【創造的意思決定】あなたができる最適の選択とは何か:時代に求める ビジネスのあり方

[`buzzurl` not found]
Pocket

 255887854521000

 

組織と個人における最適な選択とはなにか、この時代におけるビジネスの意思決定とそのあり方はどのように振舞えばよいのか。そのあたりをどう考えていくのか、様々な文献をベースを通してみていきたいと思う。

なぜモノが売れないのか、なぜモノが買われるのか

なぜモノが買われるのかという問いは、そこに繋がりが持ているかどうかによると言える。

他者と繋がりを求めることで、自分が承認されると思いたいからだ。クルマを買う場合でも、移動手段や輸送手段もさることながら、隣に彼女を乗せたり、自分でカッコいいクルマを自慢したりできる他者との「関係」を買っているのだ。

商品は繋がる為にあると考えると、通信機器の通話料は払うが、消費にお金は使わない嫌消費という若者が出てきたのは、ある意味当然と言える。

クルマや他の高価なモノを買わずとも、直接つながることができるからだ。”SNS”などの流行は、他者とほとんどタダで繋がれる有力なツールであり、他者からの返事が届く喜びが起因していると考えられる。

なぜなら、メールの返事は遅く来ない場合もあり、Blogで何かを書いてもリアクションがない。しかし、FacebookやTwitterであれば、誰かから返信やリツイートが届きやすいからだ。

他者に返事を求めていることの渇望が、”SNS”や”Line”などの繋がる商売が隆盛を誇るのも、ある意味当然と言える。

スポンサーリンク

モノが売れない時代 その 3 つの理由

① 他者へのつながりの過度な偏重

人とのつながりのみに価値を置き出した。

② モノを持つ意味の時代的変化

モノを持っている優位性は時間的な差でしかなくなった。

③ 身体への道具化

モノが不要になり、人の身体を道具化する動きが勃興し、健康や若さへの渇望へ。サプリや整形、”新しい自分を買う”というトレンド。

先進国で起こる脱モノ化である流れは、変えることはできなくなってきている。

宗教ビジネスにおける 洗脳のメカニズム 3 つのステップ

第一段階

ターゲットとなる見込み客をセミナーや合宿への参加を促す。

3 つの特徴

世の中から隔絶させるような、外部との行き来や連絡が出来ない場所、あるいは山の中など遠い場所で行われることが多い。世の中から隔絶させることによって、一般常識とその宗教を比較させないようにすることで、信ずべき真理がここにしかないと思い込ませる。

① 破壊

徹底的な自己批判、多くの人から、自分の欠点をあげつらわれ、人格を破壊され、自己批判させられる。

② 注入

そして思考力を奪い人格破壊後、教義や教えを注入する。

③ 凍結

その宗教を絶対的なものだと教え、他の宗教を否定。

世にも奇妙な物語「13番目の客」1/2

 

タモリ:ストーリーテラー解説より

鎖に繋がれている犬と野放しになっている犬。
鎖に繋がれている犬には自由はありません。

決まった時間に餌を貰える楽しみ、散歩に出る時の喜びがあります。
繋がれていない犬は、一日中食事も散歩も自由です。

どちらが幸せなのでしょうか。

新世界及び新文化における 4 つの段階

  1. 段階 : 好奇心
  2. 段階 : 不満
  3. 段階 : 後から来た者への知ったかぶり
  4. 段階 : 真に文化を理解し住人となる

最後にもうひとつの段階が訪れる。

常に横並びやキャッチアップを意識し、同質経験や集団思考を追い求め、過去の経験にこだわり、指導してもらえる環境に安住し、人からどう見られるかをいつも気にして秩序を最優先事項と決め、直感や野生的な判断を抑え、愚直に会社の論理で生きようとするのなら、旧来型の日本的かつ役所的雇用慣行の中では、評価はされるだろう。社畜になるのかそれとも野生の犬となるのか、それとも第三の道を選ぶのか、それを決断するのはあなたしかいないのだ。

集団浅慮:グループシング

このような組織の序列や秩序を重視する集団の中で、意見を述べたいと思いながら、思いとどまった経験はないだろうか。このような事例はグループシング ( 集団浅慮 ) と呼ばれるものであり、集団のメンバーたちが意見の統一を熱心になるあまり、コンセンサスをつくらねばならないという圧力によって、現実的評価や、突飛な意見、少数派の意見など意見が出にくい硬直化した組織になりやすい。

グループシングが生じそうな場合に影響を及ぼすと見られる 5 つの変数

  1.  集団の凝集性
  2.  リーダー独善的な行動
  3.  外部からの孤立
  4.  時間的プレッシャー
  5.  秩序を過度に重んじ意思決定手続きの不履行

グループシングの影響を最小限に抑えたい場合には、これらの変数を念頭に置く必要がある。

集団傾向:グループシフト

集団における決定の方が、個人の決定よりも慎重になる傾向が多いが、集団決定のほうがリスクが大きくなる傾向がある。メンバー同士が親密になればなるほど、彼らはより大胆で向う見ずになる。高リスクへのシフトの最もな理由は、集団では責任が拡散されることであり、その決定は、個々のメンバーは集団の最終的選択に対する説明責任を負わずにすむからだ。責任が曖昧になった時のより大きなリスクを冒す傾向が高まるこうした組織も注意して観る必要がある。

社会的手抜き:大きな集団における貢献への低下

集団の規模に関する重要な発見は、社会的手抜きといわれる現象であろう。ドイツの心理学者のマクシミリアン・リンゲルマンの綱引き実験が有名であろう。三人で綱引きした力は個人の2.5倍しか発揮できず、八人グループでは、個人の力の4倍の力も出せなかったという結果が出たこと。

大きいとは時として、メンバー各自の個人的生産性は低下するのである。集団内の他の人々が果たすべき役割の負担を果たしていないという思いに起因するかもしれないし、集団の努力に”ただ乗り”したい誘惑に駆られたかもしれないし、個人が自分の貢献が評価されていないと考えるとその能力は低下するのである。

 

最適な意思決定 “創造的選択:クリエイティブ・チョイス”

次のクイズを試してみてください。これは倫理性の高さを問う為に、企業の採用面接で実際に問われたものだそうです。

あなたは暴風雨の中、クルマを運転しています。バスの停留所に差し掛かったとき、三人の人がバスを待っているのが見えました。

  1.  危篤らしい老婦人
  2.  かつてあなたの命を救ってくれた旧友
  3.  あなたが夢にまで見た完璧なパートナー

あなたのクルマにはあと一人しか乗せることができません。だれを乗せますか?

参照文献 【Joyce Wycoff,”Real Life Innovation”.Good Morning Thinkers!.2004】

採用された人の回答は、このようなものだったといいます。

私なら、旧友に、自分のクルマを使ってくれといってキーを渡します。
その代り、まず老婦人を病院まで連れて行ってくれるように依頼します。
そして私は、夢のパートナーと一緒にバスを待ちます。

解答の無い回答を導き出すドラえもん問題

「ドラえもん」がすぐれた技術で作られていても、生物として認められることはありません。
それはなぜですか

麻布中入試の理科の出題より

【以下引用】 麻布中学「ドラえもん問題」の真相:プレジデントファミリー

実は、ドラえもん問題は理科の大問2の問7として出題され、同じ大問の中にヒントが隠されている。大問2の問題文には地球上の「生物」に共通する特徴として、以下の3つがあげられている。

  1.  「自分と外界とを区別する境目をもつ」
  2.  「自身が成長したり、子をつくったりする」
  3.  「エネルギーをたくわえたり、使ったりするしくみをもっている」

これらをしっかり読んで解き進めれば、「ドラえもんの場合、(2)の『自分自身の成長や生殖』という項目に該当しないから生物ではない」ということになる。同塾の麻布中合格者の多くは、このように記述をしたという。

中学入試全体を見渡すと、こうした記述問題は昨今顕著に増加している。その理由は選択式問題の場合、消去法によって選択肢をある程度絞ることができ、正解しても本当の意味で理解しているかはわからない、という認識が中学校側に定着してきたためだ。

現代の複雑に絡み合う問題を解決に導くためには、この「仮説展開型」と呼ぶ出題形式は、大いに参考になります。

このように、解答を考える際にも、最善の結果を求め、必要であれば、前提をひっくり返してでも、ベストの解を出すのが、この先の読めない時代に求められる最適な決定であり、時代を読んだビジネスの構築に向けての解なのです。

 

まとめ 【決断力を磨く技術】 意思決定能力を向上に導く10の心得

最適な決定に導くためには以下の心得が必要になるだろう。

またクリエイティブな選択を磨くためには、
①自分が精通する専門能力 ②創造的思考能力 ③内発的タスクモチベーションが前提となる。

①は、専門を極める途中で実務で磨くことが可能である。②に関しては、普段から広くアンテナを伸ばしておくことが必要であり、③は普段からの好奇心や興味を持ち日々歩むことが重要である。

  1.  意思決定能力は向上させることができる
  2.  すべては目標からはじまる
  3.  合理的なプロセス6つの手順を使う
  4.  何もしないことにもリスクがあることを知る
  5.  自己を知り、パーソナリティの傾向を知る
  6.  自分の考えと矛盾する情報を探す
  7.  中立の第三者は状況をどういう目で見るだろうかと考える
  8.  偶然の出来事に意味をこじつけない
  9.  創造力を駆使して選択肢を探す
  10.  失敗を恐れずチャンスを逃さない

以上の方法とともに、あなたの役に立てれば幸いである。

参照記事 【決断力を磨く技術】 意思決定能力を向上に導く10の心得

スポンサーリンク

参照画像GoodSan Communications 】

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい