【 自己投資における成長のススメ 】 あなたがリーダーを突然任された時 プロジェクトを人任せにする 13 の方法

[`buzzurl` not found]
Pocket

自己投資における成長のススメ:プロジェクトを人任せにする 13 の方法

 

権限委譲能力を早めに磨き大きなビジョンを持ち仕事に取り組む

 

権限委譲能力を早めに磨き大きなビジョンをもって仕事に取り組みましょう。

このスキルはどの業界や職業でも役に立ちます。進行状況をチェックするプロジェクト管理手法を学び、定期的なチェック見直し点検を行いながら、人材を管理し結果をフィードバックする。

プロジェクト管理能力は、技術であり練習して身に付けることが可能です。まだ学んでないない人は書籍を手に取りながら、現場に活かすのです。下記に記載した条件を上手に取り入れ、あなたの仕事に活かして頂きたい。

スポンサーリンク

 さらに詳しい内容は 【 頭がいい人、悪い人の仕事術 】 を参照して頂きたい。

 

プロジェクトを人任せにする 13 の方法

 

 1. 人材を集めよう
 2. 仕事を分け与えよう
 3. 共有ビジョンをつくろう
 4. 共通のプランをつくろう
 5. スケジュールと期限を設定しよう
 6. やるべきことをすべてリストにしよう
 7. 必要な情報がわかるようにしよう
 8. 制限している要因を明らかにしよう
 9. プロジェクトを構成しよう
10. 紙に書いて考えよう
11. 責任と権限をゆだねよう
12. つねに危機を想定しておこう
13. プランBをつくろう

 

 1. 人材を集めよう

 

プロジェクトの成功に貢献してほしい人材を、すべて集めよう。ときには、理想的な結果やスケジュールを確定させるまえにチームを編成する必要がある。人材がプロジェクトの命であると肝に銘じよう。充分な時間をとり、チームのメンバーになる人たちを慎重に検討する事。

リーダーとして成功するケースの少なくとも 95 %は、業務遂行にあたって手助けしてくれる人材を選ぶ能力で決まる。チームの構成員を選ぶ段階で間違えていたら、自分で設定した目標に到達するのがさらに難しくなることが、すぐにわかるだろう。

 

 2. 仕事を分け与えよう

 

リーダーはチームのメンバーに仕事を分け与え、プロジェクトへの愛着を植え付けなければならない。仕事に愛着を感じていれば、精一杯成功の為に努力できるものである。スタッフひとりひとりには、プロジェクト全体の遂行について個人的な責任を感じさせよう。

 

 3. 共有ビジョンをつくろう

 

共通のビジョンとは、全員が暗黙のうちに了解している、成功の未来予想図である。どのように共通のビジョンをつくればいいのだろうか。まずチームのメンバーといっしょに、自分たちが何をやろうとしているのかを考えよう。そしてプロジェクトの理想的な結果を心に描くように促すのだ。

 

 4. 共通のプランをつくろう

 

プロジェクトを首尾よく完了するためには、メンバー全員で討議を重ねて、共通プランをつくりあげなければならない。プランには、プロジェクトを完成させるために必要な段階的な作業も含まれる。ひとりひとりが何をすべきかがわかり、さらに重要なことは、チームの他のメンバーが何をすることになっているかもわかるようにすることだ。

 

 5. スケジュールと期限を設定しよう

 

メンバー同意のもとにプロジェクト完了の期限をもうけよう。また、それぞれの業務に段階的な期限も必要だ。各業務に必要な時間について全員に質問しよう。

もっとも大きな過ちは、リーダーが、期限を一方的に決めてしまったときに起こる。このようなときは問題が生じ、期限が守れないか、満足できない結果に終わるものだ。そういう事態を避けるためにも、実際に仕事を始める前にチームの同意を得よう。

 

 6. やるべきことをすべてリストにしよう

 

すべての業務、役割、作業を、いちばん小さな仕事に至るまでリストにしよう。個々の業務にいたるまで項目分けするほど、プロジェクトの進行が容易になる。

 

 7. 必要な情報がわかるようにしよう

 

プロジェクトに必要な追加の情報がわかるようにしよう。業務とは別に、チームのひとりを責任者に指名して、期限を決めて情報を提供してもらおう。

 

 8. 制限している要因を明らかにしよう

 

プロジェクト業務のどの部分が、そのほかすべての作業を完了するスピードを左右しているか、プロジェクト完了までの手順を確認しよう。すべてのプロジェクトのなかに、ほかの業務すべてのスケジュールを決める業務が必ずひとつある。この要因を明確にして、もっとも優秀で能力のある人材と、場合によっては自分自身を、その業務を遂行するポストに配置しよう。

 

 9. プロジェクトを構成しよう

 

プロジェクトの様々な部分を「 順次行う業務 」と「 並行させる業務 」に分けよう。まず、ほかの仕事の前にやらなければいけない仕事がはっきりしたら、その業務を順番に並べて構成する。プロジェクトのはじめから最終点までの「 順次する業務 」を、論理的に順番に組み立てよう。

また、それに並行して終わらせる業務も明らかにしておく。複数の作業が同時に行われるとき、「 並行させる業務 」が発生する。複数の担当者が複数の異なる業務を同時に進行させられるように構成しよう。

 

10. 紙に書いて考えよう

 

紙を用意しよう。グラフ用紙か線入りの紙が理想的です。紙の左側に完成させなければならない個々の業務を、順番にプロジェクト終了まで記入する。プロジェクトの段階ごとの目標期日も書こう。紙の上部には 1 日、1 週間、1 カ月、1 年などプロジェクトの内容に応じた時間軸を書き込み、具体的な業務の進行を考えよう。

 

11. 責任と権限をゆだねよう

 

プロジェクトを計画してスタッフを集め、すべての業務を遂行する順番に整えてしまえば、あとはそれぞれの業務を一定の期限をつけてメンバーにまかせよう。スケジュールに余裕を設け、期限までにそれぞれの業務をラクに完了させることを目指そう。

最終期日を遅らせられないプロジェクトほど、確実に予定通りに完了できるよう、個々の業務のスケジュールには時間の余裕をもたせることが大切になる。

 

12. つねに危機を想定しておこう

 

プロジェクト管理のなかでもっとも重要な部分のひとつが、危機の予測である。危機を予測する秘訣は、プロジェクトを予定より遅らせる可能性がある様々な要因を、あらかじめ徹底的に考えることにある。

プロジェクトの完了を脅かす障害はどこにあるだろうか?起こりうる最悪可能性さえ明確にしておけば、問題が起こる前に問題点を検討して、事前に手段を講じることができる。

 

13. プランBをつくろう

 

行動方針の代替案をつくろう。外交能力に優れたドイツの偉大な政治家ビスマルク首相は、どんなことにも代案として詳細な 2 次的計画を常に持っていた伝えられている。

これは「 ビスマルク・プラン 」または「 プランB 」として知られている。同様に、いつも プランB を用意しておくべきだ。予想外のことがあると考えておく。完全に機能する代替案があれば、何が起きても心配ない。

 

人任せすることで仕事が成し遂げられ大きな前進ができる

 

人任せすることで仕事が成し遂げられ大きな前進ができる一歩です。自分の時給よりも低いコストでできる人材を使い、それを組織し仕事を任せることができれば、仕事の業務スピード処理する能力は飛躍的に上がります。

同時並行で業務を遂行させ、スタッフを組織、複雑な案件を全員で成し遂げる能力を手に入れ、彼らのキャリアを創り上げていきましょう。他人の才能を見抜き、その才能や努力を倍増させ、自分がやるよりも、大きなパワーを出させ大きな仕事をさせる権限移譲能力を磨くことが重要です。

今日も一日頑張りましょう。

DeSwitch Twitter

あわせて読みたい