【 風邪の常識・非常識 】 風邪を引いた場合 あなたのその対処法 間違っていませんか?

[`buzzurl` not found]
Pocket

 215545521257

 

民間に伝わる療法の危うさ と 医学の常識は日々更新される

昨日、知人と話していたら、気分が悪いようなので、流行している風疹 ( 私達世代は免疫がないので ) ではないかと疑ったが、子供から風邪をうつされたという。子供にどのような対処をしたかと聞いたが、頭にアイスノンを貼って、温かくして、風呂に入れず、安静にさせているという。

全部世間で言われている我流の対処法が間違っていて、風邪を長引かせる処置に驚くべき状況なのだが、子供を助ける処置が逆に苦しめる結果となっていた。

正しい手順を伝えたので、快方に向かうことを願いたい。

スポンサーリンク

あなたは大丈夫か 風邪の常識・非常識 !?

● 熱があるときはあたたかくする?!
● 風邪をひいているときは風呂に入っちゃダメ?!
● 熱が出たらおでこや頭を冷やす?!

以下、順を追ってみていこう。

● 熱があるときはあたたかくする?!

熱が高いとき厚着をしたり、布団に包まっていると熱がこもりさらに高熱になり、体力も消耗します。
発熱初期、悪寒がするときは暖かくして、熱が上がって熱いと感じたら、薄着にして熱を発散させるようにしましょう。

● 風邪をひいているときは風呂に入っちゃダメ?!

風邪をひいたらお風呂に入らないほうが良いと以前は言われていましたが、風邪気味でも熱がなく元気であればお風呂に入ってかまいません。

お風呂の蒸気はのどに適度の湿り気を与え、皮膚を清潔にして新陳代謝を高め、さっぱりすることでぐっすり寝られるなど利点あります。しかしその際、湯冷めに気をつけましょう。

● 熱が出たらおでこや頭を冷やす?!

熱が出ているときに水でぬらしたタオルや保冷剤などでおでこを冷やすことでは熱は下がりません。
むしろ大きな血管が身体表面を通っているわきの下や股の付け根を同時に冷やすことが有効です。

顔が熱くて眠れないなど、顔や頭を冷やすことで不快感が軽減され、ぐっすり眠ることができるのであれば冷やす、程度に考えたほうがいいでしょう。

一番の対処法は日頃の予防意識

そのほか、ビタミンCをたくさん摂ったほうが良い?!は、風邪の予防にはよいが、風邪を引いた後では効果は無い。

良く寝て、栄養のある物を食べるときは、タンパク質や糖質の豊富な食べ物を選んだほうが回復は早い。

これから 『 JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス) 』  の 漫画 読んでから DVDでも 観ようかな。

この作品を観る ( 全巻購入したが ) と、私は江戸時代から 民間療法はあんまり変わってないよなぁと感じる。

 JIN-仁- 】

「現代の医師が、もし幕末にタイムスリップしたらどうなるか?」を描いた、SF要素の強い医療漫画。西暦2000年の現代から幕末の日本にタイムスリップした脳外科医・南方仁が、過去の人間の運命を変えていることを自覚しつつも、人々を救う為、現代から持ち込んだ知識と幕末の人々の協力により、近代医療を実現していく。その過程で南方仁は、日本の歴史自体にも、大きな関わりを持つようになっていく。

作者の村上が遊郭について調べたことが、この作品を描くきっかけになっている。遊郭の遊女は貧しさで身寄りの無い娘が売られて来た者が多く、その娘が仕事柄梅毒に冒され、さらには有効な治療法も無かったため、次々と命を落としていった。この事実を知った村上は憤りを感じ、せめて漫画の中だけでも彼女たちを救えないかと考えたという。

スポンサーリンク

参照文献 【風邪の常識・非常識!?】
参照画像 【Avoid the Common Cold: Simple Steps for Staying Healthy】

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい