【キャリアショック】 変化の激しい時代への 個人が明日から取るべき 5 つのアクション

[`buzzurl` not found]
Pocket

254887856320

 

明日から何をすればいいのか、変化の激しい時代に柔軟にキャリアを仕掛けていくための 5 つのアクションポイントが参考になったので、紹介しようと思います。

スポンサーリンク

① 自分の値段ではなく自分の動機を知る

不得意科目征服型の努力ばかりをしてきた人は、成果主義の時代になると過剰反応して、バーンアウトを招く危険性が高まってくるので、そうならないように本当の自分を知るべき.

② 動向を読み、賭けるべき流れを選ぶ

世の中の動向を読み、賭けるべき流れを選ぶのであるが、歴史や理論について学び、これから起こることのパターン認識として応用し、徹底的かつ集中的に情報を集める。

③ 自分のビジョンとバリューを掲げる

ビジョンは自分の目指すべき姿。バリューとはそれを実現していくために自分が重要視する基本的な行動規範と価値観である。時代の流れが早い現在では、100 日を目処にアクションプランを立て、新しいスキルを身に付けるために何かを始める。

100日 経って、その間に何かきっかけがつかめたら、次にまた、100日を目処にアクションプランを立てる。こうして100日単位で目標を立てアクションプランを繋げていく。

ここで大切なのは目標そのものでなく、目標に向けてどのようなアクションを取るかというプロセスであり、そのプロセスが、より好ましい偶然を必然化していき、自律的なキャリアポジションへと結果をつながっていく。

④ 価値ある What を構築するコンピタンシーの強化

Waht ( 課題の発見・提起 ) → How  ( 課題を分解してやり方を考える ) → Do ( 実行する ) → Check ( 結果を検証する ) という仕事のサイクルの中でも、いちばん重要なのは、Waht を構築するコンピタンシーであり、自分の仕事において Waht をつくることができない人は、キャリアも自分でつくることができないし、人生そのものもデザインできない。ジョブデザイン、キャリアデザイン、ライスデザインはすべてリンクしており、そこに共通しているのは Waht 構築能力であり、コンピタンシーを強化する必要がある。

キャリアデザインの Waht 構築を目指し、顧客の求めるもの、自分の動機、世の中の動向、常に念頭に置きながら、正否の軸ではなく、価値観を基本にオリジナリティと検証にこだわっていくという流れを、自分の仕事の中に組み込んでいくことが必要である。

⑤ キャリアリスクを減らしキャリア機会を広げる

キャリア機会の選択肢を広げていくには、精神的な柔軟性を高め、心の中の制約条件を取り除き、キャリアリスクを少しでも減らす必要があります。

心の制約条件とは、生活費の中の固定費や変動費があり、生活費の固定費が高い人ほど、転職の制約などの”心の固定費”がかさむ。また社内ポストへの執着心も心の固定費になる。

世間体や親族に対する体裁、家族や親戚のしがらみを断ち切る必要がある。本質的なもの以外は、考え方を切り替え、できるだけこだわりを捨て、心の固定費を下げていく必要がある。

キャリアの選択肢を狭めることがないように、心の固定費の扱いはとくに慎重に扱い小さくしていく必要があるだろう。

【参考文献】 キャリアを創りにくい時代ですが、その意識を持ち続け、したたかに個人が動きべき手順が満載でした。

スポンサーリンク

参照画像 【Career Building Tips】
参照画像 【Архив за ‘Без рубрики’ категория】

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい