【 成果が出る 拡散読書法 】 いいとこどり効率学習法 高いスキルを磨くための差別化戦略 4 つのヒント

[`buzzurl` not found]
Pocket

212554545458699656210

 

いいとこどり 「拡散読書法」

拡散読書法とは、より高次なスキルを習得するための方法のひとつであり、その過程で学習対象として選ぶのは、一見自分の極めたい分野ではない直接には関係なさそうな分野を学習する。

その際、日常の仕事の中でアウトプットを求められたときに、必要としている課題解決の分野を集中的に学ぶのが効率的だ。

自分の問題点克服の為に「ここだ」と思った分野だけを、深く理解し、いいところだけ吸収するのが重要である。

詳しい内容を知りたい方は 【 [図解]なぜか仕事ができる人の「成長のルール」  】を参照されたし。

スポンサーリンク

読書の際は必ず主体性を持つ

なんのために読むのかという目的がはっきりしていて、主体性のある読書をしていると、書き手の思想に飲み込まれるというリスクが減ります。

あくまでも、読み方は冷静に、こちらの主体性を失ってはならないと著者は指摘しています。

さらに重要なのは、考えなければいけないテーマへの回答に、新しい切り口を提示してくれる可能性のある分野であれば、ビジネス・経営学関係を大きく逸脱する分野まで、興味の対象を広げて本を探すことが大事です。

オンリーワンを目指すために差別化を図る意味でも、一見遠回りでも、あえて人気のない分野を選び、自分の好きな傾向の書籍を探す戦略も重要です。

必要なところだけを狙っていいとこどり

差別化を目指し、拡散を加速させるときに、戦略的に読書する本を選んで取り組めば、読書は強力な武器になるという。その際における 4 つのヒントは以下になります。

1. テーマの設定・戦略を立てる

アウトプット・テーマを設定し、アウトプットを出すために必要と思われる書籍を選ぶ。

読書の為の読書はしない。

2. 現在人気は無いが未来にニーズがありそうな分野を狙う

まだ一般のビジネス・パーソンが押し寄せていない分野を戦略的に選ぶ。

分野単独では人気は無いが、いくつかの分野を組み合わせれば決定的になる複眼思考を取り入れて効果的に狙う。

3. 歴史を読み本質を理解し現在の課題に活かす

歴史や古典に注目するようにする。幾多の先人の選択眼を潜り抜けて生き残ってきた、優れた歴史書や古典書にたどり着くケースをリストアップし、集中的に読む。

現場においての応用は、対人間関係や紛争処理や課題解決系で、先人たちの知恵を借りることを意識する。

4. 好きを追求し他の分野と時流に複合して差別化

本屋など人気のないコーナーに行き、自分の好きな分野でかつ好きな傾向の書籍を探すことで、差別化研究を義務づける。

大衆化された知では学べない創造性あるスキルを身に付ける

212554545458699656209

 

こうした拡散の活動が、ある時点で収束して、差別化研究テーマとして結実する。

本格的にアウトプット志向型の読書を深めていきます。

常にこの読書法を実践することで、大衆化した知では学べない、創造性のあるスキルを身に付けていただき、差別化を目指して頂きたい。

スポンサーリンク

参照画像 【Top 5 nutrition books】
参照画像 【RELAX WITH THESE STRESS-LESS TIPS】

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい