【Decision Video】意思決定と行動に関連する映像 3

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

Barry Schwartz: The paradox of choice

選択におけるパラドックス

よく見られるパラドックスは、選択肢が増えるほど間違った意思決定をすることが多くなるというものである。その原因の理論付けとしては、分析麻痺や合理的無知といった概念がある。Sheena S. Iyengar や Mark R. Lepper などの研究者がこの現象に関する研究を発表している。このような研究を一般に知らしめた著書として Barry Schwartz の The Paradox of Choice (2004) がある。

CBSステルスマーケティング特集 字幕ver0.1

ステルスマーケティング

ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。ステルスマーケティングの手法としては、 ①自社に関する飲食店の口コミサイトで、否定的な意見を削除して良い意見だけを残す事により、良いイメージを与えるようにする。 ②あたかも客観的な記事を装った広告や、影響力のあるブロガーが報酬を得ていることを明示せずに、第三者的な立場を偽装して、特定の企業や製品について高い評価を行うこと。などがあげられる 。

The Three Laws of Robotics

ロボット工学三原則

ロボット工学三原則とは、SF作家アイザック・アシモフのSF小説において、ロボットが従うべきとして示された原則。ロボット三原則とも言われる。人間への安全性、命令への服従、自己防衛を目的とする3つの原則から成る。ロボット工学三原則は後の作品に影響を与えたのに加え、単なるSFの小道具にとどまらず現実のロボット工学にも影響を与えた。 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

The Hero’s Journey

ヒーローズ・ジャーニー

第一幕:出立・離別_ 1.日常の世界:オーディナリー・ワールド 2.冒険への誘い:コール・トゥ・アドベンチャー 3.冒険への拒絶:リフューザル・オブ・ザ・コール 4.賢者との出会い:ミーティング・ウィズ・ザ・メンター 5.第一関門突破:クロッシング・ザ・ファースト・シュレスホールド 第二幕:試練・通過儀礼_ 6.試練・仲間・敵対者:テスト・アライズ・エナミーズ 7.最も危険な場所への接近:アプローチ・トゥ・ジ・インモウスト・ケイヴ 8.最大の試練:オーディール 9.報酬:リウォード 第三幕:帰還_10.帰路:ザ・ロード・バック  11.復活:リシュアラクション 12.宝を持っての帰還:リターン・ウィズ・ジ・エリクサー

Identifying “The Long Tail” – Chris Anderson

ロングテール

ロングテールとは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えることで、総体としての売上げを大きくするものである。仮に、冪乗則に従う商品の売り上げを、販売数を縦軸に、商品を横軸にして、販売成績の良いものを左側から順に並べると、あまり売れない商品が右側になだらかに長く伸びるグラフが描かれる。左側だけ急峻に高くなっているのは、販売数が大きな商品が全体ではわずかな品目であることを示し、右側が低くなだらかなのは販売数量が低い商品が全体の品目数ではほとんどを占めることを表している。ただし非常に多くの種類を取り扱う必要がある。このグラフの、恐竜尻尾(tail)のような形状から「ロングテール」と呼ばれる。

Richard Nixon 1969 Great Silent Majority

サイレント・マジョリティ

サイレント・マジョリティとは、「物言わぬ多数派」、「静かな多数派」という意味。対義語はノイジー・マイノリティ(「声高な少数派」の意味)とされる。積極的な発言行為をしないが大多数である勢力のこと。1969年アメリカニクソン大統領が演説に用いてからは「発言はしないが現体制を支持している多数派」というニュアンスで用いられるようになった。

AT&T Archives: The Year They Discovered People

ホーソン実験

ホーソン実験とは、シカゴ郊外にあるウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場(Hawthorne Works)において、1924年から1932年まで行われた一連の実験と調査である。この研究の結果、労働者の作業能率は、客観的な職場環境よりも職場における個人の人間関係や目標意識に左右されるのではないか、という仮説が導き出された。また、集団内には「能率の論理」に規定される非公式組織が存在すること、非公式組織における仲間意識や集団内の規範が作業能率に影響を与えることをメイヨーは突き止め、人間関係論を展開した。

id=”watch-headline-title”>The Stanford Prison Experiment

スタンフォード監獄実験

スタンフォード監獄実験とは、アメリカスタンフォード大学で行われた、心理学の実験である。心理学研究史の観点からは、ミルグラム実験のバリエーションとも考えられている。スタンフォード大学心理学部で、心理学者フィリップ・ジンバルドー  の指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われた。模型の刑務所はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、実験期間は2週間の予定だった。 新聞広告などで集めた普通の大学生などの70人から選ばれた被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。

Visual Cliff Experiment

ビジュアル・クリフ実験

ギブソンとウォークは奥行き知覚が生得的なものであるか、乳児に対して行った実験結果が視覚的断崖、ビジュアル・クリフです。強化ガラスで平面でありながら床下が見える部分と通常の床である部分に乳児を乗せると、ガス面の手前でしり込みをして止まることがわかりました。乳児が運動視差などを手がかりに奥行き知覚を生理的に持っていることを示しています。

“I’m Not Responsible For This Plane Crashing!” – Flight Attendant Goes Crazy

感情労働による心的外傷

一般的な頭脳労働に比べ、人間の感情に労働の負荷が大きく作用し、労働が終了した後も達成感や充足感などが得られず、ほぼ連日、精神的な負担、重圧、ストレスを負わなければならないという点に感情労働の特徴がある。非正規雇用の拡大につれて、派遣労働業務委託アルバイトなど多くの非正規労働者が、企業の窓口として顧客へのサポートや謝罪などに従事させられるという不合理、矛盾、弊害が指摘されるようになってきた。 【アメリカン航空の客室乗務員が「墜落する」とアナウンス】 米国ダラスのフォートワース空港で、離陸に向け誘導路を移動中だったアメリカン航空機内で、女性客室乗務員が「この便の安全は保証できない。墜落する」などとわめき散らす出来事がありました。この客室乗務員はインターホンで機長と労使問題などを話していましたが、「わかりました、私の話を聞かないのならもういいです。この飛行機が墜落しても私は知りません」などと述べ、さらに、約15分間にわたり、インターホンで「飛行機のドアを開ける」というような話を怒鳴り散らしたとのことです。「墜落」という言葉を少なくても4回使いました。結局、他の客室乗務員や乗客に取り押さえられました。