ただその道と力との大きさに差があるだけである。

● もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。

● 世の人が元気をなくしており、社会の発展が停滞している。いままでの仕事を守って間違いなくするよりも、さらに大きな計画をして発展させ、世界と競争するのがよいのだ。

● 死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、生きている時の行動が大事なのだ。

● 上手くいっている人は、その人自らそのような境遇を作り出している。

● 長所を発揮するように努力すれば、短所は自然に消滅する。

● ただそれを知っただけでは上手くいかない。好きになればその道に向かって進む。もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。

● 自分からこうしたいと気を奮い立たすことで、ほとんどのことは実現することができる。

● 世の中のこと全て心の持ちよう一つでどうにでもなる。

スポンサーリンク

【関連リンク】

渋沢栄一の名言 格言
渋沢栄一名言BOT
渋沢栄一の発言・格言・名言集【日本資本主義の父】

DeSwitch Twitter