【決断力を磨く】 意思決定マネジメント入門講座

[`buzzurl` not found]
Pocket

 

最適な意思決定を目指して

人間は、計画者と実行者という2つの自己を持っている。計画者は将来を重く見て、将来のために現在は我慢しようとする。実行者は現在の楽しみを重視して、苦労は先延ばししようとする。計画は計画者が立てるが、いざ実行の段になると実行者が優勢となる。それゆえ人間はセルフコントロールが困難なのである。 近年の研究によると、人間の脳には短期の報酬にかかわる部位と長期の報酬にかかわる部位が別々に存在するらしい。短期と長期に悩むのは、人間の脳に与えられた宿命かもしれない。

スポンサーリンク

意思決定マネジメント入門講座

賢明な意思決定を行うための7つのステップ

【感情と意思決定】 感情コントロールの重要性と回避・後悔・心的外傷に陥らないための5つの法則
【確率とデータでの意思決定】 ヒューリスティックと確率認知バイアスに陥らないための10の法則
【未来予測と投資の意思決定】 予測バイアス・専門家の過信・偶然性に冷静に対処する為の 9つの提言
【M&Aと市場参入:経営者の意思決定】自己中心的な行動や自信過剰に陥らないための7つの提言
【リーダーシップと意思決定】 戦略的意思決定を行うための「EQとリーダーシップ」のポイント
【成功神話と現実の意思決定】自信過剰・予言・うぬぼれ・神話の罠に陥らない為の3つの視点と5つの要因
【決断力を磨く技術】 意思決定能力を向上に導く10の心得

組織行動のマネジメント入門講座

【組織行動のマネジメント】効果的交渉を妨げる意思決定 7つのバイアス

【 意思決定 】 意思決定はあらゆる状況で行われているが、経営学や軍事学などの諸領域にとって、意思決定とは合理的な選択を行うことが求められる。意思決定の思考方法とは、正しい目標の認識や必要な情報の収集、目標達成のための方策案の考案と比較、最善の方策の選択と実行計画の立案、計画の実施の監督を包括するものである。個人の意思決定から集団の意思決定までに通用するものとして捉えることができる。しかし、厳密な意思決定のモデルについては、後述するように複数のモデルが考えられている。

【行動へ導くためのスキル】 実践するドラッガー

人は一日のうち大小さまざまな意思決定を下します。朝一番で誰に電話をしようか。あの企画書はいつまでに仕上げようか。出社したらパソコンの電源を入れるといった無意識の習慣もありますが、それも最初のうちは意識して行っていたことです。私たちの行動の始まりには、すべて意思決定があります。行動の質は、意思決定の質によって決まります。つまり、成果をあげるか否かは、ひとえに意思決定の質にかかっています。それが「意思決定は特別の扱いを受けるに値する」理由です。意思決定の質を日々高めていくための心構えと手順を身につけましょう。

実践するドラッカー【行動編】

【賢者の決定技術】意思決定と目標設定:各章まとめ

【賢者が学ぶべき意思決定の技術】 より良い未来を創るための意思決定を行うための3つのステップ
【賢者が学ぶべき目標管理の技術】 より良い未来を創るための目標管理を行うための8つのステップ

 ピーター・ドラッガー 】 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker,1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者、またマネジメントのグルの中のグルと呼ばれる。他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。

【Bias Video】 賢明な決断と行動を阻害するバイアスに関連する映像集

自己奉仕バイアス 】 成功を当人の内面的または個人的要因に帰属させ、失敗を制御不能な状況的要因に帰属させること。成功は自分の手柄とするのに失敗の責任を取らない人間の一般的傾向を表している。自己高揚バイアスは、例えば自動車を運転する人の多くは、自分が平均以上にうまい運転をすると思っている。成功または失敗によって生じた賞賛または非難において、バイアスのかかった原因推定のパターンを説明するのに使われることが多いが、自身の失敗について外部要因を戦略的に集めようとする(その後の非難をかわそうとする)ことをセルフ・ハンディキャッピングとも呼ぶ。

選択と自己奉仕バイアス

別の例は、職場でも見受けられる。重大な業務上の災害の被害者は、その原因を外的要因に帰する傾向があるのに対して、その同僚や管理職は被害者自身の行動に帰する傾向がある。① 動機から説明しようとするもので、人々は自尊心を保つため、自身を心地よくするような原因の説明を作成しようとする。② 他人からどう見られているかを制御しようとする戦略から説明するもので、他人は個人の利己的な発言の内容を信じないかもしれないが、それでも人は好意的な印象を与えようとして発言する。記憶の基本的機構から説明しようとする考え方もあり、成功の原因に関する記憶は外的なものよりも内的なものに偏っていると考えられる。

Sheena Iyengar: The art of choosing

 

シーナ・アイエンガー 】 1969年、カナダのトロントで生まれる。両親は、インドのデリーからの移民で、シーク教徒。1972年にアメリカに移住。3歳の時、眼の疾患を診断され、高校にあがるころには全盲になる。家庭では、シーク教徒の厳格なコミュニティが反映され、両親が、着るものから結婚相手まで、すべて宗教や慣習できめてきたのをみてきた。そうした中、アメリカの公立学校で「選択」こそアメリカの力であることを繰り返し教えられることになり、大学に進学してのち、研究テーマにすることを思い立つ。スタンフォード大学で社会心理学の博士号を取得。現在、ニューヨークのコロンビア大学ビジネススクール教授

【賢明な決断や意思決定のバイアスに関する映像】 : 各章まとめ

【Bias VIDEO】意思決定と行動に関連する映像 1
【Bias VIDEO】意思決定と行動に関連する映像 2
【Bias VIDEO】意思決定と行動に関連する映像 3
【Bias VIDEO】意思決定と行動に関連する映像 4

【プロパガンダ:神話と寓話】

【プロパガンダ:神話と寓話】 メディア・バイアスにおける”類似科学”と”フードファディズム”に陥らない5つの処方箋

バイアス 】 調査に起きるさまざまな偏りのこと。有意抽出法では、調査員が「親切そうな人」を対象者に選びやすいとか、郵送調査法では、調査テーマに関心のない人や筆無精の人が脱落しやすい、といったバイアスがある。そのほか、女性の年齢は低めに答えられやすい、借金や商店の売上も少なめに答えられやすい、商品の選択理由としてはデザインや価格よりも品質をあげがちである、といった回答内容についてのバイアスがある。調査実施にあたっては、このようなバイアスの発生を極力抑える必要があることは当然であるが、調査結果の活用においてもバイアスの存在する可能性を考慮しておく必要がある。

スポンサーリンク