【Decision Video】意思決定と行動に関連する映像 4

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

Savant Syndrome

サヴァン症候群

サヴァン症候群とは、知的障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、優れた能力を発揮する者の症状を指す。原因も諸説があり、特定には至っていない。実際、症例により、各々メカニズムがことなり、同じ症例は二つとないという考えもある。の器質因にその原因を求める論が有力だが、自閉性障害のある者が持つ特異な認知をその原因に求める説もある。コミュニケーション障害・自閉性障害のある者の全てがこのような能力を持っているわけではない。自閉症と同様、男女比は男性が女性の数倍である。広義には、障害にもかかわらずある分野で他の分野より優れた(健常者と比較して並外れているわけではない)能力を持つ人も含めることもある。

Experimental Psychology – Change Blindness

変化盲】 【選択盲

意思決定において、意図と結果の違いを検出できない現象は「選択盲」と呼ばれる似た現象に、途中で変化に気がつかない「変化盲」がある。視覚刺激の変化が観察者によって見過ごされて行くときに発生する心理的な現象である。 例えば、個人が一つの変更を除いて同一である2つのイメージの違いに気づかず間違えることである。 施設の受付でチェックインをした被験者は、カウンターで名簿に記入するように要求される。記入中いくつかのやり取りをしている受付が被験者に気が付かれないように入れ替わり、何事もなかったかのように対応する。被験者は、まさか受付が入れ替わったとは思わずまったく気が付かない。このことから人間の視覚は実に曖昧であることが分かる。

Santam – Ben Kingsley “Sir Sneaky” – Vicci Turpin DOP

変化盲】 【選択盲

意思決定において、意図と結果の違いを検出できない現象は「選択盲」と呼ばれる似た現象に、途中で変化に気がつかない「変化盲」がある。同じく変化盲(変化の見落とし)。有名な南アフリカの大手保険会社「Santam」のCMである。視覚刺激の変化が観察者によって見過ごされて行くときに発生する心理的な現象である。

SELF RECOGNITION

自己認識

意識それ自体への人間の理解がなお貧弱であるのと同じくらい、自己認識への理解もまた貧弱である。自分を分析する能力は、心理学者の間では、中期幼年期まで開発されず、恐らく動物の中でもほんの少数のにしかないと、広く信じられている。自意識を有するや否やを調べるテストは以下の様なものである。対象の額に鮮やかなドットを塗り、次に、鏡の前に対象を置く。対象が自分の額からドットをとろうと手を伸ばした場合、対象は自己認識によって自分の存在をはっきり理解しているといえる。

Harlow’s Studies on Dependency in Monkeys

【ハーロウの赤毛猿の実験】

ハーロウ(Harlow,1958)の実験によると、生後間もない赤毛猿を母猿から引き離し、代理母として、金網製の人形と、毛布でできた人形のふたつを置いて、どちらかに哺乳瓶をつけられるようにして育てた。その結果どちらから授乳を受けるかに関係なく、子猿はミルクを飲むとき以外、毛布の母親にしがみついてすごし、時にはそれを拠点としてさまざまな探索行動をとった。さらに、子猿に恐怖を与えるような刺激を与えると(たとえば熊のぬいぐるみなど)、毛布の母親に授乳された猿はもちろん、金網の人形に授乳された猿も毛布の母親にしがみついた。もし、毛布の母親がなくて、針金の母親しかなかった場合には、小猿は床にうずくまったり絶望的な声をあげて恐怖反応をしめすだけだった。ハーロウは授乳よりも接触による安心感こそが、母子関係の成立に重要であると述べている。

Nazi German Propaganda – Adolf Hitler – Rare Confiscated Film

プロパガンダ

プロパガンダ は、特定の思想世論意識行動へ誘導する意図を持った宣伝行為である。情報戦心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。1930年代にドイツの政権を握った国家社会主義ドイツ労働者党は、政権を握る前から宣伝を重視し、膨大な量のビラやポスターを貼る手法や、突撃隊の行進などはナチス党が上り調子の政党であると国民に強く印象づけた。ナチス党が政権を握ると、アドルフ・ヒトラーは特にプロパガンダを重視し、ゲッベルスを大臣とする国民啓蒙・宣伝省を設置した。宣伝省は放送出版絵画彫刻映画オリンピックといったあらゆるものをプロパガンダに用い、ナチス党によるドイツとその勢力圏における独裁体制を維持し続けることに貢献した。

narcissistic personality disorder

自己愛性パーソナリティ障害

ありのままの自分を愛せず、自分は優越的で素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害であるとされる。過度に歪んだルールである内的規範が弱いケースであるため、精神病的に扱われる事もある。1968年に明確にされ、歴史的に誇大癖 と呼ばれた。自己中心性に強く関連している。自己愛性パーソナリティ障害の人は、良心に乏しく利己的な人間である。それにもかかわらず「自分は良心的で利他的な振る舞いをしているから、他者から愛されるべき存在でなければならない」と自己評価している場合が多いため、現実とのギャップが受け入れられずにより精神的に不安定になってしまう、というスパイラルに陥る危険性を多分に孕んでいる。

三菱銀行事件 2/2

ストックホルム症候群

人質事件において、人質が犯人に同調した行動をとる心理学的現象。当事件においても、見張り役をやらされた行員が警官の侵入に対し「入るな」や「警官がいます」など、犯人に協力する姿勢を示すということがあった。このような行動は、期待可能性不存在を理由に、犯罪とはされない。 【三菱銀行人質事件】 事件発生から42時間後に立てこもっていた梅川昭美SAT の前身である大阪府警察本部警備部第2機動隊・零(ゼロ)中隊により射殺。梅川は警察官2名、行員2名(うち1名は支店長)の計4名を射殺、女性行員を裸にして盾代わりに並ばせるなどもした。大阪府警察本部は梅川に投降するよう交渉を続けたが、最終的に犯人射殺で解決するに至った。戦後、日本の人質事件が犯人射殺という形で解決した事件は、1970年瀬戸内シージャック事件1977年長崎バスジャック事件とこの事件の3つだけであり、三菱銀行人質事件以降、存在しない。