【神話と寓話】漁師ティコとウォール・ストリートのアナリスト

[`buzzurl` not found]
Pocket

25474710210

 

スポンサーリンク

● 漁師ティコとウォール・ストリートのアナリスト

あるアメリカ人のビジネスマンが、コスタリカの小さな漁村の桟橋に係留してある一人の漁師を乗せた小さなボートを発見した。ボートの中には大きなキハダマグロが数本入っていた。

アメリカ人はコスタリカ人ティコのマグロの素晴らしさを褒めて、捕獲するのにどれだけ時問がかかったか尋ねた。

ティコは答えた。「ほんのちょっとした時間さ」 そこでアメリカ人は、なぜもっと時問をかけて、もっと多くのマグロを捕獲しないのか、と尋ねた。 自分の家族が当座食べるぶんで十分だ、とティコは答えた。

アメリカ人はさらに「では残った時間は、何をしているのかネ」と訊いた。

ティコは「遅くまで寝ていて、ちょっと漁をし、それから子供と遊び、妻のマリアと一緒に昼寝をし、毎晩村をうろついてワインを飲み、友人とギターを弾いているのさ。且那、毎日することがいっぱいあって結構忙しいんだよ」と答えた。

アメリカ人はあざ笑って言った。

「私はウォール・ストリートのエグゼクティブだ。君の助けになれるよ。もっと長い時間漁をして、大きなボートを買い、ウエッブにも宣伝できるじゃないか。成長計画を立てれば、もっと資金が手に入って、新しいボートも数隻買うことができる。そのうち漁船の艦隊が持てるようになる。魚を中間業者に売るのではなく、直接加工業者に売ることができる。いずれ自分の加工工場を持つこともできる。商品を管理し、加工し、流通させることができる。この小さな漁村を離れて、コスタリカの首都サンホセに移り、やがてロサンゼルスやニューヨークにも行ける。漁獲から販売まで統合して、拡大した企業の仕事を第三者にアウトソーシングすることも可能だ」

漁師のティコは尋ねた。

「旦那、それにはどれくらい時間がかかるんですか」

「15年から20年くらいだな」

「で、それからどうなるんで」 アメリカ人は笑って言った。

「それが重要なんだ。時がきたら、上場して、企業の株を売る、君は金持ちになる、数百万ドル稼げるぞ。」

「なるほど、数百万ドルですか。で、それからどうするんで。」

「小さな漁村に引退して、遅くまで眠り、ちょっと漁をして、子供と遊び、妻と昼寝をし、毎晩村をうろついてワインを飲み、友人とギターが弾けるじゃないか。」

参照文献 【大失敗!―成功企業が陥った戦略ミステイクの教訓

  • 企業には、是が非でも成長しなければならない必要などない。だが企業は、是が非でも成長したい、と思ってしまうものだ。_ミルトン・フリードマン

この傾向は、投資家が経営者を躍らせることの多い典型的なパターンですね。

成長はあくまで物事を正しくおこなった結果に過ぎず、成長すること自体に実は何の意味も無いのであるが、短絡的な目標、目先の利益と言われるモノの為に、無謀な拡大計画と動機(欲望など)に歪められる信念が発生すると道を誤りやすく、アナリストが指摘しているのは、アイデアも戦略も無い状態で、利益目標のみを設定していると言えます。

なんだかそれらしい話を聞いて、”仕事をしている風” の人々が目の前に見えてきます。

フレームワークの罠ですよね。「弊社は上場を目指します」とか「去年に比べて2桁成長しました」とか「なぜそれがひつよう?=マイ・ゴール」が抜けていることが多いわけです。 「仏作って魂込めず」仕事している風にお気を付けください。

スポンサーリンク

参照文献 【大失敗!―成功企業が陥った戦略ミステイクの教訓
参照文献 【ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから (アスキー新書)
関連文献 【世界中から集めた深い知恵の話100
関連文献 【カモメになったペンギン
関連文献 【あのブランドの失敗に学べ!

DeSwitch Twitter